「カニバリズム」にまつわる記事

ある芸術家がアートプロジェクトの一環で自分の肉を食べる → 「羊肉みたいな味だった!」と語り大きな話題

人間が人間の肉を食べる行為をカニバリズムと言い、辺境の地では、文化人類学的に食人の習慣や風習が認められている場合もある。しかしカニバリズムがタブーとされている先進国で、なんとアートプロジェクトの一環として、自分の肉を食べた男性のニュースが大きな話題となっているのだ。もし食事中にこれを読んでいる人は、後にした方が良いかもしれない。

続きを全部読む

【衝撃事件】女性を拉致して食べる計画をしていた警察官を逮捕「女のおっぱいはベイクドポテトに最適」

人が人の肉を食う。「食人行為(カニバル)」は、人間にとって最大の禁忌とされている。その食人行為をしようとした人物が逮捕・起訴されていたことがわかった。

なんと、警察官が女性を拉致して人肉を食べる計画を練っていたのである。計画では、実在する100人もの女性がターゲットにされていたという。その公判が始まり注目されている。

続きを全部読む

多発する北朝鮮の「人食い」事件 / 空腹に耐えきれなくなった男が食料としてわが子2人を殺害する

このたび、北朝鮮である一人の男が驚くべき理由で処刑された。その理由とは、男がわが子2人を食べるために殺したからだという。

この悲しき事件の原因は、農業を生業(なりわい)にしている黄海南道(ファンヘナムド)と黄海北道(ファンヘプクト)で起こった「隠ぺいされた飢饉」にあるらしい。この飢饉により最大1万人の人が死亡したと言われており、人が人の肉を食べる行為、いわゆる「人食い」が増加している恐れもあるとのこと。

続きを全部読む