「カメラを止めるな!」にまつわる記事

【今夜放送】『カメラを止めるな!』を見ていない人間がストーリーを真面目に予想したら…想定外の展開になった / 本日3月8日の金曜ロードショーはカメ止め!

今夜のキンローはカメ止め! ……だそうだ。もう少し丁寧に言うならば、本日2019年3月8日、『カメラを止めるな!』が「金曜ロードSHOW!」で放送される。地上波初登場で、完全ノーカット。時間は21時からだ。また、放送中は監督・出演者が副音声で解説し、撮影の裏話などを披露するとのこと。

さて、『カメラを止めるな!』といえば、予想を裏切る展開が特徴の1つだろう。実際、同作を映画館で見た私は、“あのシーン” で「そうやったんかい!」となり、ラストでは「オチすげーーーー」となり、制作側の術中に見事にハマってしまったのが……ふと気になったのは「誰にとってもそうなのか?」ということ。

もしかして、ポスターをしっかり見れば何となく展開の予想がつくんじゃないの? という気もしたので、『カメラを止めるな!』を見たことがない4人に、ポスターと簡単な予備知識だけでストーリーを予想してもらった。すると……それもまた私の予想を裏切るものだったので報告したい。

続きを全部読む

昨年大ヒットした『カメラを止めるな!』がドラマになって帰って来る!! AbemaTVで3月2日に放送するぞ~ッ!!

2018年、大ヒットした映画といえば『ボヘミアン・ラプソディ』が挙げられるだろう。この作品は伝説のロックバンド「クイーン」の活躍を描いたヒューマンドラマだ。もう1つ、忘れてはいけない作品がある。それは300万円という低予算で、しかも無名の俳優ばかりを起用したにも関わらず、「面白い」と口コミが広がって全国上映された奇跡的な作品だ。

そう、『カメラを止めるな!』である。1度見たらドハマりする人続出。2度3度と劇場に足を運んだという人も少なくないだろう。その “カメ止め” がドラマで帰って来る! スピンオフ作品として、2019年3月2日にAbemaTVで放送されることが発表された。一体どんな内容になっているのか?

続きを全部読む

【朗報】映画『カメラを止めるな!』がついに地上波初登場! 今度こそ全員が見られるぞォォォォオオオ!!

2018年も数々の映画が公開されたわけだが、もっとも話題になった邦画というとやはり『カメラを止めるな!』だろう。『カメ止め』という言葉が「新語・流行語大賞」にノミネートされるなど、一躍大ブームとなった作品だ。

そんな『カメ止め』が、ついにテレビで放送されることが決定したのでお伝えしたい! 日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて、待望の地上波初登場である!! キタキタキタぁぁぁぁぁああああ!

続きを全部読む

【映画の日】ロケニュー記者がオススメする『最高だった映画2018』10タイトル →「ボヘミアン・ラプソディ」「カメラを止めるな!」など

ついに2018年も残り1カ月となった。冬季オリンピックにサッカーW杯、暗いニュースに目を向ければ、オウム真理教の元代表・麻原彰晃(松本智津夫)の死刑執行などなど様々なことがあったが、みなさんはどんな出来事が印象に残っているだろうか? 2018年という年があなたにとって素晴らしいものであったことを願いたい。

さて、本日12月1日は「映画の日」だそうだ。そこで今回は、今年公開された数えきれないほど多くの映画作品の中から、ロケットニュース24の記者がオススメする『最高だった映画2018年版』をお届けしよう。

続きを全部読む

【朗報】映画「カメラを止めるな!」が24時間限定で無料配信へ! ただし…

「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」「ミッション・インポッシブル」「ジュラシックワールド / 炎の王国」……などなど、2018年も多くの映画が公開された。どれが好みかは人によって違うと思うが、こと邦画に関しても最も話題を集めたのは『カメラを止めるな!』ではなかろうか?

その『カメラを止めるな!』が来る2018年11月24日、24時間限定で無料配信されることが決定した。ただし、いくつか注意点もあるので整理してご紹介しよう。

続きを全部読む

週刊フラッシュのパクリ疑惑報道に『カメラを止めるな!』制作側が反論「強い憤りを感じる」

今年、もっとも話題になった映画といえば、『カメラを止めるな!』である。低予算かつ無名俳優を使い、当初は限られた劇場でしか放映されていなかったのに、口コミで面白さが広まり、全国の劇場で放映されるに至った。

この作品について、週刊誌「フラッシュ」が2018年9月4日号で独占スクープを報じている。その内容について、制作側がホームページ上で反論しているのだ。

続きを全部読む

【ネタバレなし】話題沸騰の映画『カメラを止めるな!』を見た正直な感想 → 控えめに言って最高だッ!!

2012年、映画『アベンジャーズ』公開時のキャッチコピーを覚えている人は多いはず。「日本よ、これが映画だ。」である。このキャッチコピーはハリウッドの実力をうかがわせると共に、まるで格の違いを見せつけるかのようで、私(佐藤)は非常に印象的だった。

今、改めてこの1文に応えるとしたら、私は今話題沸騰の映画『カメラを止めるな!』に同じキャッチコピーをつけてアメリカに送り返してやりたい。「アメリカよ、これが日本の映画だ」と。そう言いたくなるほど、この作品は最高だ。痛快だ!

続きを全部読む