「たつき監督」にまつわる記事

歴史に残る大炎上『けものフレンズ監督のクビ騒動』に当事者が言及! KADOKAWA代表とアニメプロデューサーがツイート

気づけば10月、2017年も残り3カ月である。マジかよ……年が明けたのもつい先日のような気がするんだけど。ひと足早く今年を振り返ってみると、個人的に最初に思いつくのがアニメ『けものフレンズ』である。1月から放送されてネットを中心に『けもフレ』旋風を巻き起こした。

10月3日現在、そんな本作が歴史に残る大炎上中であることはご存じの方も多いだろう。内部の情報が少なく、憶測が憶測を呼んでいる今回の炎上騒動。ついに、当事者が動き出したのでお伝えしたい。

続きを全部読む

Twitterは『トレンド操作』しているの? どうなのか聞いてみた! 担当「手を加えることがないとは言えません。 ただし……」

今年爆発的なヒットを遂げたアニメに、『けものフレンズ』が挙げられるだろう。この作品は、監督を務めた たつき氏の功績によるところが大きく、ファンは監督なくして作品はなかったことを認めている。第2期も当然たつき氏は制作に携わるものと思いきや、KADOKAWAの意向により制作から外れることになったという。

これにネットは大荒れ状態。特にTwitter上では、騒動に付随してある噂がまことしやかに流れている。それは、Twitterは「トレンドを操作している」のではないか? というものだ。はたして本当なのだろうか? その疑問をストレートにTwitterにぶつけてみた。

続きを全部読む

【動画あり】『けものフレンズ』のたつき監督が自主制作で新作12.1話「ばすてき」を公開! ニコ動に投稿したインディーズ作品の本数は104本に

2017年冬アニメの話題作と言えば『けものフレンズ』。先週3月28日に放送された12話で、この作品の第1期が大団円を迎えた。そして、春アニメに切り替わった4月4日、けものフレンズ難民のつぶやきにより「けものフレンズ13話」というワードがトレンドに入ったことは以前の記事でお伝えした通り。

当初は完全にジョークだったこのワードだが、『けものフレンズ』が放送されていた25時35分、事態は急転した。なんと、たつき監督がYouTubeとニコニコ動画に自主制作の新作「けものフレンズ12.1話『ばすてき』」を投稿したのである! 嘘から出たまこと!!

続きを全部読む