「グラップラー刃牙」にまつわる記事

【事件】『グラップラー刃牙』の第1話を作者がまさかのリメイク! 名物キャラが消失する事態にッッ / しかし本当に注目すべきは “あの音” だった

すべての雄(オス)たちよ、事件である。本日2019年7月11日発売の「週刊少年チャンピオン」32号にて、あの人気漫画『グラップラー刃牙』が28年ぶりにリメイクされたのだ! な、何だってーーーー!?

刃牙シリーズの作者・板垣恵介先生ご自身の手によって蘇った第1話は、基本的には当時のストーリーをなぞっているものの、若干の変更点があるためファンならばチェックが必然ッッ。あの名物モブキャラが消失するなど、いろいろ大変なことになっているぞォォォォオオオオ!

続きを全部読む

【超展開】今週の『バキ道』で烈海王の復活フラグが立つ? 熱烈なファン「わたしは一向にかまわんッッ」

烈海王といえば、漫画『グラップラー刃牙』シリーズに登場する人気キャラクターの一人だ。中国拳法の達人で、作中でも無双の強さを誇っていただけに、宮本武蔵との戦いで命を落とすという結末はファンに衝撃を与えたものである。

だがしかし……。それを上回る超展開が、2019年6月6日発売の「週間少年チャンピオン」にて繰り広げられることになった。いや、まだ確定したわけではないのだが……何やら烈海王が復活しそうな気配なのだ……! マ、マジすか板垣先生ェェェェェェエエエ!!

続きを全部読む

【悲報】『バキ』の作者、今週のチャンピオンで声優の演技にブチ切れる?

昨日2018年3月22日に発売された「週刊少年チャンピオン」最新号で、ある漫画家が激怒していると話題になっている。漫画家が激怒? 作品の中での話だろうか?

その漫画家とは、あの『刃牙(バキ)』シリーズでお馴染みの巨匠・板垣恵介先生である。なんでも、巻末の作者コメントページでの板垣先生のコメントが、怒りに満ち溢れているというのだ。一体何があったのか? さっそく今週のチャンピオンを買ってきて、その内容を確かめてみたぞ!

続きを全部読む

【マジかよ】生後すぐに歩き始めた赤ちゃんに世界がびっくり! 範馬勇次郎のような姿にマジカヨマジカヨとの声が続出

漫画の世界で最強キャラを挙げるならば、必ずと言っていいほど名前が出てくるのが『グラップラー刃牙』の範馬勇次郎である。なにせ、彼は生まれる前から助産師さんに命令口調。生まれる前から地上最強の人間だからだ。まぁ、それはあくまで漫画の世界……と思いきや!

生後すぐに歩き始めたというブラジルの赤ちゃんが話題になっている。その様子を収録した動画の再生数は、いまや8500万回オーバー。映像を見て、マジカヨマジカヨと驚く人が続出中だ。そんなことある訳ないでしょと思いつつ、動画を確認したところ……こ、これは!

続きを全部読む

【動画あり】サッカーの試合で審判が「範馬勇次郎」ポーズで迫るボールを神回避

もし漫画の世界が現実となるならば、地上最強の生物は『グラップラー刃牙』の範馬勇次郎で決まりだろう。なにせ生まれたその瞬間から命令口調。戦おうものならホッキョクグマさえも瞬殺してしまうからだ。

そしてそんな範馬勇次郎が読者に大きなインパクトを与えたシーンのひとつに、180度の股割りをしながらテレビ鑑賞する姿があるが、驚くべきことに海外サッカーで似たような現象が撮影された。なんと審判が「範馬勇次郎」ポーズをしたのである!

続きを全部読む

【バキライフハック】仕事を休むときに「烈海王のマネをした写真」を添付するとみんなが心配してくれる

板垣恵介先生が描く、人気格闘マンガといえば『グラップラー刃牙』シリーズだ。現在は『刃牙道』として少年チャンピオンに連載しているが、じつはバキに登場するキャラクターのマネをすると、毎日の生活に役立つことをご存じだろうか?

一部のバキマニアのあいだでは「バキライフハック」として知られているが、今回はそのひとつである「烈海王のマネをした写真をメールに添付すると仕事を休んだときみんなが心配してくれる」裏ワザについてお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

キックボクシングのジムあるある50

健康のため、フィットネスのため、そして強くなるためにキックボクシングの道に入る人は意外と多い。ボクシングではないところがポイントだ。なにせキックボクシングは足も使う。全身運動、それがキックだ。

そんなキックボクシングのジムでよくあることを、50個ほどまとめてみた。これからキック道へ進もうとしている人は、是非とも参考にしてほしい。

続きを全部読む