「スーファミ」にまつわる記事

【コラム】中古ゲームソフトによく入っていた「前の持ち主のセーブデータ」、その魅力について

先日、当サイトの編集長・GO羽鳥が、ヤフオクで中古カメラを買ったら中に31年前のフィルムが入っていたという記事を書いた。実際に現像した写真も掲載されていて面白いので、未読の方はぜひ読んでみて欲しい。

さて、私(あひるねこ)はこの記事を読みながら、なんだか懐かしい気分になってしまった。子供の頃に遊んだファミコンなどの中古ゲームソフトには、ときどき前の持ち主のセーブデータが残っていることがあったのだが、そのデータを開いた時の感じにどこか似ている気がしたからだ。

続きを全部読む

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の収録タイトルにワガママ言う人が続出

いま、かつてスーファミで青春を過ごしてきたアラサー、アラフォー周辺の人たちから、単なるワガママともとれる意見が続出している。どんなワガママ意見なのかというと、2017年10月5日に任天堂から7980円(税別)で発売される「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の収録タイトル21本についてのモノ言いだ。

まずは、天下の任天堂様がチョイスした21本をご覧になってほしい。

続きを全部読む

【マジかよ】「ミニスーパーファミコン」発売の噂が世界を席巻中! 本当に出るのか任天堂に問い合わせてみた

2016年に発売され、大きな話題を呼んだ「ミニファミコン」。ファミコンのフォルムそのままに小型化し、30本のタイトルを収録した家庭用ゲーム機である。発売直後から売り切れが続出、一躍レアアイテム化したことをご記憶の方も多いことだろう。

公式サイトによれば、現在は生産が一旦終了しているとのことだが、いま世界中で「ミニファミコン」の後継機として「ミニスーパーファミコンを発売するのでは?」と話題になっているのだ。ななな……なにィィィイイイイイ!? ミニスーパーファミコンだと!!??

続きを全部読む

【衝撃動画】スーパーマリオワールドを目隠ししたまま23分14秒でクリアする青年がマジでスゴすぎる!!

誰しもが一度はプレイしたことのあるだろうゲーム『スーパーマリオ』シリーズ。これまでロケットニュース24では、『スーパーマリオブラザーズ』をたった500点でクリアする動画4分57秒69で最速クリアした動画をご紹介したが、別ジャンルの新たな金字塔が打ち立てられたのでご報告したい。

今回、とても人間業とは思えないスーパープレイが公開されたのは、スーパーファミコンで発売された『スーパーマリオワールド』だ。一体、何があったのかというと、なんと目隠しをしたまま……しかも23分14秒でクリアしてしまったのである!!

続きを全部読む

【スーパーワンコブラザーズ】犬がスーパーマリオの世界に入っても意外としっくりくることが判明

『スーパーマリオブラザーズ』シリーズは、誰しもが一度はやったことがあるに違いないゲームだ。クッパにさらわれたピーチ姫を連れ戻すべく、マリオが冒険に出るストーリーであり、初代はギネス記録になるほど売れに売れまくった。

伝説となったシリーズだけにパロディ動画は数多いが、なんとワンコがスーパーマリオになってしまうという異質のものが存在したのでご報告だ。さっそく、動画「Mario Dog- Video Game Pets | Petcentric」で確認してみよう!

続きを全部読む

【懐かしのゲームレビュー】単純操作で爽快アクション! 君はコーディーのハメ技を覚えているか? カプコン『ファイナルファイト』

誰もが夢中になって遊んだ! でも今では忘れられてしまった!! そんなゲームを紹介するこの企画。今回はカプコンから発売されていたスーパーファミコン用ソフト、『ファイナルファイト』である。

このゲームは今から25年前の1990年に発売されたアクションゲームだ。元々はアーケードゲームであったが、スーパーファミコン発売とほぼ同時に移植された。単純操作で爽快アクション、適度な難易度もプレイヤーたちの心をガッチリと掴んだ名作ゲームである。

続きを全部読む

中国のローカルゲーム屋のイチオシは「日本語の名前が書かれたソフト」だった

掘り出し物を見つけるために、ローカルなお店を探索するのが趣味の方も多いだろう。ゆっくりとした時間のなか、腰を据えて店主と会話することも楽しみの一つだと思う。そんなコミュニケーションを重ねていると、いつしか店主が「イチオシの一品」を出してくることもある。だがしかし……

中国・上海にあったローカルなゲーム屋で店主から薦められた一品は、日本語で名前が書かれたスーファミソフトだった。

続きを全部読む

【神業動画】これはスゴい! フロッピーディスクを読み込む音で『スーパーマリオ』の BGM を完全再現!!

