「カジノ」にまつわる記事

沖縄の米軍施設内にあるカジノは日本人でも入場可能! 一攫千金を狙ってガチ勝負をしてきた!!

カジノには一攫千金の夢がある。たまに世界のビックリニュース的な番組で「いきなり信じられないほどの大金を手に入れた人」が紹介されているが、カジノの聖地・アメリカのラスベガスでは「一夜にして大富豪」なんて話はそこまで珍しくないらしい……え、マジかよ!

そこで今回は、カジノでひと山当てて豪遊するためにラスベガス……ではなく沖縄に行ってきた。というのも、沖縄には日本人でもフツーに入れるカジノがあるらしいのだ。だったら行くしかないでしょォォォオオオッ!! ということで、実際に行って勝負をしてきたぞ!

続きを全部読む

【あやしすぎ】カジノ? 駄菓子屋? これがケニア僻地の「賭けゲーセン」だ! マサイ通信:第84回

スパ! 突然だけど、日本にはカジノがないんだってな。ケニアにはカジノあるぞ。首都ナイロビの高級ホテル「インターコンチネンタルナイロビ」にはカジノが併設されてるくらいでな。いまどきカジノがないなんて……日本、意外とダサイんだな(笑)

ちなみにオレの住んでるド田舎のアンボセリにはカジノがないけど、数十キロ先の田舎町「カラマ(karama)」には、カジノっぽいのがある。カジノっていうかゲーセンでな。ゲーセンっていうか駄菓子屋っぽいけど、勝てばお金がもらえるんだ。

続きを全部読む

カジノのルーレットは「絶対に勝てない」ってことがよくわかるイカサマ動画

ギャンブルの世界には、絶対というものなんて存在しない。よく考えてみてほしい。競馬で単勝1倍台の有力馬が飛ぶことがあれば、最低人気が1着に突っ込んでくることだってあるのだ。だからこそ「番狂わせ」や「奇跡」という言葉もあるのかもしれない。

もちろん、カジノだって同じであり、勝てないような仕組みになっている。「賭ける前に負けること考えるバカいるかよ!」という人にこそ、イカサマの実態を映した動画「That’s why you NEVER WIN in Roulette!」をご覧いただこう。

続きを全部読む

【カジノで稼いで世界6周】「勝ち」にこだわるのではなく「勝つ準備」にこだわれ! サイゼリヤでプロギャンブラーから教わったこと

人生とは、様々な人との出会いによって導かれていくものだろう。学生の頃は先生や両親から教育を受けるが、社会に出てからは、出会った人の言葉の中に「人生のヒント」や「新しい発見」があったりする。

今回は、学校では絶対に出会わないであろう、プロのギャンブラーから頂いた人生のヒントを紹介していこうと思う。舞台となったのはラスベガスのカジノではなく、東京 高田馬場のサイゼリヤ。『若鶏のグリル』を食べながらのレポートだッ!!

続きを全部読む

提供:NOTTV

【速報】元金0円で総額635万円を手に入れる方法を発見 / 4月1~5日はスマホにかぶりつきで『カジノNOTTV』に参加せよ!

お金がない。宝くじを買おうと思って宝くじ売り場に行けども、そもそも宝くじを買うお金がない。ガス代を節約するために水風呂に入り、電気代を節約するためにすべてのコンセントを抜いているのに……どうしてこんなにお金がないんだ!?

そんな極貧生活を送る記者(私)が、楽しみにしている番組がある。それは、4月1日(水)~4月5日(日)に放送する『カジノNOTTV』である。元金0円で総額635万円が手に入るという夢のような番組なのであるッ!

続きを全部読む

カジノに強盗に押し入った犯人が「被害者にハグとキスの謝罪」をしてから逃走!! ちょっと礼儀正しい強盗が話題に

強盗が狙った場所に押し入る際、よほど慣れていない限り “いつ捕まるか” という気持ちで一杯で、精神的な余裕などないだろう。ところが、カジノに押し入った強盗が「被害者にハグとキスの謝罪」をしてから逃走したと話題になっているので紹介したい。

ちょっと礼儀正しい犯人の映像は「Robber Enforces Group Hug Before Fleeing With Cash」で確認できるぞ!

続きを全部読む

モスクワ地下に映画館やカフェを備える「秘密の地下街」発見! 200人以上の不法入国者を拘束

悪いヤツらが潜む「アジト」といえば地下であるが、アジトどころのレベルではない、超ド級の巨大アジトがロシアの地下で発見された。場所は首都モスクワの地面の下。そこは「地下街」といっても過言ではないレベルの規模であったという!

・地下に映画館・カフェがある
モスクワ警察が発表したところによると、地下には映画館やカフェがあり、200人もの不法入国者が生活していたという。一体全体、彼らはここで何をしていたのであろうか?

続きを全部読む

寝不足でギャンブルに挑むと負ける可能性が高くなる

寝不足が判断力や集中力を低下させるというのはよく聞く話だが、ギャンブルの結果にも影響を及ぼすことが実証された。賭け事好きの人には気になる内容である。

神経科学雑誌『Journal of Neuroscience』によると、睡眠不足の脳では楽観的なギャンブルをしてしまう傾向があるとの研究結果が出たという。

一晩中起きていた人に金銭がらみの判断をさせたところ、潜在的な損失額よりも最大利益額を意識する傾向が見られた。つまり「これくらい負けるかも」という気持ちより、「勝ったら最大でこれだけ儲かる!」という思いが強くなり、引き際を逃してのめりこむ要因となるのだ。

続きを全部読む

マカオのカジノで中国のとある富豪の息子が1年間で15億元(約18億円)スったと報じられた。一体何をどうやって賭けたらそんなに負けることができるのか、そもそもそんな大金どうやって持ち込んだのか……全ての秘密はVIPルームにあった!

マカオではどのカジノでもオープン当初からVIPルームが設置されている。関係筋によると、売り上げの80パーセント以上をこのVIPルームが占めているそうだ。

続きを全部読む

マレーシア・クアラルンプール滞在2日目。安ホテルのルーターが故障して、ネットができなくなってしまった!

「明日には直るよ!」と言われたが、なんの裏付けもない空約束を信じ、座して待つよりは……と、近場のネットカフェを探すことにした。

ホテルのあるチョーキット地区は、クアラルンプールの中でもとりわけ庶民的な下町。ぶっちゃけ、薄汚い煤けた街並みのひろがるエリアは、カンボジアに住んでいた私が引くくらい、路上生活者やねじの外れた怪しい人々が大勢うろついている。

続きを全部読む