「アスリート」にまつわる記事

【納得】『アスリート報道量ランキング2018』が発表される → 大谷翔平を抑えて1位に輝いたのは…

とてもあたり前の話だが、有名人はテレビやインターネットで見かける機会が多い。特に現役アスリートたちの活躍は各種メディアで大きく報じられ、我々に勇気を与えてくれる。では昨年、もっとも報道量の多かったアスリートが誰かおわかりだろうか?

平昌オリンピックやサッカーワールドカップが開催され、MLBでは大谷翔平が世界中に衝撃を与えた2018年。いわばスポーツ界の当たり年だった昨年、もっとも報道量の多かったアスリートとは……。

続きを全部読む

【レベル高すぎ】いま台湾で最もセクシーな “イケメン双子アスリート” がこちらです

美女やイケメンの宝庫としても知られる台湾。先日、台湾サイトをパトロールしていた際、「いま大変セクシーな双子が世間をにぎわせている」という情報をキャッチした。

フムフムと見てみると……こ、これは!! レベル高すぎィィィィ! その色っぽさは、ママに見つかったら大変気まずくなるほど。え、ええんかコレ? そんな魅力大爆発な双子は「世大運排球Twins飄腐味 寫真全裸戳奶頭」で確認できる。

続きを全部読む

一体何を競うの!? この世には「大麻オリンピック」なるものが存在するらしい

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックまで、あと3年。これから開催に向けて徐々に盛り上がりそうな気配を見せているが、オリンピックといえば、メインの五輪に加えて冬季オリンピック、さらには国際数学オリンピックなんてものもある。

そして、そこへ新たに「大麻オリンピック」なるものが加わった(?)という。では、「一体何を競うの!?」とツッコミを入れたくなってしまうような祭典について、紹介することにしたい。

続きを全部読む

ニッポン男子水球チームがイイ男ぞろいと海外で話題! 「イケメンすぎるアスリート」に選出される

突然だが皆さん! 「イケメンなアスリート」と聞いて、いったい誰を思い浮かべるだろうか? リオ五輪では体操の加藤凌平選手らの名前があがったが、いま開催中の国際的なスポーツ大会である競技の日本代表がカッコイイと取り上げられている。

それは、“ポセイドンジャパン” こと男子水球チーム! 強くたくましいイイ男軍団であると熱い視線が送られているのだ。 

続きを全部読む

ツール・ド・フランスに出場した選手の「脚」がヤバい / 血管が破裂しそうなほど浮き出て過酷さを物語る

女性のなかで、「男性の血管を触るのが好き~!」という血管フェチの人はいるのではないだろうか。かくいう筆者も、男性の浮き出た血管に萌えてしまうタチなのだが、そんな血管フェチでもビビりまくってしまう画像がネットで話題になっている。

そう、世界一過酷とも言われる自転車レース「ツール・ド・フランス」に出場した選手の脚の血管が、今にも破裂しそうなほど浮き出て超~っヤバいのである!

続きを全部読む

走り幅跳びの選手のカツラが競技中に吹っ飛ぶ瞬間が激撮される

カツラを被る人はハゲを隠したいとか、単に違うヘアスタイルを楽しみたいとか理由はそれぞれだと思うが、やはり着用していたカツラが、人前で取れてしまったら恥ずかしいのではないかと思う。

まさに、そんな目に遭ってしまった女性アスリートがネットで話題になっている。なんということか、彼女は走り幅跳びの競技中にカツラが吹っ飛び、その様子をテレビで中継されてしまったのである!

