「エボラ出血熱」にまつわる記事

10月末にリベリア渡航の男性がエボラ出血熱の疑い発覚 / 医療機関に搬送され血液検査へ

NHKが報じるところによると、東京・町田市在住の男性にエボラ出血熱に感染している疑いがあるという。男性は西アフリカのリベリア滞在歴があり、発熱などの症状を訴えているとのこと。

厚労省は男性を指定医療機関に搬送。血液を国立感染症研究所に運び、感染しているかどうか調べているために、詳しい検査を行うとしている。

続きを全部読む

【ハロウィン】海外通販サイトに出品している「エボラ出血熱防護服コスチューム」が不謹慎と物議

10月31日はハロウィンである。すでにコスチュームを用意している人や、25・26日の週末に仮装イベントに参加したという人もいるかもしれない。日本では年々盛り上がりを見せているイベントなのだが、海外では違う意味で注目を集めているようだ。

ある通販サイトが特殊な衣装をネット上に公開して販売開始したところ、不謹慎ではないかと見られているようだ。その衣装とは、エボラ出血熱の感染をふせぐ防護服のコスプレである。これでもし街を歩けば、混乱を招く可能性も否めないだろう。

続きを全部読む

【拡散希望】エボラ出血熱の感染が疑われる場合は医療機関ではなく保健所へ連絡を / 厚生労働大臣がメッセージを発表

今世界中を混乱させているエボラ出血熱。2014年10月28日現在、日本国内でエボラ出血熱の患者は確認されていないが、世界的な流行を考えれば予断を許さない状況。恐怖を感じている人は少なくないだろう。

そんなエボラ出血熱に関して、厚生労働省大臣の塩崎恭久氏が、厚生労働省のホームページ上でメッセージを発表しているので取り上げたい。

続きを全部読む