「カーリング」にまつわる記事

【炎上】「そだねー」を商標登録申請した六花亭が声明を発表「独占ではありません」

先日まで開催されていた平昌冬季オリンピックでは、過去最高となる13個のメダルを獲得した日本。羽生結弦選手の神がかり的な演技を始め印象的なシーンは多々あったが、「流行語」といえばやはり女子カーリングの「そだねー」が外せないハズだ。

おそらく年末に行われる「新語・流行語大賞」にもノミネートされるだろうが、いまこの「そだねー」が女子カーリングとは無関係な企業により商標登録申請され波紋を呼んでいる。

続きを全部読む

【やっぱり】カーリング女子の影響で爆発的に売れている「赤いサイロ」がヤフオクに出品されている!! 通常価格5倍の出品も

2018年2月9日から17日間の日程で行われていた第23回オリンピック冬季競技大会「平昌(ピョンチャン)オリンピック」が閉幕した。日本の選手の活躍は目覚ましく、冬季五輪で最高の数のメダルを獲得している。

なかでも高い注目を集めたのは、カーリング女子のチームだ。競技のハーフタイム中に栄養補給をする様子は「もぐもぐタイム」と呼ばれ、その時に食していた北海道北見の名物「赤いサイロ」は品切れになる人気ぶり。そこで、私(佐藤)が「もしや」と思って『ヤフオク!』を見てみると……やっぱり出品されていた。

続きを全部読む

【粋だね】オリンピック期間中の「熊本警察の仕事が早い」と話題 / 電光掲示板「お先どうぞ ゆづる心に 金メダル」など

2018年2月22日15時現在までに、過去最高となる合計11個のメダルを獲得した冬季オリンピック日本代表団。男子フィギュアスケートや女子カーリング、そして女子パシュートなどなど、多くの人が平昌オリンピックに注目していることだろう。

そんな中、ネット上では「熊本県警察本部の仕事が早い」と話題になっている。というのも交通安全を呼びかけるための電光掲示板のコメントが、粋な “冬季オリンピック仕様” になっているためだ。

続きを全部読む

「この美女は誰!?」美しすぎるロシア人カーリング選手にネット民から熱視線 / 一方本人は「美しさでメダルは取れない」と冷静なコメント

2018年2月9日に開幕した平昌オリンピック。アイスホッケーにスピードスケート、スノーボードなど、様々な種目でしのぎを削る世界の強豪たちから目が離せない人も多いはず。

そんな中、ネット民の目はあるロシア人アスリートに釘付けになってしまった。それがカーリング選手のアナスタシヤ・ブリズガロワさん(25歳)。日本でも「いつまでも見てられる美しさ」なんて声も聞かれているんだよ!

続きを全部読む

【画像】今から90年前の第1回冬季オリンピックの様子 / 現在はなくなった競技「ミリタリーパトロール」とは?

現在開催中のソチ冬季オリンピック。羽生結弦選手が男子フィギュアスケートシングルで、日本初となる金メダルを獲得した。今大会は、日本人10代の活躍が目覚ましいのだが、そもそも最初の大会はどのようなものだったのだろうか? 第1回大会は1924年にフランスで開催された。90年前は今と随分状況が異なったようである。

続きを全部読む