「ジンバブエ」にまつわる記事

【SNS中毒】入国審査官がパスポートを確認しながら同時にスマホをチェック…職務怠慢な姿が物議を醸す

別に何かを密輸しているとか国際指名手配されている訳でもないのに、外国に入国する時の審査は少し緊張するものだ。だが、思わず背筋がピンっと伸びてしまいそうな瞬間に、入国審査官がダラダラした態度で仕事していたら、一気に緊張感が抜けてしまうに違いない。

まさに、そんな入国審査官の職務怠慢を絵に描いたような姿が激撮され、「これは酷い!」とネット民から非難の声が挙がっている。職務中にもかかわらず、入国審査官が堂々とスマホでSNSをチェックしていたのである。

続きを全部読む

お~い! アマゾンで100000000000000ジンバブエドルが出品されてるぞ~ッ!! 商品名の下には「ジンバブエ政府」の文字が

ネット通販最大手のアマゾンには、出品(出店)サービスと小売部門を合わせると、5000万点もの商品が販売されているそうだ。それだけ膨大な品数になると、おそらく買えないものはないと考えて良いのかもしれない。

そのアマゾンで驚くべき商品が出品されていることが判明した。その商品とは……100000000000000ジンバブエドルの紙幣である。しかもこの100000000000000ジンバブエドルの商品名の下には「ジンバブエ政府」の文字が! マジかよ!? それにしても、100000000000000ジンバブエドルの使い道がわからない。商品説明には次のように記されている

続きを全部読む

アフリカ・ジンバブエ共和国で、日本では到底考えられないような理由で学校閉鎖になる事態が発生した。その理由とは、「ゴブリン」の襲撃である。ゴブリンとはヨーロッパに伝承する空想の生物だ。日本では小鬼に相当すると考えられている。

空想上の生物が学校を襲う? にわかには信じがたいことなのだが、ジンバブエでは珍しくないことなのだとか。マジかよ! そんなことって本当にあるのか!?

続きを全部読む

ジンバブエの謎の呪術「ムボボボ」 闇で販売され社会問題に

皆さんは「ムボボボ」をご存知だろうか? おそらく多くの人がはじめて聞く言葉ではないだろうか。これは、ジンバブエに古くから伝わる呪術である。その効果はおそるべきもので、なんと離れた場所にいる女性に対して、性交渉をしているような感覚を与えることができるというのだ。これが闇で販売されており、同国では社会問題になっている。

続きを全部読む