「チェルノブイリ」にまつわる記事

チェルノブイリ原発の石棺を覆う「巨大シェルター」の設置映像が公開

1986年4月26日、ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所がメルトダウン。人類史上最悪と言われる原発事故を引き起こした。30年経った今でもその爪痕は残っており、爆発した4号機は「石棺」と呼ばれるコンクリートなどの建造物で覆われてきた。

しかし、石棺が老朽化。放射性物質が漏れる恐れがあるため、新たなシェルターで覆う計画が進行していた。そして2016年11月29日、長年かけて準備された計画が完了した。それに伴い、設置するまでの映像が公開されている。

続きを全部読む

【ナターシャ通信】チェルノブイリ原発事故「移住義務区域」の村で生まれ育った少年ヴラヂック君

『ナターシャ通信』は、ウクライナに住むウクライナ人女子・ナターシャがお届けするコラムです。ユニークな日本語はナターシャの個性としてご理解いただければ幸いです。それではどうぞ。

【コラム】皆さん、こんにちは!(ウクライナ語でいうと「こんにちは」は「プリヴィット」です!)。今回皆さんに紹介したい特別な人がいます。9歳のヴラヂック君です。でもこの子は決して普通ではありません……。9年前にチェルノブイリの近くにあるナロジチ村(移住義務区域)に生まれて、今までずっと生きるために戦っています。

続きを全部読む

【ナターシャ通信】チェルノブイリの再発見 / デッカイなまず! 美味しいご飯! 綺麗な景色!

『ナターシャ通信』は、ウクライナに住むウクライナ人女子・ナターシャがお届けするコラムです。日本語がユニークな部分もありますが、ナターシャの個性としてご理解いただければ幸いです。それではどうぞ。

【コラム】こんにちは、ナターシャです。最近日本のメディアにはチェルノブイリが多く紹介されているようですね。皆さんがもっとチェルノブイリのことを知りたいならば、ウクライナ人の目から見えるチェルノブイリを紹介します。ではぁ~、ウクライナ人であるナターシャと一緒にチェルノブイリのツアーへGO!

続きを全部読む

20年後のチェルノブイリ、立入禁止区域に住み続ける老夫婦

いまだ予断を許さない状況の続く、福島第一原子力発電所。4月14日には、敷地内の1号機から500メートル離れた地点から微量のプルトニウムが検出されている。プルトニウム239の半減期は2万4000年との言われており、その影響が消えるまでには、途方もない時間がかかる。1986年に起きた、チェルノブイリ原子力発電事故の影響も現在まで続いている。しかし、そこには少数ではあるものの、強く生き抜く人々の暮らしがあった。

続きを全部読む