【インタビュー】多方面で活躍する女優がシュルレアリスム作品の一人舞台化に挑戦 「演劇の枠を越えたものを作る」

2012年11月16日から三日間の日程で、演劇ユニット「ビニヰルテアタア」の二回目の公演が行われます。今回はシュルレアリスム作品『カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢』の舞台化。しかも今回はユニット主宰者の千絵ノムラさんが一人で演じるとのこと。多方面で活躍する彼女が、コラージュ・ロマンの傑作をどのように演じるのでしょうか? 作品の魅力について尋ねました。

続きを全部読む