「キム・ヨナ」にまつわる記事

【フィギュア】 ソチ五輪で2連覇狙う キム・ヨナが身体の衰えを告白「女性は18歳を過ぎると身体が衰える」「肉体的に辛い」

2014年ソチ五輪で2連覇を狙う韓国のフィギュアスケート選手 キム・ヨナ(23)。そのキム・ヨナが身体の衰えを訴えていたことがわかった。常に堂々とした演技を見せ、会見でも強気な発言が多い彼女が、めずらしく競技に関して苦しい胸の内を明かしていたのである。

続きを全部読む

キム・ヨナの等身大フィギュアがどう見ても『クレヨンしんちゃん』な件/ 韓国人「これは陵辱レベル。許せない」

2010年バンクーバーオリンピックで金メダリスト・韓国のキム・ヨナ選手。実績はもちろんのこと、その可愛らしい容姿からも韓国では「国民の妹」として人気を集めている。

その彼女の等身大フィギュアが作られた。しかしその姿は国民の妹というよりは大きくなった『クレヨンしんちゃん』の主人公・しんちゃんだ。美少女とは言いがたい。このあまりの出来栄えに韓国人はブチギレているそうだ。

続きを全部読む

2011年7月6日、南アフリカのダーバンで国際オリンピック委員会の総会が開かれ、次期冬季五輪の会場として韓国の平昌が選ばれた。同国のプレゼンターには、女子フィギュアスケートのキム・ヨナさんが登場。韓国の魅力を熱く語り、結果的に招致へと導いた。

続きを全部読む

衣装破けても堂々の演技で「日本のために優勝」安藤美姫へ韓国ネットユーザー「拍手送るしかない」

「日本のための優勝」という言葉とともに、ミキティスマイルを届けたフィギュアの女王、安藤美姫(トヨタ自動車)へ、韓国からも称賛の声が贈られている。

30日、モスクワで開催されたフィギュアスケート世界選手権で計195.79点をマークした安藤が、前日のショートプログラムで1位につけていたキム・ヨナを逆転し優勝。韓国でフィギュア・クィーンと呼ばれ、国民から最も愛されるスポーツ選手ともされるキム・ヨナは、29日の時点で安藤より0.33点高いポイントをマークしていたが、フリーでミスを連発し、2位で大会を終了した。

試合終了の直後から、韓国メディアは一斉に同大会の結果を大々的に報じ、検索語の上位は「キム・ヨナ」の文字が占めていた。また、表彰台でみせた涙にも触れ「キム・ヨナ 涙」という検索語が1位となったが、その一方で、安藤の活躍を褒め称える記事が目立っていたのだ。

続きを全部読む

安藤美姫選手が銅メダルを獲ったフィギュアスケート世界選手権最終日。勝因を尋ねられたコーチのモロゾフ氏が「今回は誰の邪魔も受けなかったこと」 と発言。連盟の一部のメンバーが浅田真央選手に的外れな介入をしており、このままではバンクーバー五輪で日本の表彰台が危ぶまれると連盟を痛烈批判した、 といくつかのメディアが報道。これが大きな波紋を広げている。

続きを全部読む