続きを全部読む

【世界美女アスリート探訪】女子バレー・ジュニアのカザフ代表サビーナ選手が美脚美人だと大注目!! 脚の長さはなんと120センチ

2014年7月16日~24日の日程で、台北で行われている第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会。U-19の若き選手たちが戦う今大会で、日本代表は20日に台湾チームを下し、E組を首位通過。

22日には準々決勝であるカザフスタン戦が行われたのだが……その対戦チームに、大変な美女がいると注目されているのである! その選手の名はサビーナ選手。天使のような愛らしい顔に、120センチという驚異の美脚の持ち主なのだ。

続きを全部読む

「チームで信頼関係を築くためには男性の“アレ”が重要」と研究者が主張 / ビッグサイズからは仲間意識も

最近は、日本人アスリートが海外に活躍の場を求めることが多くなった。中には、インテルの長友選手のようにチームメイトとコミュニケーションをバッチリ取り、ピッチ内外で自分のポジションを確立した人だっている。

その様子をニュースなどで見て「スポーツを通して、自分も海外の選手と仲良くなりたい!」と思っている人は多いだろう。そんな人に朗報……かもしれない。1人の研究者が、衝撃的な研究結果を発表した! その内容はなんと、男性アスリートがチームで信頼関係を築くために、男性の象徴である「アレ」が重要と言うのだ!!

続きを全部読む

極度の緊張感のなかで、最高のポテンシャルで出すために、トップアスリートたちはさまざまな工夫を行っている。音楽を聞いて集中力を高めるのもそのひとつ。ロンドン・ブルネル大学の専門家は、一般の人でも簡単に取り入れることのできるプレイリストの使い方を提唱している。これに基づいてプレイリストを制作すれば、普段よりもアクティブに運動できるかもしれない。

『インサイド・スポーツ・サイコロジー』の著者であり、同大学で音楽と精神の働きを研究しているコスタス・カラジェオーヒス博士は、「音楽は力と興奮を高め、緊張や疲労を軽減する効果がある」と話し、「ビートは持久力を強化する」と運動時に音楽を聞くことの重要性を説いている。

続きを全部読む

オーストラリアの美少女アスリートの試合前パフォーマンスがとってもプルプル! セクシー&キュートだと話題に

人類の肉体の限界に挑み続ける陸上競技。厳しいトレーニングを積み、調整に調整を重ね、パーフェクトなコンディションで試合に臨む選手たち。勝負を決めるのは、あとはどれだけ気持ちを高められるかである。

陸上選手が雄たけびを上げたり、観客に手拍子を求めたりする姿はよく見られる。先日、スペインのバルセロナで行われたジュニア陸上選手権に参加した美少女選手は試合直前に軽くダンスをした。とびきりの笑顔。そしてダンスがプルプルしていてちょっぴりセクシー。めちゃくちゃ可愛いと話題になっている。

続きを全部読む

こんなの誰も見たことない! 中国の陸上選手が見せたすさまじい走りに世界が驚愕

4年に1度のスポーツの祭典が間近に迫り、世界中の人々がアスリートたちの熱き戦いを心待ちにしていることだろう。世界レベルの身体能力や諦めずに戦い抜く精神力、そして彼らが見せるスポーツマンシップは人々の胸を熱くする。感動と興奮の夏がもうすぐ始まるのだ!

そんななか、中国で行われた大学生による陸上競技大会でとてつもない選手が現れ、世界が驚愕の渦に包まれている。彼が出場したのは110メートルのハードル走。その時の様子は、動画「Chinese University Games hurdler destroys everything in path, does not care」で確認できる。

続きを全部読む

美人すぎる女子大生ボクサー伊藤沙月選手がまさかのアニメ化! エイサーとプロダクションI.Gが強烈コラボ

それぞれの頂点を目指し日々努力している女性アスリートは美しい。たとえばオリンピックを目指して練習を続ける伊藤沙月選手もその一人。彼女は“美人すぎる女子大生ボクサー” としても有名だが、なんと今回、まさかまさかのアニメ化が実現!

しかも、制作したのは『攻殻機動隊』や映画『キル・ビル Vol.1』のアニメパートなどを担当した超実力派アニメ制作会社、株式会社プロダクションI.Gなのだ。2012年ロンドンオリンピックの公式パートナーであるエイサーとコラボして、女子アスリートチーム「SUNRISE JAPAN」のメンバーを次々とアニメ化しているのである。

続きを全部読む