カフェ客「お湯だけで330円!? ぼったくりだ!」と激怒 → 店長から丁寧な説明 → その反論が見事だと話題に

「お客様は神様です」との言葉があれど、やはり客も店員も人間同士。イザコザが生じてしまうこともあるものだ。今回もあるカフェの価格設定を巡って、客と店員の間で熱い “意見の交換” が行われた。

1人の客が「1杯のお湯を頼んだら、こんなに請求された。ボッタクリだ!」と口コミサイトに怒りの投稿をしたところ、店長が「説明しましょう」と反論。するとネット上で「店長の切り返しが見事だ!」と話題になったという。さて、店長はどんな説明をしたのだろう?

続きを全部読む