「ウィンドウズ」にまつわる記事

マイクロソフトが話題の新機種『Surface Go』の国内価格を発表! 一般向けは6万4800円から / ネットの声「高すぎ」「急速に興味を失った」

米マイクロソフトが発表した、タブレットPCの新機種『Surface Go』。海外では一般向けモデルが399ドル(約4万4000円)となっており、Surfaceシリーズとしてはこれまでになくお手頃価格であることは以前の記事でお伝えした。

さらに昨日、日本マイクロソフトも「Surface Go」の国内販売についての詳細を発表。価格を見ると、どうやら海外よりもかなりお高いようだ。同社が発表した価格は次の通りである。

続きを全部読む

ついにキターッ!! マイクロソフトがお手頃価格の新型タブレットPC『Surface Go』を発表! 価格は399ドル(約4万4000円)から

キタキタキタキターーーッ! ついにハイスペックでお高めだったWindowsのタブレットPC「Surface」シリーズに、お手頃価格の新製品がキターーーーー!!

その名は『Surface Go』。シリーズ最薄最軽量でありつつ、グッと価格を抑えたモデルとなっており、おなじみの筆圧検知ペン対応のディスプレイのほか、キックスタンドも搭載。さらにはキーボード付き専用カバーも用意されているとのこと。これはヒットする予感大だ。

続きを全部読む

【謎の中毒性】アコーディオンで「Windows 95の起動音」を演奏する男性がシュールすぎてヤバい

全世界で圧倒的なシェアを誇るOS「Windows」。これまで数多くのバージョンがMircosoft社からリリースされてきたが、中でも爆発的ヒットを飛ばしたのが、1995年に発売された『Windows 95』だ。

その『Windows 95』の起動音をアコーディオンで再現する男性が現れた。動画で演奏シーンを確認すると……怪しい男性が登場して起動音を披露。繰り返し再生してしまう謎の中毒性を秘めていた。

続きを全部読む

懐かしすぎる!「Windows95からWindows10まで」の起動音をまとめた動画

1985年に「Interface Manager」というコードネームで登場した後、爆発的なヒット商品へと成長したマイクロソフト社の『Windows』。今やPC、タブレット、ゲーム機などなど、あらゆる端末にインストールされている世界標準のOSである。

これまで発売されてきた数あるバージョンの中から、今回は有名な「Windows95」から最近リリースされた「Windows10」までの起動音をまとめた動画をご覧に入れたい。さあ、再生ボタンを押して、懐かしのサウンドを要チェックだ!

続きを全部読む

【動画】「ソリティア」の生みの親が開発秘話を赤裸々告白! なんと現在はアップルに関わる仕事に!!

1990年発売の「Windows3.0」に初搭載され、現在も世界中で愛され続けている、ソリティア。画面上のトランプで数字や柄を詰めていくお馴染みのカードゲームだ。

今回は、そんなソリティアの生みの親のインタビュー動画をご紹介したい。様々な開発秘話が聞けると同時に、なんと現在は「アップル」に関わりながら働いているという近況も知ることができるぞ。

続きを全部読む

謎の男「ウィンドウズ95マン」が本当に日本に来たーッ!! どんなヤツかわかんないのにお客さん続々ッ!

以前の記事で紹介した、謎の男「DJ ウィンドウズ95マン」。その正体は謎のまま、ついに日本に上陸したぞ!

2015年11月20日、東京・新宿歌舞伎町のBe-Waveでイベントに参加するとの噂を聞きつけ、私(佐藤)は現場に急行! 開場前に彼との接触に成功した! 実際に会った彼は……、めっちゃにこやかで優しい人だった!! DJ ウィンドウズ95マン、超イイ人やん!

続きを全部読む

Windows10アップグレード記念で発売された10段ソフトクリームがマジでデカすぎる! 東京・中野デイリーチコ

いよいよ「Windows10」の無償アップグレードが開始された。これを記念して、かなり意外なお店がコラボ企画をスタートしている。そのお店は、東京・中野のソフトクリームとさぬきうどんのお店「デイリーチコ」だ。

デイリーチコといえば、特大ソフトクリームで有名なお店。なぜそのお店がWindows とコラボ!? まあとにかく、通常8段のソフトがお値段そのまま480円で10段にアップグレードできるぞ! ただし、勘違いしている人も多いようなので、オーダーをするときの注意をお教えしよう。

続きを全部読む