「イラスト」にまつわる記事

猛烈にキュートなジブリ版『かいじゅうたちのいるところ』が海外で話題に!! 海外の声「素晴らしすぎるコラボだ」

1963年に出版され、世界中の子どもたちに読まれ続けている絵本『かいじゅうたちのいるところ』。日本でも絶大な人気を誇るこの絵本に、ある日本風のアレンジを加えたイラストが現在海外のネット上で大きな話題になっている。

海外アーティストJustin Hillgroveさんが描いたその『かいじゅうたちのいるところ』イラストには、なんと! あの『スタジオジブリ』のキャラクターたちが登場しているのだ!! ナニーーーッ!

続きを全部読む

子どもに見せちゃダメ!? 「もしディズニーの “悪者” がハッピーエンディングを迎えていたら」を描いたイラスト集

見ているとついつい胸躍る、なんとも素敵な世界を描いたディズニー作品。きっと多くの方が子どもの頃、「こんな世界で暮らしてみたい!」と一度は夢見たことがあるだろう。

しかしそうやって夢を抱けるのも、すべてのディズニー作品がハッピーエンディングで終わっているからなのだ。もっと厳密に言うなら、優しくて美しい主人公たちがハッピーエンディングを迎えているから。

続きを全部読む

田辺誠一の描いたマツコ・デラックスが完全に「ジャバ・ザ・ハット」な件 / 有吉は猿

Twitterで指折りのフォロワー数を誇る俳優の田辺誠一さん。彼は以前からさまざまなイラストを投稿しているのだが、最近とある有名芸能人の似顔絵を投稿し、注目を集めている。その人物とは、毎日のようにテレビに出演しているマツコ・デラックスさんだ。田辺さん自身は「マツコ・デラックスさんの絵を描いてみました!」(Twitterより引用)としているのだが……、これはどう見ても、映画『スターウォーズ』に登場するジャバ・ザ・ハットではないだろうか?

続きを全部読む

あの頃に戻りたい! ヒーローごっこしている子どもたちをキュートにカッコよく描いたシルエットイラスト集

誰しも子どもの頃、憧れのヒーローというものがいたことだろう。そしてそのヒーローにちょっとでも近づくため、変身グッズを自分で作ったり、必殺技を猛練習をしたりするというのは、子どもの時に誰もが通る道。

そんな子どものヒーローへの憧れ、そして子どもが持つ真っ直ぐな心を見事に描いたイラストが、現在海外で大きな人気を博している。

続きを全部読む

きっちり140文字! Twitter向けのアスキーアートがなかなか秀逸

皆さんは「アスキーアート」という言葉をご存知だろうか? これはテキストを使って描かれた絵のことであり、「文字絵」や「テキストアート」とも呼ばれている。海外のイラストレーターがこれを使って、さまざまなキャラクターを描き話題を呼んでいる。しかもTwitterの文字制限、140文字にきっちり収まるようにデザインしているのだ。これはなかなか秀逸。できることならマネしたいッ!

続きを全部読む

C.C.Lemon擬人化プロジェクト開催中! 奇抜な作品に思わず笑った

サントリーは2012年7月3日に、清涼飲料「C.C.Lemon」の新しい仲間「ストロング」を発売すると発表した。それと同時に、5月28日よりイラスト投稿サイト「pixiv」と連携して擬人化キャラクターの公募を開始している。

開始からわずか3日で投稿数は600作品にものぼっている。応募作品はpixiv内で閲覧することが可能なのだが、それを見ると愛らしい女性キャラが多いなかで、奇抜な作品も見受けられる。これがなかなか面白いのでご紹介したい。

続きを全部読む

まさに人を楽しませる天才! お笑い芸人「バカリズム」が描いた音楽PVのイラストが素晴らしすぎると話題に

現在ある音楽PVがネットで話題になっている。収録されている音楽が素晴らしいから? もちろんそれもあるのだが、それ以上に、PVのイラストがオモシロ過ぎると話題になっているのだ。

RAM RIDERが作詞・作曲を手がけた「HELLO starring ORANGE RANGE」という曲のPVには、人気グループORANGE RANGEの美しい歌声が収録されているのだが、音楽と同時に進められていくイラストが実にスゴイ!

