「アマゾン」にまつわる記事

通称「女優ライト」ことLEDリングライトの効果はどうなのか? 使ってみたら一目瞭然! もうこれナシじゃ自撮りできぬ〜!!

もっと光を! もっと光を〜っ!! 女装した私(羽鳥 / レイちゃん)は、光がないと生きてはゆけぬ。全力で顔面に光を当てて、シワをはじめとした “見られたくないところ” をブッ飛ばしまくる。近頃は自撮りアプリの力を借りたりもするが、基本は「光」の力で乗り越えている。

そんな私が、“no光(のーひかり)” の状態で自撮り生配信をしていたところ、視聴者から「女優ライトを使ってみては?」との提案が。なによそれっ!? もしかして、輪っかのアレ? ソレを使えば、もっともっと……てな感じで、光の速さでポチ!! そして商品が届いて……

続きを全部読む

【助けて】子供のギャン泣きがひどいのでAmazonベストセラー1位『スワドルアップ』に泣きついてみた! イイって聞くけどホントに効くのか!?

もうとにかく生後2カ月の子供が可愛くて可愛くて仕方がないんだけど、ミルクをあげても おむつを替えても引くほど泣き叫んでいる時は、さすがの私(あひるねこ)も「正気かこの小坊主」なんてことを思ってしまうってばよ。頼む、誰か助けてくれェェェェエエエ!

そこでアマゾン “おくるみ” 部門ベストセラー1位の『スワドルアップ』という商品を試してみることにした。妻によるとかなり有名なベビーグッズらしいのだが、ぶっちゃけ効果はあるのだろうか? なかったら「無ぇ」って普通に書くけど、頼む、できれば効いてくれェェェェエエエ!!

続きを全部読む

【衝撃】アメリカAmazonがギターエフェクターを発売していたので買ってみた! バンドマンの感想「激安」

なんでも売っているAmazon。オンラインマーケットとして知られているが、プライベートブランドがあることはご存知だろうか? トップページを開くと、検索窓の下に「AmazonBasics」というタブがある。

ホーム・キッチン用品からオーディオアクセサリまで様々なものが並ぶAmazonベーシック。日本では音楽関連はオーディオアクセサリしかないが、アメリカのAmazonベーシックでは、なんとギターエフェクターが発売されている。ギタリストである私(中澤)としてはどんな音なのか気になりすぎた。

続きを全部読む

AmazonでAmazonの箱を買ってみた / 猫はせっかく買った猫グッズよりも梱包のダンボール箱を100%気に入る説

天井まで届くキャットタワーよりも、人間の家具並み価格のふかふか猫ベッドよりも、梱包の箱を気に入る生き物……それが猫。ダンボール箱に入って満足げに見つめてくる猫のかたわら、汗をかきながら遊具を組み立てたことは1度や2度ではない。

とりわけAmazonの箱は適度な大きさで大人気である。これが家電の箱などになると大きすぎて秘密基地感もなく、どうも楽しくないらしい。

わかった。そんなに箱が好きなら、箱を買おうじゃないの。

続きを全部読む

【プライムデー注意】Amazon購入商品に入っていた「〇〇が当たる」「おめでとうございます」ギフト券…その正体は

年に1度の大セール、Amazonプライムデーが先日行われたが、筆者も例にもれず大いに散財した。前から欲しかったものはもちろん、衝動買いでよく調べもせずポチったものもあるのだが……その中の1つの商品に、怪しげなカードが入っていた。

なんでも購入のお礼に素敵なプレゼント、またはAmazonギフト券をくれるという。これが本当に「購入のお礼」なら疑って申し訳ないのだが、悪い予感しかしない。どういうことか詳しくお伝えしたい。

続きを全部読む

【衝撃】Amazonで買った「1円下着」を女子につけてもらった結果 → ガチでギリギリすぎてお蔵入り寸前に…! でも特別に大公開!!

ありとあらゆるモノが手に入るAmazon。そのぶん値段もピンキリで、たまに本気なのかよく分からないくらい高額な商品が出品されていたりする。それと同時に、ちょっと考えられないような安い商品もあったりするので、眺めているだけでけっこう面白い。

つい先日も驚くべきアイテムを発見してしまった。女性用の下着が、なんと1円で売られていたのだ! い、1円ンンンンンン!? 別に1円玉をバカにするワケではないが、いくらなんでも安すぎでは……? そこで実際に購入し、女性記者につけてもらうことに!

続きを全部読む

Amazonのタイムセールが7月24日から始まるが…「事前にカートに入れた商品はポイントアップの対象にならない説」があるので、Amazonに直接聞いてみた

2020年7月24日午前9時から、Amazonのタイムセール祭りが始まる。期限は同月26日の23時59分まで。その間に税込1万円以上の買い物をすると、最大5000ポイントが付与されるとのことだ。

Amazonでは1ポイント1円で利用できるから、実質最大5000円の商品券が手に入るようなもの……と言われなくても、過去に何度も似たようなキャンペーンが開催されているので、慣れた人なら時期だけ押さえておけば十分だろう。

ただ、意外と仕組みがややこしいのが、Amazonタイムセール祭りでもある。慣れていないと、「買いまくったのにポイントアップになってなかった〜。ただ浪費しただけじゃん!」という事態になりかねない。そうならないために、やっておくべきことを紹介しておきたい。

続きを全部読む

【衝撃】Amazonで買った「貝殻ビキニ」を女子に着てもらった結果 → ギリギリすぎてお蔵入り寸前に…! でも特別に大公開!!

