「アバター」にまつわる記事

自分が『ワンピース』のオリジナルキャラになって年賀状を送れるサービスが胸熱! 新年の顔におれはなるっ!!

つい先日、ハロウィンで大騒ぎしていたと思えば、世の中はすでにクリスマスムードだ。しかし、ウカウカしていられないぞ。クリスマスが来るということは、年の瀬が迫っているということ。2017年も、すぐソコまでやって来ているということだ。つまり、アレの準備をしなければならない。そう、年賀状の準備を。

年賀状って作るのが面倒……。そう思う人もいるかもだが、きっと今年は送りまくりたくなることだろう。なぜなら『ワンピース』のオリジナルキャラを作って、年賀状にはめ込めるサービスが行われているのだ! しかも、そのまま年賀状注文まで可能とのこと。これはやるっきゃない!

続きを全部読む

【やってみて】おそ松さん風にアバターが作れる「まつメーカー」が話題 / GLAYのTERUさんらも挑戦してるゾ!

2015年10月から半年間の放送であったものの、ある意味で伝説的な人気を博したアニメ「おそ松さん」。放送終了後も女性誌の表紙を飾るなど、まだまだおそ松さんブームは終わる気配がない。

そんなおそ松さんは親しみやすいキャラクターたちも人気のひとつだが、おそ松さん風のアバターが作成できる『まつメーカー』なるサービスが話題になっているという。なんでもGLAYのTERUさんをはじめ、多くの著名人もチャレンジしているようだ。

続きを全部読む

自分だけのスヌーピーキャラが作れる『スヌーピーキャラクターをつくろう』がリアル! ロケット編集部をモデルに作ってみたゾ

以前の記事で、さくらももこ風キャラを作成できる『いもいもダンスメーカー』の紹介をした。何をどうやっても、さくらももこタッチになる似顔絵が何とも可愛らしかったが、今度は自分だけのスヌーピーキャラができる『スヌーピーキャラクターをつくろう!』が登場したそうだ! 

これは、2015年12月4日公開予定のCG3D映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』に合わせたもので、映画と同じくCG3Dならではのリアルな立体感のパーツがたくさん。これまでのアバター作りと一味違うぞ! さっそくロケットニュース24でも編集部メンバー6人をモデルに作ってみた!!

続きを全部読む

さくらももこ風キャラを作成できる「いもいもダンスメーカー」が可愛い! ロケット編集部メンバーをモデルに作ってみた

『ちびまる子ちゃん』でお馴染みの漫画家・さくらももこさん! 皆さんは、さくらももこさんイラストの似顔絵メーカーがあるのをご存知だろうか?

それは、“みんな大好きポテトチップス” でおなじみカルビーの「大収穫祭2015」の特設サイト。さくらももこさんによるキャラクターアイコンを作成できる「いもいもダンスメーカー」がスタートしたのだ!

果たして、誰でもさくらももこさんタッチの顔になるのだろうか? さっそくロケットニュース24でも編集部メンバーの中から6人をモデルに作ってみた

続きを全部読む

サンリオ風にキャラを作成できる「ちゃんりおメーカー」が面白い! ロケット編集部をモデルに作ってみたゾーー!!

以前の記事で、独特の可愛らしいデザインが人気の「パンソンワークス」風にアバター作成ができるアプリ、『SAY,PEOPLE!』 をご紹介した。人によって似たり似なかったり様々だったが、今回ご紹介するのは「サンリオ」風のキャラが作成できる『ちゃんりおメーカー』だ!

こちらはアプリではなくネット上のサービスなので、ダウンロードすることなく手軽に楽しめる。果たして、どれくらいのクオリティのキャラが出来上がるのか? 試しにロケットニュース24編集部をモデルに、合計5名分作ってみたのでご報告するぞ!

続きを全部読む

独特のデザインで有名な「パンソンワークス」からアバター作りのアプリが登場 / 試しにロケット編集部をモデルに作ってみた

可愛らしい独特のデザインで有名な「パンソンワークス」。これまで様々な漫画やキャラとコラボしているから、名前は知らなくても見れば「あのデザインね」となる人は多いはずだ。その「パンソンワークス」から、アバター作りのアプリがリリースされたとの情報をキャッチした。

これまでコラボしてきた、ワンピースやキン肉マン、ジョジョの奇妙な冒険などは、いずれもパンソンテイスト満点に仕上がっている……ならばアプリはどうなのか? そこでロケットニュース24編集部をモデルに、実際にアバター作りをしてみたのでご紹介したい。

続きを全部読む

【大人の事情】英語学習サービスが『アバター』や『燃えよドラゴン』の映画の画像を勝手に自作 → 全く似ておらず作品から遠ざかる結果に

映画作品は何かと権利に厳しい。作品の映像や画像を無断で使うことは、ほとんどの場合許されない。そんな「大人の事情」に真正面から立ち向かう英語学習サービスが存在した。

英語学習サービス「iKnow」はホームページ上で映画の画像を使用したいと考えていたようだ。しかし画像を勝手には使えない。そこで自作したのである。しかし……その出来栄えがはっきり言ってひどい! 作品のイメージを伝えるはずが、かえって作品から遠ざかってしまっているのだ。

続きを全部読む

お笑い芸人・渡辺直美を笑かすため『ザ・プライムショー』アバターを作ってみた

このたび登場したあるアプリが、テレビ放送の新しいカタチを築こうとしている。その新時代アプリとは、未来型ニュース番組『ザ・プライムショー』へのアバター参加を可能にするアプリである。

『ザ・プライムショー』とは、WOWOWプライムにて平日夜7時から無料で生放送されているテレビ番組のことであり、最大の特徴はなんといっても日本初の視聴者アバター参加!

続きを全部読む

【映像公開】ジェームズ・キャメロン監督が人類初のマリアナ海溝単独探査に成功キター! 監督「エビくらいしかいなかった」

科学の進歩はとどまるところを知らない。人類はそのテクノロジーにより地球の外にまで到達してしまった。もうすでに「発見」の時代は終わったといわれて久しい。だが、地球上にまだ誰一人足跡さえつけていない場所があるのをご存じだろうか? そう、地球上でもっとも深い場所「マリアナ海溝」である。

最深部は1万メートル以上! 世界最高峰のエベレストでさえ約8800メートル。エベレストを入れてもまだまだ足りないくらいの深さだ。そのマリアナ海溝へ『タイタニック』や『アバター』で知られるジェームズ・キャメロン監督が、人類初の単独探検に出発し無事に帰還を果たした。その映像が公開されたぞ!

続きを全部読む