客室乗務員のミニスカ制服はやっぱりNG? 航空会社の労働組合が「セクハラを助長している」と訴えて物議

2014年4月、航空会社「スカイマーク」が膝上15センチの超ミニスカート制服を発表。「可愛い!」や「見せパンをはけば問題ない」という肯定的な意見の一方で、「セクシーさより安全性が第一なのでは?」という意見もあり、世界中で議論を巻き起こした。

そんななか、ある航空会社で「パツパツのミニスカ制服はセクハラを助長している」と客室乗務員たちが訴え、改めて客室乗務員の制服のあり方に注目が集まっている。

続きを全部読む