先日7月5日は、なんと「ビキニの日」だったらしい。マジかよ! そんな素晴らしい日をうっかり見逃してしまうとは……不覚である。というワケで、リベンジの意味を込めネットでビキニを探していたところ、なんとAmazonにて「貝殻ビキニ」を発見。嘘やろ! 実在すんのかよ!!

そこで今回は、この貝殻ビキニを当サイトの女性記者に実際に着てもらうことに。結論から言うとかなりギリギリだったため、本来なら記事の掲載を見送るところなのだが……「ビキニの日」をスルーしたお詫びとして、特別に大・公・開だァァァァアアアア!

続きを全部読む

【オゾン脱臭機】熱狂的な “オゾン消臭マニア” が独断と偏見で選ぶ「家庭用オゾン発生器」ベスト3

オゾン発生器(オゾン脱臭機)とは、文字通りオゾンが発生されるアイテムである。主な効用は「脱臭」だが、オゾン特有の香りもあるので「無臭になる」とは言い難い。しかし、そんなオゾンの世界にハマってしまった男がいる。私だ。

我が家にある「オゾン発生器」を数えてみたら、なんと7つもあった。うち1つは「オゾン機能付きシューズ乾燥機」なのでノーカンとしても、狭いワンルームの我が家に6つもの家庭用オゾン発生器が稼働していたのだ。はっきり言って狂っている。だが、せっかくなのでベスト3を選出したい。

続きを全部読む

Amazonで「マスク冷却用」として売られている扇風機ホルダーを使ってみた → 快適そのものだったが…

言うまでもなく、マスクやフェイスガードを着けていたら暑い。今でも十分暑いが、これからますます暑くなっていくだろう。何とかならないものだろうか? せめて少しでも、マスク装着時の暑さを和らげられたら……。

──と思ってAmazonを見ていたところ、面白い商品を発見した。Amazonに記載されていた商品名を全て書くと「マスク冷却用 携帯扇風機 ホルダー 「首もと 冷却タオル ファン 抱っこホルダー」携帯扇風機とタオルは別売」という。

長いのが気になるが、もっとも気になるのは「マスク冷却用」の部分だろう。これはつまり、使用することでマスクを冷やせるということなのだろうか? 確かめるために、実際に購入してみたところ……ほぼほぼ期待通りだったので紹介したい。

続きを全部読む

【配線スッキリ】アマゾンとダイソーで売っている「ケーブル結束バンド」の使用感を比較してみた!

テレビの裏やパソコン周りなど、家には配線が多くてなかなか綺麗にまとまらないという箇所がよくあるが、そんな時に大活躍するのがケーブル結束バンドだ。

100円ショップからネット販売まで至る所で安く手に入る便利アイテムだが、その性能に違いはあるのだろうか? 気になったので、ダイソーとアマゾンで購入し、実際に使用感を比較してみた!

続きを全部読む

【レトロフューチャー】在宅で仕事にメリハリがつかない人にオススメしたい置き時計「フリップスタンドクロック」

在宅で作業をしていると、どうしても時間の感覚があいまいになってしまう。自宅であるがゆえ気が緩み、集中して作業をするのが難しい。少なくとも私(佐藤)はそうだ。編集部で誰かと一緒に仕事をしていればメリハリがつくのだが……。気がつけば1時間2時間を平気で空費してしまう。

よく考えたら、この部屋に置き時計や掛け時計の類がない! だから時間感覚があいまいになるのか。そこで私はとても見やすい時計を購入した。それは、昔馴染みのあの “パタパタのアナログデジタル時計、スタンド型の「フリップクロック」である。これがあれば、時間を無駄にしない! はず……。

続きを全部読む

【衝撃】コスパ最強エナジードリンク『サバイバー』が完全無欠すぎて震えた! 安くてウマい上にカフェイン量はレッドブル以上…!!

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! 今回はちょっとヤベーぞ。最高峰のコスパを誇る激烈エナドリのお出ましである! 絶対見逃さないでくれ。

先日アマゾンでエナジードリンクを物色していたところ、富永食品の『サバイバー』って商品を発見したんだ。まあなんとなく知ってるエナドリだったんだけど、飲んだことなかったんで試しに買ってみたんだよ。そしたら……マジでビビったね。最強すぎんだろコレ。

続きを全部読む

『北斗の拳』とコラボしたプロテインを購入したら怒りの電凸をする事態が発生 → 大逆転でハッピーエンドに

てめえらに今日を生きる資格はねぇ──。あの『北斗の拳』の名セリフを実生活で叫ぶ日が来るとは思わなかった。それくらい怒りに震えたということである。

物騒な書き出しで恐縮だが、今回は少し変わったフレーバーのプロテインをレビューしてみるという記事です。その名もズバリ「北斗の拳 明日への種モミ風味」。どんな味か気になるでしょ?

