「から揚げ」にまつわる記事

【Uber Eats】“赤い唐揚げ” を売る「唐揚げ宅配専門店」に迫る / 刺激的な見た目に反する安心感

悲しいかな、人生における時間は有限である。その上で「どう生きるか」というのは非常に大事なことだ。筆者はなるべく空いた時間を見つけて、Uber Eatsの新着店舗情報に唐揚げ屋が載っているかどうかを確かめるようにしている。唐揚げを愛しているが故である。

そんな熱心な活動が実り、最近、新たに注目すべき唐揚げ屋を発見した。「唐揚げ宅配専門店」を称するその店の名は「赤丸唐揚げ」。メニューを見てみれば、唐揚げが何やら赤い。それが唐辛子の色だとわかった瞬間、注文の意向を固めていた。辛い物好き故である。

続きを全部読む

【真理】かつやの新商品『黒胡椒から揚げとチキンカツの合い盛り丼』を “丼” で頼んではいけない / 頼むなら “単品” 一択!

先週末より「かつや」の新メニュー『黒胡椒から揚げとチキンカツの合い盛り丼(税抜590円)』が期間限定で発売されている。しかし今回、私(あひるねこ)はこの商品をスルーしようと思っていた。「かつや」新作としては真っ当すぎるというか、そこまで目新しさを感じなかったからだ。ところが……。

どうやら読者はこの商品が気になって気になって仕方がないらしく、私の個人SNS宛てに「早く書け」と記事を催促してくる輩まで現れる始末。どんだけ読みたいねん。でもまあ、そこまで言うんなら……と本日お店まで行ってきたところ、結果的に非常に大事なことに気付いたためお伝えしたい。

続きを全部読む

【次世代のからあげ】1袋125kcalの健康食「罪なきからあげ」を食べてみたら、摩訶不思議な味がした

筆者を含む全国津々浦々のからあげ愛好者にとって、健康問題はかなりの関心事である。からあげをこってり山ほど食べたいが、健康も保ちたい。「からあげを食べない」という選択肢はない。たとえ天地がひっくり返ろうとも、地球が正十二面体になろうともありえない。

しかし、そんな脂ぎったわがままマインドに適した「健康に優しいからあげ」など、どこを探しても見つけるのは相当に困難なはず……だったのだが、見つけた。コンビニにあった。

続きを全部読む

【急げ】ガストが『若鶏の唐揚げ』を10個399円という謎の安さで販売中! ビールを大量に用意してお迎えしろ!! 6月17日まで!

しまった、私(あひるねこ)としたことが……すっかりビッグウェーブに乗り遅れてしまった……! ガストが2020年6月4日より、期間限定で激アツなキャンペーンを実施していたんだった……!!

そう、実は今、ガストのテイクアウトメニュー『若鶏の唐揚げ』が大変なことになっているのだ。通常だと10個で税抜539円のところ、なんと……まさかの……!

続きを全部読む

立ち食いそば屋だけど弁当スゲェ! 500円であふれんばかりの巨大から揚げがドン! ドン! ドォォォオオオンッ!! 立ち食いそば放浪記:第232回 京成関屋『雑賀屋』

から揚げは男をアホにする。デカイから揚げがドカーーーーンとあるだけで意味もなく叫び出したくなるのだ。爆発とから揚げは男のロマンである。

この度、そんなロマンを具現化したような弁当を発見したのでご紹介したい。男子注目! その弁当が売られているのは京成関屋駅にある『雑賀屋』……立ち食いそば屋である

続きを全部読む

【偏差値0】ファミマの新商品『唐揚10個ドーン!』がアタマ悪すぎで逆に最高 / マジでご飯の上に唐揚げ10個のみ

ここ数カ月、本当に暗い話題ばかりだ。コロナがヤバイ。経済もヤバイ。世界が元に戻るか分からない──。だからこそ、ファミリーマートにて2020年5月12日より(沖縄県は5月19日から)販売が始まった新商品『唐揚10個ドーン!』の底抜けの頭の悪さは大きな意味を待つ。

