「サモア」にまつわる記事

【ラグビーW杯】伝統の儀式は「ハカ」だけじゃない! サモア戦はキックオフ前の「シバタウ」に注目すべし!!

ラグビーの試合では、キックオフ前に伝統の儀式で自らを鼓舞するシーンをしばしば目にする。これはウォークライと呼ばれるもので、中でもニュージーランド代表(オールブラックス)のハカが有名だ。

その姿はまさに「男の中の男」。相手を飲み込んでしまうような迫力が特徴だが、実は日本代表の次戦(10月5日19:30〜)の相手・サモア代表もウォークライを行うことで知られている。そう、彼らは「シバタウ」という儀式で自らを鼓舞し、対戦相手を威嚇(いかく)するのだ。

続きを全部読む

【大和魂】ラグビー日本代表「外国人系選手」の出身国まとめ

2015年10月11日に、アメリカ戦を迎えるラグビー日本代表。おそらく今回のワールドカップで「初めてラグビーを見た」という人も多いハズだが、サッカーや野球と違い「外国人選手が妙に多いな?」と思った人もいるに違いない。

実は、ラグビーは「国際ルール」で外国人選手の出場が認められているため、日本国籍でなくても日本代表になれるのだ。だが、その荒ぶる魂は日本人選手と同等で、まさに “大和魂” と呼ぶにふさわしいものである。そんな大和魂を宿した、11人の日本代表外国人系選手をまとめてみたぞ。

続きを全部読む

何じゃこの朝礼は! サモアの学校で撮影された “生徒全員による合唱” がソウルフルすぎる件 / ネットの声「鳥肌が立った」

全校集会に付きものなのが「歌」である。校歌だけでなく、モルダウ河を賛美する歌とか、空駆ける天馬の歌とか、これでもかと言うほど大地を崇める歌とか、そのへんの歌を歌わされた記憶がある人は多いことだろう。

今回は、南太平洋に浮かぶ島国、サモアの全校集会(朝礼)を取り上げたい。その学校では日本の学校と同様に、全校集会で “合唱の時間” があるようなのだが……何じゃこりゃ!? 日本と全然違う! ……メチャクチャ迫力があるのだ。YouTube の動画「Song time at Maluafou College, Apia, Samoa」で視聴できる。

続きを全部読む