「シルク・ドゥ・ソレイユ」にまつわる記事

提供:株式会社フジテレビジョン

【感動必至】真のエンターテイメント「ダイハツ トーテム」を観ないと人生損する! 4.5トンの可動式ステージにマジで驚愕!!

「シルク・ドゥ・ソレイユ」をご存じだろうか? おそらく、「名前は知ってるけど、見たことない」という人が多いと思う。ハッキリ言おう、人生を損している。素晴らしいエンターテインメントであると、メディアで報じられて知りながら、それに触れる機会を持たないとは……。ウマそうな料理があると知っているのに、食べないのと同じ。

観るなら今しかない、そう言っておこう。なぜなら、現在東京・お台場ビッグトップで始まった「ダイハツ トーテム」は、シルク・ドゥ・ソレイユの醍醐味を味わうのにふさわしい公演だからだ。初心者なら絶対にこの公演を観ておいた方が良いだろう。その理由をお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

行った日が記念日になる / 今年で最後の「ZED」を観なければこの先ずっと後悔する

見知らぬものに触れる機会が多いほど、人はより良く学び、さまざまなことを感じ取ることができる。感性を養うには、「感動」と「興奮」は欠くことができないだろう。

「シルク・ドゥ・ソレイユ」をご存知だろうか? これはカナダ・ケベック州で設立された「ヌーヴォー・シルク(新サーカス)」と呼ばれるエンターテイメントである。常設公演と巡回公演が世界中で開催されており、幅広く人気を博している。

実は日本にも常設公演会場(シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京)があり、2008年から「ZED」が上演されている。いまだ観たことがないという方は、正直申し上げて大変な損をしているかもしれない。「行った日が記念日になる」とさえ言われる素晴らしいエンターテイメントを観ずにして、この先本当の感動や興奮に触れることは、なかなかないかも知れないからだ。

では、なぜZEDが本当の感動を提供してくれるのか? その理由についてお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

まさに神技! たくさんの輪を自在に操るフラフープ・マスターの美女

「サーカス・アーティスト」という職業をご存知だろうか。これは卓抜した身体能力と、長い訓練の末に芸術の域まで曲芸を極めたアーティストのことをいう。たとえば、世界的に知られるエンターテイメント集団『シルク・ドゥ・ソレイユ』に所属するパフォーマーたちもサーカス・アーティストだ。

最近、Youtubeでとある一人の女性が脚光を浴びている。彼女はフラフープ・マスターであり、いくつもの輪を自在に操って、素晴らしい技の数々を披露しているのだ。

続きを全部読む