続きを全部読む

9の段階別に見る日本式キャラクターの描き方

マンガ大国ニッポン! デフォルメ大国ニッポン! 今回は、海外サイトにアップされていた大変興味深い画像をご紹介したい。

その画像とは、「9の段階別に見る日本式キャラクターの描き方」だ。モチーフは女性の顔。リアルな描写から究極のデフォルメキャラまでを1~9の段階別に描き分けられている。

続きを全部読む

カッコイイ!  スペインのイラストレーターの描いた「聖闘士星矢」がカッコよすぎる!!

2011年12月、日本を代表するアニメーター荒木伸吾氏がこの世を去った。彼の名を知らなくても、彼の作品を見て育った人は多い。『キューティーハニー』、『魔女っ子メグちゃん』、『ベルサイユのばら』など、彼の携わった作品は名作としてしられている。

なかでも、1986年から放映された漫画家車田正美先生の『聖闘士星矢(せいんとせいや)』は、自他ともに認める代表作となった。同作のファンは日本だけに留まらない、海外でも高い支持を受けている。したがって、荒木氏の訃報は海外ファンにも衝撃を与えたのである。

そんなファンの1人が2012年1月に、彼の功績を称えて同作のイラストをインターネット上に公開したイラストレーターの彼が描いた主人公の星矢からは、作品に対するリスペクトがひしひしと伝わってくるのである。

続きを全部読む

アイデアあふれる世界にひとつだけの漫画プロポーズが素敵!

10組のカップルがいれば10通りのプロポーズがある。みな一大決心をしてそれぞれの方法で愛の告白をするのだが、いま海外サイトでは、ある男性の行ったプロポーズがイケてる! と話題だ。

続きを全部読む

大手ファーストフードチェーンのあのキャラクターと、絵本でお馴染みのあのキャラクターが、もしもガチンコで勝負する格闘ゲーム(以下:格ゲー)が存在したら、あなたはどのキャラを選ぶだろうか? そんな奇想天外な妄想を形にしたイラストが注目をお集めている。普段は愛くるしい姿をしているキャラたちが、まるで冷徹な鬼と化して生死を競う……、想像しただけで夜も眠れなくなってしまいそうだ。

続きを全部読む

伝説の天才少女漫画家「満利林(マリリン)」先生(58)から新作イラストと読者に向けた衝撃的メッセージが届く

ほとんど半世紀前に描かれたスパイ漫画『アクションガールズ』が公開され、多くの読者に強い印象を残した伝説の天才少女漫画家「満利林(マリリン)」先生(58)

現役漫画家の実母であるということよりも、独創的なタッチと「まさかのオチ」、そして「10歳のころに描かれた」という才能が大きな話題となっていた。

そんな満利林先生から、当編集部に1通の封書が届いたのだが……中を開けると衝撃的な事実が待ち受けていたのである!

続きを全部読む

うまく絵が描けないときはGoogleで「How to draw ○○○」で画像検索すると参考書がわりになる / しかもタダ!

お絵描きは楽しい。自分の思い通りに描けたときは、なんともいえぬ幸せな気分になる。逆に、思い通りに描けないときは非常に悔しい。いや、普通は思い通りに描けないほうが圧倒的に多いはずだ。

そんな時に参考になるのが、「○○の描き方」などの参考書。描き方を知ってさえいれば、そこそこ上手く描けるものである。だがしかし、実はもっと簡単な方法がある。それは検索サイトGoogle(グーグル)で、「How to draw ○○○」と入力し、画像検索するだけだ。

続きを全部読む

中国人アーティストの秀逸なアレンジイラスト

日本だけでなく海外でも人気のあるキャラクターのドラえもん。1969年に漫画連載がスタートして以来、現在までに漫画・アニメ・映画で多数の作品が公開されている。そのドラえもんをベースに、さまざまなキャラと融合させたイラストが話題を呼んでいる。これは、中国人アーティストが自身のブログで公開しているもので、海外の漫画・ゲームファンから高く評価されているのだ。

続きを全部読む

エクセルで描かれたCG風味のイラストが話題

「エクセルってどんなソフト?」と聞けば、ほとんどの人が「表計算ソフト」と答えるだろう。だが、この広い世の中にはエクセルを使って美しいイラストを描く絵師が存在するのをご存知だろうか?

中国で、エクセル使いの絵師が発表したCG風味のイラストが紹介され、その完成度の高さに人々がド肝を抜かれている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5