動物園の猛獣脱出対策訓練で「ゴリラスーツを着た従業員が本物と間違われて麻酔銃を撃ちこまれる」事故が発生! → 実はデマだったことが発覚

我々が動物園で楽しく過ごせるのは、猛獣を世話する従業員たちの並々ならぬ努力あってのことである。そんな彼らの仕事のひとつとして、猛獣脱出対策訓練は欠かせない。しかし「ゴリラスーツを着た従業員が連絡不備により、本物と間違われて麻酔銃で撃たれる」という “トンでも事件” が起きたのニュースが話題となったのだが、実はデマだったことが発覚し、さらに大きな話題を呼んでいるのだ!

続きを全部読む