「クロレッツ」にまつわる記事

提供:モンデリーズ・ジャパン株式会社

【伝説】薄汚いドブネズミのようなオッサンが「鈴木亜美」にガチで抱きつこうとしたらこうなった

柔らかな日差しが差し込むある日の午後、まとわりつく気だるさを振り払うように私(中澤)はクロレッツを噛んだ。パチパチとキーボードをたたく音が響くオフィスには、今日もただただ穏やかな時間が流れている。まるであの日の出来事が夢だったかのように……。

これから私が語るのは、オッサンがドサクサに紛れてアイドル・鈴木亜美さんに抱きつこうとする物語である──

続きを全部読む

【疑問】ボトルガムについてる「捨て紙」がガムよりも圧倒的に少ないのはナゼなのか? 販売元に尋ねてみた

私(佐藤)はガムが好きだ。机の上に、ボトルを1本常備しており、さらに持ち歩き用に普通のガムを携行している。ガムを噛むかタバコを吸うか。必ずどちらかをしている。

ふと気になることがある。ボトルガムには捨て紙がついているのだが、ガムの個数よりも圧倒的に少ないのだ。なんでガムと同じ数じゃないんだ? ということで、いつも噛んでいる「クロレッツ」の販売元モンデリーズ・ジャパン株式会社に問い合わせてみたところ、意外な事実が判明した!

続きを全部読む