「くまもと」にまつわる記事

【熊本あるある】熊本に住んでいるからこそわかる! 熊本あるある54連発

熊本県といえば? そう……日本一有名なゆるキャラ「くまモン」を輩出した県である。くまモンは、熊本県のゆるキャラにも関わらず、日本全国、さらに世界進出まで果たしている。そんな「くまモンフィーバー」で沸く熊本県について、今回は「熊本あるある54連発」をお伝えしたい。

1、熊本市繁華街のことを「まち」と言う
いつからそう呼ぶようになったのかわからない。

2、「角マック」が集合場所になりやすい
「角マック」とは、熊本市繁華街「まち」のアーケード下通りとサンロード新市街の角にあるマクドナルドのこと。朝はビジネスマンが多く、夕方は学生が多い。

続きを全部読む

生きたスズメバチで作った焼酎を飲んでみた → 塩っぽい味がした → 「それ毒成分です」

スズメバチはハチのなかでも攻撃性が高く、かなり危険。むやみに近づいたりするものではない。だが、熊本県には、生きたスズメバチを使った酒を作っている猟師がいるそうだ。スズメバチ酒は一般的に販売されているようなものではない。どうやら、その猟師が個人的に作っているようなのだ。

しかし、スズメバチは前述の通り危険な生物。襲われたら死に至ることもある。そんな命の危険を冒してまで飲みたいと思うものなのか!? 今回、記者(私)は熊本県のこの猟師の家に行き、実際に飲んでみることにした。

続きを全部読む