「シャンパンを頼んだのにスパークリングワインが出てきた」男性が航空会社を訴える / 1600人による集団訴訟となる可能性も

個人の間で解決できない問題がある時に、相手を訴えて法的に決着をつける場合もある。そして時には、「そんなことで訴えるの!?」と思ってしまうほど些細なことが原因で、訴訟相手に何億円もの賠償金を請求するケースも。

そんななか、ある男性が「シャンパンを頼んだのにスパークリングワインが出てきた」と航空会社を訴えたニュースが話題となっている。なんでも彼に賛同した人々が集まり、1600人による集団訴訟になりそうな様相を呈しているというのだ。

続きを全部読む