「セックス・アンド・ザ・シティ」にまつわる記事

『セックス・アンド・ザ・シティ』にハマった人にオススメの海外ドラマ3選『GIRLS/ガールズ』など

今までに筆者はロケットニュースで、『ブレイキング・バッド』や『ウォーキング・デッド』などの海外ドラマを取り上げてきたが、どちらかというと男性向けの作品が多かったように思う。

そこで今回は、世界中で女性を中心に大ヒットして社会現象にもなった、『セックス・アンド・ザ・シティ』(以下『SATC』)にハマった人にオススメしたい海外ドラマ3選を紹介することにしたい。

続きを全部読む

『セックス・アンド・ザ・シティ』のファッションについて「延々とウンチクをたれる」Instagramアカウントがオモシロすぎ!

世界中で大旋風を巻き起こした海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』(以下『SATC』)。日本でも、アラサー&アラフォー世代でハマった女性は多いと思うが、本作では、メインキャラクター4人のファッションも最先端だと大きな話題を集めていた。

だが、本作が始まったのが1998年なので、今からシリーズを見直すと、「ちょっとコレは……」といったファッションが満載なのも事実。そんな、登場人物のファッションについて、延々とウンチクをたれる Instagram のアカウントが注目されているので、紹介したいと思う。

続きを全部読む

【私的ベスト】2014年に公開した記事で記者がもっとも気に入っている記事5選 ~Nekolas編~

気がつけばもう年の暮れ。長いようで短い一年という期間は、色々なことが起こり得る。読者の皆さんは、良い一年をお過ごしになれただろうか。

筆者は、新年に掲げた抱負を全て達成することができ、充実した年を過ごすことができた。抱負のひとつが “仕事の幅を広げる” ことだったのだが、今年はとにかく書きまくった。翻訳ライターという仕事柄、月に100本以上は記事を書いているのだが、なかには忘れられないものもある。

そこで一年を振り返るという意味でも、 「個人的に印象に残った私的ベスト5」 を選出してみた。

続きを全部読む

【あの人は今】『セックス・アンド・ザ・シティ』の “ミランダ” は今!? → レズビアンと告白し女性パートナーと結婚!→ 先祖の秘密を知って大ショック!!

ニューヨークで生活する独身女性4人の恋愛や友情を、スタイリッシュかつ赤裸々に描いた『セックス・アンド・ザ・シティ』(以下『SATC』)。前回は、性に奔放なブっ飛びキャラのサマンサを演じたキム・キャトラルの素顔に迫ってみたが、今回は、弁護士としてバリバリ働くミランダを演じたシンシア・ニクソンのその後を追ってみたいと思う。

彼女が演じたミランダと、オーバーラップする部分が発見できると思う。

続きを全部読む

【あの人は今】『セックス・アンド・ザ・シティ』の “サマンサ” は今!? → 22歳下男性と交際&性のガイド本を出版! → 現実でもサマンサだった

世界中の女性の心をガッチリ掴んで、社会現象まで巻き起こした『セックス・アンド・ザ・シティ』(以下『SATC』)のTVシリーズが終了して早10年。あそこまで女性の性や恋愛、本音を赤裸々に描いた作品は今までなかっただろう。

それぞれ個性が異なる主要キャラのキャリー、ミランダ、サマンサ、シャーロットの誰に自分が一番近いか、友達同士で語り合うことはファンの儀式みたいなものだった。

しかしさすがに「私は、若いイケメン大好きで性に奔放、恋愛も結婚も嫌がっていたブっ飛びキャラのサマンサに似ている!」という人は、かなり少ないに違いない。そこで今回の “あの人は今” シリーズでは、そんなサマンサ役を演じたキム・キャトラルの素顔に迫ってみたいと思う。

続きを全部読む

【ついに】NYカップケーキ店「マグノリアベーカリー」が日本にクルー! もちろんあの『セックス・アンド・ザ・シティ』のカップケーキも食べられるぞ!!

パンケーキ、ポップコーン、クロナッツ……アメリカで人気のスイーツがどんどん日本に進出しているなか、ついに、満を持してアイツがやってくる。ニューヨーカーが溺愛してやまないカップケーキ「マグノリアベーカリー」だ。

人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』に登場したことで人気爆発。日本では見たことがないようなカラフルでキュートにデコレーションされたカップケーキは、眺めているだけでテンションもあがってくる。

そんな「マグノリアベーカリー」が2014年6月に表参道にオープン! 一足先に行ってきたので、その様子をお伝えしたい!!

続きを全部読む

【流出】『セックス・アンド・ザ・シティ』原作者のTwitterがのっとられる! 新作原稿50ページ分が流出

ニューヨークに住む30代独身女性4人の生活を描いた人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』。

アメリカだけでなく日本でも人気の同作だが、その原作者のTwitterアカウントがハッキングされてしまったそうだ。しかも新作の原稿も流出するという事態になっているという。

続きを全部読む