「カバン」にまつわる記事

どう見ても鮭な「バッグ」で銀座を歩いてみた → 高級バッグに見劣りしないインパクトで視線を集めまくり / 本物の鮭も食べてみたヨ

鮭(サケ)はお好きですか? 私は大好きです。だって鮭は刺身も美味しいし、焼いても蒸しても、バッグにしても最高だから。……えっ、「バッグ」ってなんだって? 実は、密かに人気を集めている「鮭バッグ」なるものがあったのだ!

昭和10年から続く鮭の専門店が「鮭とはこういうもの」と知ってもらいたい、と作ったオリジナルの鮭バッグ。見た目のインパクトがありすぎる鮭バッグを、ガチで普段使いしてみるぞ!

続きを全部読む

【2019年福袋特集】これは超お得だ!! 東急ハンズ1万円の「カバン福袋」は完全に買い!

福袋というと、大抵スターバックスやタリーズなどの大手コーヒーチェーンの商品に注目が集まるが、意外とお得な掘り出し物が見つかるのが「東急ハンズ」である。価格も手ごろで内容が充実していることを、知らない人は多い。

今回購入したカバン福袋は1万800円でなんとカバンが3点も! それにおまけでペンケースまでついてくる、総額3万3100円の超お得な内容となっている!

続きを全部読む

【目からウロコ】人の多い東京もスイスイ歩ける裏ワザ / カバンを○○○にするだけでモーゼのように人ゴミが割れる!

あふれ返る人・人・人……平日はもちろん、土日祝日もどこに行っても人だらけの東京。特に、渋谷・新宿・池袋などの人口密度には “死” を感じる瞬間がある

缶詰のようになりながら、スイスイ歩くことを夢見たことがある都民は少なくないだろう。そんなあなたに伝えたい。先日私(中澤)が発見したライフハックを。なんと、カバンを○○○にするだけでモーゼが海を割ったように人ゴミが割れてスイスイ歩けるようになるぞ

続きを全部読む

年収が高い人ほどカバンは重いという調査結果 / 実はほとんどスマホで代用できるから手ぶら通勤も可!

あなたのカバンは軽いだろうか? それとも重いだろうか? なんでも「年収の高い人(700万円以上)ほど、カバンは重い」という調査結果が発表され、さらに約9割のビジネスマンが「カバンを軽くしたい」と願っているとのことである。

調査対象は20代~40代の男性会社員400人。カバンが重くて困っている人は、一体何を持ち歩いているのかというと……手帳にノートPC、そしてビジネス書などが多いらしい。たしかに仕事に追われるビジネスマンは、仕事の書類も持ち歩く。そりゃ重くなるのも納得だ。

だがしかし。それら「カバンを重くしているもの」は、実は持ち歩く必要のないものなのかも知れないぞ。携帯電話に財布に定期。仕事の書類も手帳もビジネス書も……すべてスマートフォンで代用できるといえば代用できる。究極を言えば、手ぶらで通勤することも可能なのである!

続きを全部読む

「空港にチェックインして預けた荷物はどう動いてる?」をカバンの中から撮影した動画がおもしろい!

ドキドキワクワクの海外旅行。もちろん旅行先での体験も楽しいが、「出発前の空港が一番ドキドキして楽しい」と述べる人も意外と多い。出発カウンターでチェックインし、荷物を預けて……あとは飛行機に乗るだけという時の、不安と緊張、そしてドキドキ感は海外旅行時における楽しみの一つである。

だけど「預けた荷物はどう動いているのだろうか?」と気になったことがある人も多いはず。そんな「チェックイン後の荷物のようす」をカバン視線から映しだした映像が話題になっている。

続きを全部読む

ニセモノっぽいけどオリジナリティはハンパないカバン

今まで当編集部では、「支離滅裂なカバン」「よくばりなカバン」など、世界に流通する無数の怪しいカバンに対し注意喚起を行なってきた。しかし残念ながら、またひとつ、怪しいカバン、通称「怪バン」が発見されたようだ。

海外の画像サイトに注意喚起された画像を見てみると、2つのカバンが確認できる。スパイダーマンのカバンである……と思っていたが、微妙な違和感を感じてしまう。

続きを全部読む

何が言いたいのか、いまいちハッキリしないカバン

海外には様々な怪しいカバンが売られている。明らかにニセモノのブランド品だったり、有名キャラなのにちょっと変……的なものまで、山ほどある。

そんななか、海外の画像サイトにアップされた一枚の写真が話題になっている。

続きを全部読む

昨年話題になったキックボード付きスーツケース。これまでになく画期的な商品として、日本のメディアでも報じられていたことを覚えている人も多いだろう。ところで、探してみるとスーツケースにはまだまだ面白いアイディアが詰まったものがあるらしい。非現実的な構想段階の物も含め、海外サイト「The Design Blog」で紹介されていたスーツケースの1部をご紹介しよう。

続きを全部読む