世界で最もハードなコース「インカトレイル・トレッキング」を視覚障害者の男性が初めて達成!! 4日かかる道のりを1日で制覇!

自分の目が見えなくなってしまったら、どれだけ出来ることが制限されてしまうか想像してみてほしい。車の運転もできなくなるし、テレビや映画も、映像を楽しみながら視聴することはできない。だが、ある視覚障害者の男性は、そんな自分のリミットを押し広げるために、世界で最もハードなコースだと言われる、南米のインカトレイル・トレッキングに挑戦したのだ!

普通なら4日かけて歩くトレッキングコースを、なんと、彼は1日で制覇してしまったというのである!! 常に、自分の限界にチャレンジし続ける彼のストーリーから、きっと学べることがあるのではないだろうか。

続きを全部読む