「じゃんけん」にまつわる記事

【器の差?】「クズ」と言われる芸人クロちゃんと、「神」と言われるホストローランドさんの決定的な違いはコレだ!

昨年話題になった人物といえば、お笑い芸人のクロちゃんは外せないだろう。すでに企画は終了したが、水曜日のダウンタウン(TBS系)の「モンスターハウス」で世間の注目を集めた。そしてもうひとり、バラエティ番組をきっかけに話題になった人物がいる。

ホスト界のカリスマ、ローランドさんだ。独特の世界観を持つ人気ホストで、テレビやTwitterでキレのある発言をして人気を博している。2人の違いは何なのか? 2人を象徴するそれぞれのコメントを発見したので、紹介したいと思う

続きを全部読む

【動画あり】ロシア人の「じゃんけん」がハード過ぎる / 勝者が敗者を全力でビンタ

グー・チョキ・パーで勝敗を決める「じゃんけん」。日本人にはすっかりお馴染みで、今やそれだけでイベントを開催するアイドルまでいる。ところでその「じゃんけん」、実は海外でも広く行われており、ルールは地域によって異なるのをご存知だろうか?

例えばアメリカでは、全てを覚えきれないほど複雑なルールがあるようだ。では、ロシアはどうなのか? 「ロケットニュース24で過去に何度も紹介しているロシア」では、 いかにも “おそロシア” なルールがあるのではないか? と思いきや……やはり……。ある意味、安定感抜群。「じゃんけん」のペナルティー、重っ!

でも、これぞロシアだ。ということで、本記事ではロシア人が実際にジャンケンしている動画をご紹介したい。

続きを全部読む

【やってみて】ピザーラの「ザキガニジャンケン」でブチギレる人が続出 / ネットの声「イライラする(笑)」

寒くなると、家から出るのは面倒に感じてしまうもの。そんなこれからの時期に重宝するのが、なんといっても「宅配ピザ」だ。また、12月はイベントが多いだけに、自然と利用してしまう人も増えることだろう。

そんな中、ピザーラは冬季限定のウインタークラブ発売を記念して、ザキヤマさん扮するザキガニとの「じゃんけん勝負」をウェブで公開。勝つとクーポンをゲットできるのだが、思わぬ反響を呼んでいるのが、この「ザキガニジャンケン」である。

続きを全部読む

本日最終日! AKB48相手に「プレミアチケット」争奪じゃんけん大会開催中

国民的アイドルグループ「AKB48」が2011年9月29日より、映像配信サービス「ひかりTV」で本格コント番組に出演する。それに先立って、メンバーを相手にしたじゃんけん大会が開催されているのをご存知だろうか? この大会は同日ニコニコ生放送で放映される「番組プレミア試写会」のチケットを争奪するためのものだ。メンバーにじゃんけんで勝利すると、プレミア試写会に参加できるのである。大会は本日が最終日、今日を逃すと後がないぞ!

続きを全部読む

じゃんけんで「あいこ」が生まれる理由が明らかに!

トイレ掃除からラスト1個のおやつ獲得まで、日々の様々なことを決めるじゃんけん。みなさんはじゃんけんをしていて、やけにあいこが続いた経験はないだろうか? そんなの偶然の産物だと思いがちだが、実はそこには科学的な理由が隠されていたのだ。

その理由とは人が生まれながらにして持つ「無意識模倣(automatic imitation)」、つまり相手の動きを無意識にマネする人の性質にあったのだ。これを発表したのは、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのリチャード・クック氏をはじめとする研究チームで、彼らは45人の被験者を対象に次のような実験を行った。
 
続きを全部読む

アメリカの「じゃんけん」が複雑すぎて、ルールを覚えられない!

3通りの指の出し方で、勝敗を決める拳遊び「じゃんけん」。その発祥は諸説あるが、日本に古くから遊びと東アジア伝来の遊びが融合して、現在の形になったと言われている。海外でも広く遊ばれているのだが、アメリカでは独自の進化を続けており、そのルールは複雑なものとなっている。近年開発されたルールによると、両手を使った101種類となっており、もはや気軽な遊びの領域を超えているのだ。

続きを全部読む

絶対にジャンケンに負けないロボットが話題

「ジャンケンで勝ったことがない」という人は多いのではないでしょうか? ジャンケンが上手な人は、相手の手の動きを瞬時に読み取って自分が出す手を決めているそうです。

サッと手を出すのが苦手な女の子も多いらしく、なかには「女の子が相手だとわざと負けてくれる」という紳士的な男性もいるようですよ。

けっこう奥が深いジャンケンの世界ですが、どんな相手にも百戦錬磨のジャンケンロボットが存在するのをご存知ですか? このロボットは最強レベルの強さらしく、どんなにジャンケンが得意な人でもかなわないらしいです。

続きを全部読む