貧困にも負けず独学で発明品を創り出すアフリカの天才少年に名門MITの技術者たちも驚愕

貧しいながらも独学で工学技術を習得し、廃品を使って自らのラジオ局まで作ってしまったシエラレオネ出身の少年が話題だ。天才とも思える彼の能力は、全米屈指の名門校マサチューセッツ工科大学(MIT)のエンジニアたちをも驚愕させたという。

続きを全部読む