そもそも『唐揚10個ドーン!』という僅かな知性も感じさせない商品名の時点で正気ではないが、いざフタを開けてみると、こちらが思っていた以上に『唐揚10個ドーン!』としか言いようがない状況でクラクラしてしまった。しかし……今はこのアホさ加減が心から最高である。

続きを全部読む

やよい軒にそっくりなのに200円安い定食屋『アゲルヤ』の謎 / とんかつとチキン南蛮の盛り合わせで590円ってどういうことだってばよ……!?

ちょっとリッチな気分になれる定食チェーンと言えば「やよい軒」だ。おかわり自由な上に、チキン南蛮やサバ塩焼きなどご飯が進むオカズの数々、さらには漬物! 一度入ったらどんな腹ペコもお腹いっぱいにさせられてしまう魔性の定食屋である。

街を歩いていると、そんなやよい軒にそっくりな定食屋を発見した。だがしかし、何かおかしい……メニューを見てみるとやよい軒に比べてめちゃくちゃ安いのである。一体この店は何なのか

続きを全部読む

35.744296139.781377

【Uber Eats限定】実店舗を持たない「ゴーストレストラン」の唐揚げ専門店がオープンしていたので利用してみた

皆さんは「ゴーストレストラン」という単語を聞いたことがあるだろうか。オンラインデリバリーに特化した、実店舗を持たない飲食店のことである。そうと知らなければディズニーハロウィンの新アトラクションと勘違いしてしまいそうなこのサービス形態が、近ごろ注目を集めているらしい。

そして去る2019年12月には、Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文可能な「唐揚げ専門ゴーストレストラン」が新たにオープンしたのだとか。都内であれば自宅やオフィスで本格唐揚げが楽しめるという触れ込みに惹かれ、唐揚げジャンキーの筆者はさっそく利用してみることにした。

続きを全部読む

吉野家子会社の新業態、親子丼とから揚げ専門店「鶏千」でチキン南蛮定食を食べてみました

吉野家といえば、「牛丼」である。実は吉野家ホールディングスには牛丼のほかに、はなまる(うどん)・アークミール(ステーキとしゃぶしゃぶ)・京樽(寿司)など、他の業態の飲食店がある。さらに子会社の運営する業態には、天ぷら専門店(あげたて天兵衛)やセルフ焼肉(トノサマカルビ)などが存在する。

今回紹介する「鶏千」も、吉野家子会社が運営する親子丼とから揚げの専門店である。私(佐藤)は以前からお店の存在を知っていたが、目の前を素通りし続けていた。まさか吉野家と関わりのある会社が運営しているとは、思いもよらなかったぞ。

続きを全部読む

【困惑】かつやの唐揚げ専門店「からやま」で『らーめんからあげ』なるカオスが発売される → 食べに行ったら想定外の事件が発生…!

俺たちの「かつや」が完全にガンギマった新商品の発売を企てていることはすでにお伝えした。中華チェーン「幸楽苑」とコラボしてラーメンをコロッケにしようだなんて、いくらなんでもカオスが過ぎるのではないか。今年の締めくくりにとんでもない劇薬をブチ込んできた格好だ。

さて、話題の『ラーメンコロッケ』に先駆け、本日2019年12月6日から系列の唐揚げ専門店「からやま」と「縁」でも『らーめんからあげ』なる謎メニューが発売されている。こちらもコロッケと同程度にキマりまくっているため、さっそく食べに行ってきたぞ! ところが……そこで想定外の事件が起きてしまった。

続きを全部読む

居酒屋チェーン「鳥良商店」の限定ランチ『パワフルチキ・チキ丼』が凶悪すぎて心を折られた! 唐揚げ8個&チキンカツ1枚による揚げ物の暴力

デカ盛りや大食い系のネタを取り上げることが多い当サイト。当然、私(あひるねこ)もそういった店に出向くことは多々あるのだが、今回ばかりはマジでキツかった。というか、チェーン店だからってナメてたわ。予想以上だったぞ。

