「シトロエン」にまつわる記事

シトロエンの新型SUVコンセプト『カクタス』が超絶カッコ良すぎる件 / 燃費もリッター33.3km以上と日本でバカ売れの予感

日産『新型エクストレイル』の発表や、まだ詳細は不明だが年末に出ると予想されるホンダ『アーバンSUV(仮)』など、2013年から2014年にかけてこれまでにないSUVブームが起きそうな予感がする。

外車でもメルセデスベンツ『GLA』が出たりジープ『コンパス』の雪山仕様が限定生産されるなど、すでにSUVブームが起き始めていると言っても過言ではないが、イチバン注目したいのがシトロエンのCラインをSUVにしたコンセプトカー『カクタス』だ!!

続きを全部読む

まるでコックピットみたいな運転席! グウの音も出ないほどのオシャレな外車『シトロエン DS5』に乗ってみた!!

ちょっとでもクルマに興味があるのなら、積極的にいろんなクルマに乗るべきである。レンタカーも良し、試乗も良しだ。そのクルマそれぞれの個性があり、クセがあり、乗り心地がある。「あのクルマはこうだった」なんて語れるようになれたら最高だ。

ということでチャンスさえあれば片っ端から様々なクルマに乗っている私(記者)であるが、今回語ってみたいクルマは、フランスの自動車メーカー「シトロエン」がこだわりにこだわりまくって仕上げた高級車『DS5』である。

続きを全部読む

リアのドアハンドルはどこでしょう? 試乗会でも大盛況の「シトロエンDS4」

フランスの大手自動車メーカー、シトロエンがこのたび人気の「DS」シリーズに新モデル「DS4」を発表した。同社によれば、同モデルのデザイナーチームは「今までにないもの」にチャレンジしたとのこと。その言葉の通りに、従来の車にはない斬新なデザインの車に仕上がっている。

一言でいって、「クーペとSUV(スポーツ用多目的車)の融合」。一見相反するコンセプトを、デザイナーたちは見事に調和させ、過去に例を見ないほど美しく、ダイナミックな走りを実現する車両が誕生した。取り分け目を引くのがリアドアだ、ドアハンドルがどこにも見当たらない。しかし、きちんと開閉できるのである。

2011年9月に行われた試乗会では、家族連れにも好評を博したそうだ。シトロエンの飽くなき追求が、今のニーズを捉えたようである。

続きを全部読む