6日に発生したイタリア中部での地震による死者は現在少なくとも294人、4万人以上の人々が家を失ったとされている。この被災に対する報道は連日テレビや新聞にて報道が続けられている。

そのうちのひとつRai2(イタリア国営放送)にて放送された報道番組『ANNOZEROアンノゼロ』の4月9日分の内容について、政府から番組の停止勧告が出された。特に番組内で使用される風刺漫画の作者ヴァウロ氏には戒告通達が。この日の放送は、イタリア政府の耐震基準の甘さを鋭く解析して番組は終始し、それに対しての風刺漫画数枚がテレビに映し出された。この漫画が被災者への哀傷に欠けるとされたのだ。

続きを全部読む