【感動動画】宮城県の生協が作ったアニメ『トマトになった男の子』がちょっと泣ける / 生産者の優しさも分かるストーリー

最近は品種改良も進み、美味しい野菜が増えてきたので以前と比べ“野菜嫌い”の子供は減ったイメージがある。だが、やはり「トマトの青っぽさがダメ」だったり「ピーマンの苦味がダメ」という子供を持っているお父さんやお母さんはいるだろう。

筆者自身も子供のころは、給食を残さず食べるまでクラスのみんなを待たせたり、友達の皿に移動させたりしたものだ。ちょっと成長したかと思ったら、ホントは苦手なのに強がって、鼻をつまんで口に入れたり、噛まずに一気に飲み込んだりしてきた。

どうしても食べられない時はこぼしたフリをしたりして…野菜を回避してきた。今、考えると申し訳ない!ごめんなさい! そんな思い出がある人など、ぜひ多くの人へ観て欲しいアニメを、『トマトになった男の子』を宮城県の生協『みやぎ生活協同組合』が公開した。

続きを全部読む