「ジャンク品」にまつわる記事

【2018年福袋特集】アキバのジャンクショップ「ジャンクノート福袋(7000円)」の中身を大公開! 不用品満載で最高ッ!!

福袋といえば、秋葉原のジャンクショップである。予想を上回る中身に毎回圧倒されるのだが、デジカメの入った3000円福袋は意外とマトモだった。とはいえ、デジカメは使い物にならないのだが……。

では、7000円のジャンクノート福袋はどうなのか? こちらも案外マトモなのか? 気になったので購入してみたところ、安定のジャンククオリティ! 不用品満載で最高な中身だった。

続きを全部読む

【2018年福袋特集】アキバのジャンクショップの3000円福袋が意外とまともだった件

福袋に「福」を求めるのは間違いだ。何が入っているかわからないからこそ、買う意義があると私(佐藤)は思う。得をしようと思ったら、買うべきではない。「損するかもしれない!?」そのスリルを味わってこそ、福袋じゃないのか?

さて、今年も東京・秋葉原のジャンクショップに福袋を買いに行ってみたぞ。だが……いつものお店に行ってみると、何だか様子がおかしい! 数は少ないし、袋が軽い! これはひょっとして改心して、まともな福袋を販売するようになったのか!?

続きを全部読む

【2016年福袋特集】マジか!? アキバのジャンクショップで2000円(重量4キロ)の福袋を買ったらヤバいモンが入ってた

以前の記事で、東京・秋葉原のジャンクショップで購入した3000円の福袋についてお伝えした。重量は約5キロ。これ1つを持って帰るのにも苦労したのに、実はもう1つ購入していた。

2000円の福袋、こちらは4キロ。2つ合わせて約10キロものゴミ……いや福袋を持ち帰るのは、めっちゃ疲れたよ、マジで。さて、2000円の福袋を開封してみると……アレ? これなんだっけ? なんかアカンやつだったと思うけど、思い出せない……。なんだっけ、コレ?

続きを全部読む

【2016年福袋特集】アキバのジャンクショップで買った3000円(重量5.1キロ)の福袋がめちゃくちゃスゴかった!!

福袋の醍醐味とは何か? 私(佐藤)が思うところでは、何が入っているのかわからないこと。開けてびっくりしてこそ、本当の福袋である! そんな探求心をくすぐる一品を、東京・秋葉原のとあるお店で発見した。

いわゆるジャンクショップの福袋は1つ3000円。ちょっと持ってみると、めちゃくちゃ重い! 「何が入ってんだよ!?」ってくらい重い。これを買わずして2016年を過ごすことはできないと思い、買ってみたら中身はめちゃくちゃスゴかったーーッ!

続きを全部読む