「チップ」にまつわる記事

『あるニューヨークの日本食レストランがチップを禁止している!』との情報に海外ネット民がザワつく 「日本とアメリカではチップの意味が違う」など

ちょっとしたサービスに少しばかりの心づけをするチップの習慣は日本にないが、海外ではレストランなどでチップを支払わないと渋い顔をされてしまう国もある。

素晴らしいサービスに対してならよいが、不愛想に対応されてもチップを置かないといけない雰囲気があったりして、なにかと面倒な習慣である。そんな中、「あるニューヨークの日本食レストランがチップを禁止している!」との情報に海外ネットユーザーがザワついているというので、彼らの反応をいくつか紹介してみたいと思う。

続きを全部読む

ピザの宅配員にチップを渡さなかったら「4ページにわたる脅迫の手紙」が残されていた件が超サイコすぎる!

日本には、接客サービスに対する心づけとして客が従業員に支払うチップ制度が存在しないが、アメリカでは料金の10~20パーセントを支払うのが当たり前となっている。

10パーセントのチップだったら「ケチ!」なんて言われてしまうこともあるのだが、ある女性がピザの宅配員にチップを渡さなかったところ、自宅の玄関に「4ページにわたる脅迫めいた手紙」が残されていたというのだ!

続きを全部読む

スタバ店員に失礼な態度を取った女性客が次の日に取った行動が感動的! 超気前良いチップと素敵なカードでサプライズ!!

誰だってイライラしたり虫の居所が悪かったりすることがあるが、そんな気持ちをぶつけやすいのが、赤の他人のサービス従業者だったりする。褒められたことではないが二度と会うことはないかもしれないし、「自分は客だから……」と思って横柄な態度を取ってしまうこともあるのではないだろうか。

まさに、そういった状況に陥ったある女性が、スターバックスの店員に失礼な態度で接してしまったことを後悔……。次の日に、彼女が取った行動が感動的だとネットで話題になっているので紹介したい。

続きを全部読む

【神対応】髪が真っピンクなウェイトレスが「容姿が普通じゃないから」とチップを貰えず → 彼女の対応がマジで素敵な件

日本では、振る舞われたサービスに対して心づけの現金を渡す ‟チップ” の習慣はないが、欧米諸国では、レストランやホテルなどで、規定料金の10~20パーセントのチップを払うのが普通である。

サービス従業者は、チップで生計を立てていると言っても過言ではなく、丁寧な接客で出来るだけ多くのチップを稼ごうとする。サービスの質が悪かったらチップが少なくても文句は言えないが、なんと、あるウェイトレスは、髪が真っピンクで ‟容姿が普通じゃないから” との理由でチップが貰えなかったというのだ!

続きを全部読む

【衝撃動画】鬼嫁の前で旦那が羽目を外したらとんでもないことになった

「奥さんが子供を生んでから強くなった」というのは、よく聞く話である。かわいかった嫁が豹変……今ではその存在に怯えて暮らしているという旦那さんも多いことだろう。いつしか「鬼嫁」という言葉さえ生まれ、年々嫁の強さは増している。

そんな中、海外における鬼嫁の動画がYouTubeにアップされていたのでご紹介しておきたい。タイトルは「Don’t tip a backup dancer while drunk… lol.」。この夏、鬼嫁とバカンスなど、どこか遠くへ出かける予定の人は必見だ。同じような過ちをしないためにも勉強しておこう。

続きを全部読む

【感動】3つの仕事をかけもつ女性バーテンダーの愛犬が思わぬトラブル → 女性がその話をバーで客にする → 客が超高額なチップを女性に置いていく

日本ではあまり馴染みがないが、欧米ではレストランやバー、ホテルなどに行くとチップを渡す習慣がある。そんなチップにまつわる感動的な話が、海外サイトで話題になっているので紹介しよう。

ある女性バーテンダーが、自らの飼っている犬にまつわる話をお客さんにしたところ……なんと、そのお客は通常考えられない、10万円のチップを女性に置いていったのである。その犬と証拠のレシートは、画像でも確認可能だ。

続きを全部読む

ロサンゼルスで写真撮影の対価に現金を要求してくるミッキーマウスと遭遇! そして衝撃の瞬間を激写!!

先日ある取材に向かうため、ロサンゼルスの有名観光地ハリウッドを歩いていた時のことである。目の前にあのみんなアイドル「ミッキーマウス」を発見した。しかし見た目がどこか違うのだ。まるでその姿は、ニューヨークで見かけた「記念撮影の対価として現金を要求してくるミッキー」のよう。

「これはもしかして!」と思い、このハリウッド版ミッキーに写真撮影をお願いしてみた。すると、ミッキーが一言。

続きを全部読む