6月1日、携帯各社が短文を送受信するサービス「ショートメッセージサービス(以下:SMS)」の事業者間接続を可能にすると発表した。これにより7月13日から、同一の携帯電話会社でしか利用できなかったSMSが、異なる会社間で送受信できるようになる。

SMSの事業者間接続に参加するのは、「NTTドコモ」、「KDDI」、「沖縄セルラー」、「ソフトバンクモバイル」、「イー・アクセス」の5社だ。各社の発表内容を以下にまとめた。
 
続きを全部読む