「タックル」にまつわる記事

【悪質タックル問題】『田中英寿理事長』が日大HPに謝罪文を初掲載 / ネットからは「白々しい」「これぞ茶番」と厳しい声

これで一連の騒動に決着が着くのだろうか──? 2018年8月3日、いわゆる「悪質タックル問題」について日大のトップ『田中英寿』理事長が、初となる声明文を同大学のホームページ上に掲載した。

学生ファーストの理念に立ち返って」と題された文章を読んでみると、反省の言葉がズラリと並んでいるから “謝罪文” と捉えて間違いないだろう。だがしかし、あくまで田中英寿理事長は「知らぬ存ぜぬ」を貫き通すかのようにも見えるため、ネット上からは厳しい声が多く挙がっている。

続きを全部読む

【日大タックル問題】被害者の父が『加害選手の救済』に乗り出す →「みなさんにお願いがあります」

単なるプレイ中の反則にとどまらず、いまや社会問題にまで発展した日大アメフト部による、いわゆる悪質タックル問題。やってしまったことは許されるわけではないが、宮川選手の全てをさらけ出した記者会見に胸を打たれた人は多いことだろう。

その一方で、日大には非難の声が集中しているが、2018年5月23日に行われた「内田前監督と井上コーチの記者会見」を受けて、被害者選手の父が宮川選手の救済に乗り出した。被害者選手の父が「お願いしたいこと」とは果たして──。

続きを全部読む

日大アメフト『悪質タックル問題』に本田圭佑が苦言「寄ってたかって責め続けるようなことでもないでしょう?」→ 物議「それは違うと思う」「まじそれ」

スポーツマンシップとは何だったのか? そう思わずにはいられない日大アメフト部の『悪質タックル問題』が日本中を騒がせている。2018年5月22日、タックルした宮川選手が会見を開き、監督やコーチの指示だったことを明かしたのは以前の記事でお伝えした通り。

会見から一夜明けてもいまだネットはザワついているが、そんな中、サッカープレイヤーの本田圭佑さんが苦言を呈している。「寄ってたかって責め続けるようなことでもないでしょう?」と。

続きを全部読む

【逆説】「日大広報部はむしろ正義なのかもしれない説」が浮上 / ネットの声「日大を内部から崩壊させようとしているのでは?」

この期に及んで──。2018年5月22日に行われた日大アメフト部・宮川選手の記者会見後に発表された「日大広報部の声明」を聞いて、そう思った人は多いことだろう。日刊スポーツによれば日大広報部は「“つぶせ” は “最初から当たれ” の意味だった」と発表したというから驚きだ。

声明発表後、日大公式TwitterやFacebookは大炎上が収まる兆しがないが、ネットの一部からは「日大広報部」に対する新たな見方が浮上している。それは「日大広報部はむしろ正義なのかもしれない」というものだが、果たしてどういう意味なのだろうか?

続きを全部読む

【極悪非道】『悪質タックル問題』で日大の選手が緊急記者会見 / 初めて明かされた内田監督以下コーチたちの指示がヒドすぎる…

2018年5月22日、日本中を騒がしているいわゆる「悪質タックル問題」が新たな展開を見せた。なんとタックルを仕掛けた日大の選手自ら記者会見を開いたのである。

なぜあのようなプレイが起きたのか? 本人の判断だったのか、それとも監督やコーチからの指示があったのか? 記者会見の中で語られた内容とは果たして──。

続きを全部読む

【惚れる動画】世界最強ラグビーチーム「オールブラックス」が東京に出現! 次々とタックルをかますCMが話題

ラグビーファンなら知らない人はいないであろう、世界最強軍団と言われるラグビーチームといえば、ニュージーランド代表「オールブラックス」 である。

そんなオールブラックスがなんと、東京の街で道行く人々にタックルを決めまくるCMが公開され話題を呼んでいる。どうやら、そのタックルには重要な意味が隠されているようなのだが……果たして、その意味とはいったい何なのだろうか?

続きを全部読む

【ラグビー】タックルを受けてムスコがもがれそうになる選手が激写される

ラグビーはどんなに激しいコンタクトプレーをしてもOKなスポーツだ。タックルでしがみつこうが、自らの体ごと相手に突進しようが問題なし。汚いプレーや首、急所への攻撃以外であれば、基本的に何でもありである。

しかしながら、起きてはいけない事故が起きてしまうのが世の常。海外の試合では、なんとムスコをもがれそうになった選手が激写され、これはヤバいと世界で話題になっている。

続きを全部読む

【衝撃ラグビー動画】W杯前に見ておきたい! 試合の流れが一瞬で変わるほど強烈なボディコンタクト集

ラグビーの魅力といえば、選手たちによる激しいボディコンタクトだ。中でも「タックル」は、ひとつのプレーで攻守が瞬時に切り替わるのも珍しくなく、何なら試合の流れを変えることだってある。

2015年9月18日から開幕するW杯でも、選手たちが繰り出す勇気のあるタックルに注目したいところだが、ラグビーを見たことがない人はどんなプレーがスゴいかわからないだろう。そこで今回は、ビッグプレーとなったタックルが収録された動画「Rugby BIG HITS」をご紹介したい。

続きを全部読む

【衝撃ハプニング】全裸男がラグビーの試合に乱入 → ナイスタックルを決める → 華麗に逃走

日本ではまずお目にかかれないが、海外のスポーツの試合では興奮した観客が突如として乱入してくることがしばしばある。しかも、生まれたままの姿……つまりスッポンポンで試合の妨げをしてしまうから余計にタチが悪い。

そして先日、ラグビーの試合で “普通ではない全裸男” が乱入してきたので動画「Clash of the Titans 2014: Streaker’s Tackle」と合わせてご紹介しよう。モザイクはしっかり入っているので安心してご覧いただきたい。

続きを全部読む

【わからなくもない】ナイスバディな超イケメンを狙ってスッポンポンの女性がラグビー場に乱入 → 警備員にタックルで仕留められる

公共の場で全裸で走る行為を “ストリーキング” と呼ぶのだが、日本では滅多にお目にかからない光景である。だが海外では、スポーツ試合やコンサートといったイベントで、興奮した人がスッポンポンになって走り出してしまうことがあるのだ。

そんなストリーキングに新たな神話が加わった。ラグビーの試合に乱入した全裸の女性が、やんやの喝采のなかフィールドを駆け抜けていると、セキュリティーにかなり強烈なタックルで仕留められてしまったのだ。

続きを全部読む

【決定的瞬間】男が盗んだチャリで走り出す → 警官が迫力満点のラグビー式タックル → 逮捕

現在、アメリカで起きた犯人の逮捕劇が、あまりにドラマティックかつ衝撃的だと話題になっている。アメリカでの逮捕といえば、警察官が銃を持って「手を挙げろ!」と犯人に告げる展開を想像しがち。

しかし、この逮捕劇には、銃はおろか警棒などの武器は一切出てこない。では、どうやって逮捕したのか? 警察官が、逃げる犯人にラグビー式のタックルをかましたのだ! 完全に肉弾戦である。迫力満点のタックルは、YouTubeの動画で確認できるぞ。

続きを全部読む