鶏料理を中心に扱う人気居酒屋チェーン「鳥良商店」が先日から、期間限定でとんでもないランチメニューを始めている。『パワフルチキ・チキ丼』というコミカルな名前ながら、その内容は凶悪そのものだ。軽い気持ちで注文した結果、私は完全に心を折られちまった。

続きを全部読む

「伝説のすた丼屋」の新メニュー『ロックステーキ唐揚げ合盛り丼』が狂気に満ちていて笑った! ステーキの上から “背脂” かけるとかマジかよ!!

血気盛んな男子たちから圧倒的な支持を集める丼チェーン「伝説のすた丼屋」と言えば、やはり味のパンチとボリュームが最大の魅力である。ある意味、肉とメシにひたすら特化した分かりやすいブランドと言えよう。

当サイトではこれまでにも「すた丼屋」のヤンチャ極まりないメニューをいくつかご紹介してきたが、今回も期待通りヤバイことになっているぞ。本日2019年11月1日より発売となった『豪快 ロックステーキ唐揚げ合盛り丼』。この新メニューがちょっと……いやだいぶ狂った仕上がりなのだ!

続きを全部読む

から揚げ専門店の「から揚げ版ひつまぶし」を食べたことで “究極の結論” にたどりついてしまった

自分でもどうしてなのかと思う。定食屋のメニューでもホテルのバイキングでもコンビニの商品棚でも、ひとたび視界にから揚げをとらえると、つい飢餓感を覚えてしまう。この世のあらゆるから揚げに興奮してしまう。もしから揚げが法外に高い世界だったら、私はたやすく破滅を迎えていただろう。

そんな重篤な筆者だが、先日見つけたから揚げ専門店のとあるメニューについては、少し異なる感情を抱いている。そのお店ではなんと「からあげ版ひつまぶし」が食べられるらしく、大変心惹かれたものの……一方で気がかりな部分もあった

続きを全部読む

35.677406139.780194

【伝説のすた丼屋】2大人気メニューが合体! 期間限定「豪快唐揚げ合盛りすた丼」が爆発的ボリュームで抜群のウマさ

肉・白メシ・にんにくのトリプルコンビネーションで、野郎どものハートをワシ掴みにしている人気店と言えば、ご存じ「伝説のすた丼屋」だ。並盛の丼でもご飯茶碗3杯分のボリュームがあるなんて、それだけで文句のない野郎メシである。糖質抜きとか言ってる場合じゃねえ! 男ども、米を食え、米を!!

それはさておき、「伝説のすた丼屋」の大定番メニューはもちろん「すた丼」だが、それに次ぐ人気商品が「すたみな唐揚げ」だ。その2大人気メニューが2019年5月15日より期間限定で、1つの丼になって登場している。その名も『豪快唐揚げ合盛りすた丼』──。名前からして、疑いようのない野郎メシだ。

続きを全部読む

最強のから揚げはどれだ!?「からあげグランプリ2019」で販売中の最強のから揚げたちを食べ比べた結果

2019年5月8日から、新宿小田急の本館地下2階にて「からあげカーニバル2019」が開催されている。このイベントは「日本唐揚協会」主催の、日本で最もウマい唐揚を決める「からあげグランプリ」を勝ち抜いた、最強のから揚げが一堂に会するもの

そこで気になるのが、最強のから揚げの中で、真に最強なのはどれなのか……! ということで「からあげカーニバル2019」に出展中の全8店舗で受賞暦のあるから揚げをゲット! 編集部にて食べ比べてみたぞ!!

続きを全部読む

【裏メニュー】吉野家の「おろしから揚げ定食」は四つ葉のクローバーだと考えるべし! レアだから見つけたら食っとけ!!

