「ゴッホ」にまつわる記事

【ブランド品】3000円する高級ノートを使ってみた / ゴッホやピカソが愛用したノートの復刻版

最近、文字を手で書いていない。学生の頃は筆記用具とともに生きていたが、今はデジタルの力に依存しきっている。たまに手書きをしようものなら、「この漢字とかいう難しい文字は何なんだ」と悪い意味で初心にかえってしまう。

このままではまずい。何か大切なものが失われようとしている。そんな漠然とした焦りを抱えていた折、何とはなしに文房具を物色していたら、とある商品の存在を初めて知った。そして同時に衝撃を受けた。「モレスキン」というブランドのノートなのだが、無論ただのノートではない。優に3000円を超えるのである

続きを全部読む

【ほぼ写真】最先端のラテアートがヤバい! ゴッホの画さえも合成レベルで完全再現

お洒落なカフェなどでカプチーノを頼むと、可愛らしいラテアートが描かれて出てくることがある。そんなラテアートも最近は格段に進化して、かなりのテクニックを要する複雑なデザインや、色が付いた物まで見られるようになってきた。

そんななか、あるイケメンバリスタによる色鮮やかなラテアートが「もはや芸術作品!」と評判になっているので紹介したい。いつの間にか、最先端のラテアートはヤバいことになっていた!

続きを全部読む

【動画】ディズニー『ふしぎの国のアリス』をゴッホやピカソが描いたらこうなっるって映像がハチャメチャにクレイジー! まさにワンダーランドな件

ディズニーの名作『ふしぎの国のアリス』は、アリスが白ウサギを追って “ふしぎな世界” に迷い込むというお話。そんなディズニーのアリスの世界がもーっと奇妙でヘンテコになっちゃった動画が話題になっている。

何がどうヘンテコワールドになっちゃったかというと……ほえええええ! アリスが、マッド・ハッターが、3月ウサギが!! ゴッホにピカソに葛飾北斎、『ムンクの叫び』みたいな名画タッチになって歌って踊っているのである。そのアニメーションは動画「Why is a Raven Like a Writing Desk?」で確認できる。

続きを全部読む