技術が進歩し、日々の生活が便利になると、ライフスタイルは変化するものだ。当たり前のように使っていたものを、突然使わなくなるという現象も起きる。パソコン関係で例を挙げるならば「フロッピーディスク」がそうである。

しかし、そんなフロッピーで新たな活路を見出だした人がいるのでご紹介したい。早速、YouTubeにアップされた動画「Super Mario World – Athlete’s Rag on Eight Floppy Drives」で確認してみよう!

続きを全部読む

【衝撃事実】ファミコンカセットに息を吹きかける「フーフー」は世界共通だった! 英国式は紳士的なフーフーであることが判明

「ガチャリ」とファミコン本体にカセットをさし込んで、ワクワクしながら電源オン! ところが画面は真っ黒け! もしくはサイケにバグってる〜ッ!! そんな時……誰もがやった行為が通称「フーフー」であろう。

カセット底面の端子部分に、復活の思いを込めた吐息を「フーッ」と吹きかける、ある意味シャーマン的な儀式である。そんなフーフーは日本だけのものかと思いきや……なんと海外のファミっ子たちもフーフーしていたことが判明したのだ!!

続きを全部読む

ディズニーさんゲーム化して!! アクションRPG風『アナと雪の女王』ムービーがクオリティ高すぎと話題 / ピコピコ音な “レリゴー” に名シーンも再現!

ディズニー屈指の名作となった『アナと雪の女王』。映画の公開がひと段落しても、DVDが出てもまだまだその勢いは健在だ! これまでに多くのファンムービーが作られてきたが、なんと今回はファミコンみたいな「アナ雪」が登場して話題となっている。

『聖剣伝説』を想起させるようなアクションRPG風の仕上がりで、しかも3分でストーリーが大体わかるようになっていると一粒で二度お得!! 「アナ雪をもう見たよ」という人も、「まだ見ていない」という人も、さっそく動画「Frozen – 8 Bit Cinema」をチェックしてみよう!

続きを全部読む

あの頃まさに黄金期だった!! 海外メディアが選ぶ「今のゲームより面白い90年代のゲーム11選」

1983年、任天堂が「ファミリーコンピューター」を発売し、家庭用ゲーム機の歴史に革命が起こった。その後、1988年に「メガドライブ」が、1990年に「スーパーファミコン(SFC)」、1994年に「セガ・サターン」に「プレイステーション」と、90年代は群雄割拠!

もちろんソフト数も多く、SFCだけで年間300本以上ものタイトルが発表されたほどだ。そんな黄金期とも言える90年代のゲームは今やっても面白い!! そこで海外サイトが選ぶ「今のゲームより面白い80年代テレビゲーム11選」をご紹介したい!

続きを全部読む

【FF13】ライトニングさんがスーパーファミコン風になったぞー!! 公式が発表の『ライトニング リターンズ』スーファミ風動画が最高にクールだと話題

2009年にプレイステーション3で発売された『ファイナルファンタジーXIII』(スクウェア・エニックス)。そこから『ファイナルファンタジーXIII-2』を経て、さらに完結編として『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』が発売された。

その一連の最終章『ライトニング リターンズ』がスーパーファミコン風の動画になって登場!! 本編よりクールかもしれないと話題になっているぞ! ライトニングさんがスーファミに降臨したらどうなるのか? 早速、動画「LIGHTNING RETURNS: FINAL FANTASY XIII – Retro-spective Trailer」で確認だ!!

続きを全部読む

スーパーファミコンの新作ソフトが14年ぶりに発売! 一度は発売中止になった幻のタイトル『ナイトメア・バスターズ』

「スーパーファミコン」は、1990年に発売された任天堂の家庭用ゲーム機だ。最盛期には、『スーパーマリオRPG』、『MOTHER2』、『ロックマンX』、『がんばれゴエモン』などなど、現在でも愛される名作が誕生した。

そして、2000年に最後のソフト『メタルスレイダーグローリー ディレクターズカット』を発売し、その歴史に幕を閉じた。それから14年……2014年1月に、なんと……なんと!! スーファミの新作ソフトが発売されたというのである!