吉野家の『おろしから揚げ定食』 。そう聞いて、「あ〜いつも食ってるアレね」となる方は、なかなかの “吉野家運” の持ち主と言っていいだろう。逆に、「そんなメニューあった?」となっている人よ、別に慌てる必要はないぞ。知らない人が多数派だろうから。

というのも、吉野家の『おろしから揚げ定食』は公式サイトに載っていない……いわば裏メニューなのだ。吉野家に問い合わせたところ、同メニューを取り扱っているのは全国で約40店舗(2019年5月7日時点)とのこと。

公式サイトによれば、吉野家の店舗は日本全国に約1200店舗あるので、『おろしから揚げ定食』は全体の3%ほどだけで食べられるメニューということになる。タイトルで、「ひとまず食っとけ!」と記載した理由が、おわかりいただけただろうか?

続きを全部読む

35.6995139.763588

財宝の山のようなデカ盛り唐揚げ!「こだわりや 千鳥ヶ淵店」のランチ限定丼が800円で夢心地をくれた

唐揚げが食べてぇ猛烈に食べてぇ。今すぐ腹一杯に食べねぇと茶色い物全てに牙を剥いちまいそうだ。唐揚げジャンキーの私(西本)は、時折そうした狂おしい発作に襲われることがある。同じ唐揚げ好きの方々は共感してくれるのではないだろうか。

そんな同志たちと分かち合いたい特ダネがある。何と食べきるのに苦労するほどのデカ盛り唐揚げ丼を、ランチ限定800円で提供するお店が東京・九段下にあるという。オイオイ、ようやく見つけちまったよ約束の地。早速行ってみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

35.694336139.747208

【居酒屋ランチ】から揚げ&明太子食べ放題で880円! ご飯が無限にススムくんな鬼コンボに悶絶した!! 新宿西口「九州 熱中屋」

これ、ご飯無限に食えるじゃん! 新宿西口駅前を歩いていると、大学生らしき男子二人組が興奮気味にそう話していた。ご飯が無限に食えるだなんて一体何事だろう? 二人の視線の先にはこう書かれている。

「から揚げ・明太子 食べ放題」

あ、それはヤバイわ。たしかにご飯が無限に食えるわ。どちらか片方だけでも相当無限なのに、その二つが揃っちゃったら完全にインフィニティだわ。というわけで、無限を味わうためお店に入ってみた。

続きを全部読む

35.688885139.697689

【意味不明】ラーメン屋に入ったら日本酒50種類が飲み放題だった / さらに餃子&から揚げが食べ放題で全男子歓喜! 東京・神保町「蟻塚」

最近増えているのが、日本酒飲み放題のお店だ。冷蔵庫に入った数十銘柄の日本酒を自分で取り出し、好きに注いで飲むことができる。日本酒好きにはたまらないサービスである。私(あひるねこ)も大好きだ。

さて、変わった日本酒飲み放題のお店があると聞いて、東京・神保町までやって来た私。しかし、指定された場所は、なぜかラーメン屋だった。何でやねん。しかも餃子・から揚げが食べ放題なのだという……。ちょっと何を言っているのか分からなかったが、とりあえず入ってみたぞ。

続きを全部読む

35.698916139.756345

【コラム】男は何歳まで「から揚げ」にテンションが上がり続けるのか?

食の好みは年齢で変わるとよく言われる。子供の頃は苦手だったものがいつの間にか好きになり、逆にかつての大好物でも、大人になるとあまり食べなくなる、と……。しかし、果たして本当にそうだろうか? いくつになっても大好きなものが、我々男には確かに存在すると思うのだ。そう、から揚げである。

なぜ男は鶏のから揚げに、ああまでテンションが上がってしまうのだろう? そして、それは何歳まで続くのだろう? 当編集部は全員が30オーバーで、中にはすでに40代もいるおっさん所帯である。にもかかわらず、あまりにもから揚げへの愛が強すぎるのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3