「クラシック音楽」にまつわる記事

【オナラじゃなくて本当に良かった】クラシックのコンサート中に「ビックリした女性が叫び声を上げる瞬間」が激撮される

クラシック音楽のコンサートというと、ロックバンドのライブなどとは違い静か~に音が流れて、ひっそりとした雰囲気の中で行われるイメージがある。

ところが楽曲によっては、かなりの音量でドラマチックに楽器が演奏され、そこら辺のロックよりも大迫力だったりするのだ。そんな、クラシックコンサート中にビックリした女性が叫び声を上げる瞬間が激撮され、指揮者も楽団員も大笑いする展開になったのである。

続きを全部読む

英マクドナルドの「トラブル防止対策」が超ユニーク! 効果バツグンらしいぞ!!

飲食店では様々なタイプの客が出入りするため、何かと問題が起きやすいものだ。そこで、英マクドナルドの店舗が「店でトラブルが起きないように」考え出した対策が、超ユニークだと話題になっている。その対策のおかげで来店客の気持ちが落ち着き、どうやら効果はバツグンらしいぞ!

続きを全部読む

11歳の少年が75人編成のオーケストラの指揮を執ることに! 「世界最年少の指揮者」が誕生!!

特定分野において驚異的な能力を発揮する神童がいるが、クラシック音楽界に期待の新星が誕生したようである。

なんでも、11歳の少年が75人編成のオーケストラで指揮を執ることとなり、「世界最年少の指揮者」として大きな注目を浴びているというのだ! 天才少年は、バイオリンの才能も飛び抜けているらしいぞ!!

続きを全部読む

器用すぎる! ピンポン玉を使いながらバイオリンでクラシックを奏でる奇想天外な音楽家がスゴイ!!

マイケル・ジャクソンやレッド・ツェッペリンの曲を、チェロでカバーしてしまう、イケメンチェリストのデュオ「2CELLOS」が世界中で話題となった。

そんななか、彼らと張り合わんとばかりに、ピンポン玉を使いながら、バイオリンでクラシック音楽を奏でる音楽家が登場! 2CELLOSに比べたらイケメン度はイマイチだが、その演奏が奇想天外かつ器用すぎて、驚くこと間違いナシなのである!!

続きを全部読む

チェリスト「2CELLOS」がベートーヴェンとレッド・ツェッペリンを融合させた演奏を披露! 圧巻のカッコ良さはひれ伏してしまいそうなレベルだぞ!!

2011年にマイケル・ジャクソンの代表曲『Smooth Criminal』を、チェロによる演奏でカバーして話題となったイケメンチェリストのデュオ「2CELLOS」。アルバムデビューも果たした彼らが、今度は、ベートーヴェンとレッド・ツェッペリンをクロスオーバーさせた演奏を披露して、話題となっている。

ジャンルの垣根を超えて、新たなジャンルを生み出したとも言えそうな彼らのパフォーマンスが、圧巻のカッコ良さでひれ伏してしまいそうなレベルなのだ! 

続きを全部読む

ニャンコはクラシック音楽がお好き!? 猫にヘビメタやポップスを聞かせてみたらこうなった! っていう研究結果

その時の気分によって様々な種類の音楽を聞き分けている人もいれば、ひとつのジャンルにこだわりを持っている人もいるだろう。

人間は、音楽によってリラックスしたりテンションが上がったりするものだが、いったい動物は音楽にどう反応するのだろうか!? そこで、ある研究チームが猫に異なるジャンルの音楽を聞かせたところ、クラシック音楽を好むことが判明したと海外で話題になっているのだ。

続きを全部読む

「いかに情熱的か」クラシック音楽の評価基準/視覚情報が大きく左右しているらしい

クラシックは敷居が高くてどうも……という人も、生やTVで一度はコンサート風景をご覧になったことがあるはず。良いもんですよねえ、クラシック。秋ですし。

おぉヴァイオリンのお姉さんキャワゆい、とか、あらぁこの低い声の男性ステキ! なんてのも自由です。不純ですか? まあ、そうなんですけど。しかし、実はそんな視覚情報がクラシック演奏の評価に大いに影響しているらしい! というのが本日の話題。

続きを全部読む