続きを全部読む

もっとも噛みごたえのあるコントローラーはスーファミのコントローラー

あなたはゲーム機のコントローラーを「ガブリ!」と噛んだことはあるだろうか? ひとりゲームをプレイしていて、思い切り悔しいミスをしたとき、突如ブチ切れ、「フンギイイイイイィィッッ!」と叫びながらガブリと噛み付くのである。

これがけっこうイケるのだ。味はないが、いや、多少の塩味がするときもあるが、とにかく噛みごたえがイイのである。なかでも最高に噛みごたえのあるコントローラーは、スーパーファミコンのコントローラーであろう。

続きを全部読む

【懐古コラム】メガドライブを落とすと「ゴワンゴワン」という音がした

ファミコン、スーパーファミコン、メガドライブにPCエンジン……と、これまで様々なゲーム機が登場してきた。今ではもう遊ばないが、遠い過去には夢中になって遊んだという人も多いだろう。なかでもメガドライブが大好きだったという人は、どうかこの記事を読んで欲しい。

あなたはメガドライブを落としたことがあるだろうか? メガドライブといっても、サイズが小さくなった「メガドライブ2」ではなく、初期型のタイプである。初期型のメガドライブを床に落とすと、「ゴワンゴワン」という音がするのだ。ウソだと思うなら、落としてみてほしい。

続きを全部読む

【衝撃映像】女の子をドット絵にして立体にした彫刻を日常生活に溶け込ませた動画がマジで怖い

「ドット絵」とは、点(ドット)を組み合わせて描いた絵のことを言う。ファミコンやスーファミの時代にゲームをしてきた人ならば、ドット絵の素晴らしさがお分かりになるだろう。まるで写真のようなドット絵は芸術の一言だ。

そんなドット絵を立体化して駅のホームにポツンと置いてみた的な動画がマジで怖いと話題になっている。動画のタイトルは「Maya – Pixelated Sculpture」だ!

続きを全部読む

【みんな知ってるあたりまえ知識】スーパーファミコンは北米版だけデザインが違う

みんな知ってるあたりまえ知識。でも100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は「スーパーファミコンは北米版だけデザインが違う」という知識です。

そうです。90年代に数々の名作を生み出し、世界で愛されたスーパーファミコンは北米版だけオリジナルである日本版と似ても似つかない仕様なのです。

続きを全部読む

【驚愕美声】スト2のケンステージと『F-ZERO』の「MUTE CITY」テーマをアカペラで完全再現したサラサラロン毛のヒゲ男がマジでスゴイ!

対戦格闘ゲームで最も有名な作品といえば、言うまでもなく『ストリートファイター』シリーズである。特にシリーズ2作目の通称「スト2」は、日本のみならず全世界に衝撃をあたえ、対戦格闘ゲームの世界的流行にもつながった。

そんなスト2のケンステージをアカペラで完全再現したサラサラロン毛のヒゲ男が大きな話題になっている。動画のタイトルは「Street Fighter 2 – Ken’s Theme Acapella」だ!

続きを全部読む

ミャンマーの路上でファミコン版『ドラクエ3』を発掘 → 日本に持ち帰ってセーブデータを確認してみた

ミャンマー(ビルマ)・ヤンゴンの路上には、さまざまなモノが売られている。野菜や果物などの食品はもちろん、洋服、雑貨、DVD、用途不明のリモコン、ケータイ用のバッテリー、イヤフォン、スマホ用防水ケース、なんでもござれだ。

そんなミャンマーを取材していた記者(私)。グチャグチャと山積みされたケータイ用のACアダプタにまぎれて、見覚えのあるパッケージが目に入った。こ、こ、これはドラクエ3じゃないか! なぜかミャンマーの路上で箱付きの中古ファミコンカセットが売られていたのである!

続きを全部読む

横スクロールアクションゲームを人生にたとえた動画「Go Right」に世界が感動

ゲームばかりするのは考えものだが、ゲームから何かを学ぶことは意外と多い。特にセリフや言葉が表示されていなくても、低スペックマシンのつたないドット絵であろうとも、漠然と何かを感じたことがある人は多いはずだ。

そして今、スーパーマリオブラザーズに代表される横スクロールアクションゲームの映像をつなぎあわせた一本のムービーが話題になっている。その名も「Go Right」、直訳すれば「右へ進め」。2012年4月25日に公開された動画だが、すでに100万回以上も再生されている人気作だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2