【思い出】カナダの片田舎に『幽☆遊☆白書』のエンディング曲を流しながらナンパしてくる男がいた

出会いは突然やってくる。その瞬間は分からなくても、後から振り返って「ああ、あれこそ “運命の出会い” だったのだ」と思うような出会いは、突然やってくる。

今回は、私(筆者)の “運命の出会い” をお伝えしたい。リア充的なノロケ話でもないし、ひと夏の思い出系でもない。ただ、「人生にはこんなこともあるんだ!」と小さく、しかし深くビックリした体験談である。カナダの片田舎で、アニメ主題歌を鳴らしながら「お友達になりませんか?」と声をかけてきた外国人男性との出会いだ……。

続きを全部読む