しかし筆者の元に送られてきたのは、味はともかくプロテインとしては致命的に使えない製品。これは怒りのコラム待ったなしかと思われたが、問い合わせた結果ハッピーエンドが待っていた!

続きを全部読む

【また会えたね】新幹線のグリーン車でもらった「ブ厚いおしぼり」が忘れられないのでアマゾンで買ってみた / 日清紡『めんですおしぼり』

昨年9月。齢33にして(当時)初めて新幹線のグリーン車に乗った私(あひるねこ)がもっとも驚いたのは、座席間隔の広さでもなくリクライニングの深さでもなく、おしぼりのブ厚さであった。あの圧倒的なまでの厚みは、おしぼりの概念を根底から覆すと言ってもいい。

以来、私は心のどこかでグリーン車で知り合った、あの魅力的なおしぼりを求め続けてしまっている。他のおしぼりで手を拭きながらも、脳裏に浮かぶのはグリーン車特有の色温度が低い照明だ。頼む、もう一度だけでいい。アイツで手を拭かせてくれ……。

続きを全部読む

仕事してると腕が超痛いので「エルゴノミクス(人間工学)マウス」を買ってみた結果 → 汎用ヒト型決戦兵器みたいになった

なんかもう当たり前のことすぎて忘れてたけど、手首から肩にかけてが超痛いんだってばよ! パソコンで作業していることが多いので、仕事してると超痛いんだってばよ!! いったん気になると余計に痛いってばよ! 誰かヘルプ!!

痛みを解消するため、これまで「トラックボールマウス」を買ってみたりマウスパッドを変えてみたり、様々やってみたってばが結局意味ないってばよ。そこで今回は、「エルゴノミクス(人間工学)マウス」とやらを試してみるってばよ。さっそく開封! ってばよ。

続きを全部読む

【報告】アマゾンから「置き配」実証実験の案内メールが届きました / 1月27日より順次スタートとのこと

2020年1月23日、メールをチェックしていたら差出人に「Amazon.jp」と書いてあるのを見つけた。あれ? アマゾンで何か買ったっけな? と一瞬思ったが、よく見ると件名には「アマゾンの商品に関する『置き配』実証実験のご案内」とある。

何だこれは。まさかアマゾンを装った新手の迷惑メールか? リンクを踏んだら妙なサイトに飛ばされるかも? よし、とりあえず開いてみよう。

続きを全部読む

【衝撃】Amazonで買った「0円ビキニ」を女子に着てもらった結果 → ギリギリすぎてお蔵入り寸前に…! でも特別に大公開!!

メリーーークリスマァァァァス! 今日は皆さんにクリスマスケーキみたいな甘~い記事をお届けするぞ! プレゼント代わりに受け取ってくれよな!! ただし、できれば一人きりの時に読んで欲しい。なぜならいつもよりちょっと過激な内容だからだ。ムフフ……。

先日 Amazonを見ていたら、とんでもない商品を発見してしまった。一見すると普通の女性用ビキニだが、驚くべきはそのお値段。そう、なんと0円なのである! な、何ィィィィィイイ!? さっそく購入してみた私は、このビキニを女性記者に着てもらうことに!

続きを全部読む

【たばこニュース】Amazon禁煙サポート用品1位! ニコチンゼロのスティック「ニコレス」を吸ってみた!

たばこをやめる気など、サラサラない私(佐藤)。たとえ時代がたばこを奪おうとしても、最後の1本まで吸い続けることを、ひそかに心に誓っているニコチン大好きおじさんである。しかしながら、もしかしたら自分を騙しながら禁煙できるのではないか? そう思える商品を発見してしまった。

それはアマゾンの禁煙サポート用品のカテゴリー1位を獲得している代物である。「ニコレス」はブレードタイプの電気加熱式たばこデバイスで吸えるスティックである。その名の通り、ニコチンレスでニコチンゼロ! たばこのようでたばこじゃない!! 実際に吸ってみたぞ。

続きを全部読む

【Twitterの闇】「コンテンツ販売」をかたってAmazonギフト券のコードなどを奪う詐欺が横行 / 被害が明るみにならない訳

以前の記事で、Twitterにひそむ “闇の一部” についてお伝えした。裏アカウントをよそい、条件を提示して出会いをほのめかすアカウントが存在する。それだけでも十分危険なのに、裏アカウントの秘匿性を逆手にとって、詐欺行為を行うアカウントも存在するのである。

今回は「コンテンツ販売」をかたるアカウントにDMを送って、購入の希望を示し、Amazonギフト券のコードを伝えた後に、逃亡を図られるまでの一連の流れをお伝えする。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7