「おふくろの味」にまつわる記事

【2020年福袋特集】ACTUS(アクタス)のリビング福袋『LEVANDE(1万5400円)』を初めて開封! ほとばしる意識の高さに魂が震えた…!!

店に入ったその瞬間、自分がとてつもなくオシャレ意識の高い人間に思えてくるのが『ACTUS(アクタス)』である。家具に照明に食器にアパレル、それらすべてが……意識高すぎィッ! 毎日のように通っていたら、そのうち意識が飛ぶかもしれない。

……と、編集長 GO羽鳥が去年の記事で書いていたので全コピペしたで候。というのも、私(あひるねこ)はアクタスのアの字も知らない超ACTUS初心者なのだ。そのため、中からどんな代物が出てくるかまったく予想がつかないでござるよ。ドキドキ……。

続きを全部読む

【お袋の味】こういうのでいいんだよ。食卓に出された背伸びをしない母の味… 四コマサボタージュ第74回「大雑把なお母さんがやらかしそうなこと」

続きを全部読む

シェフではなく「違う文化背景を持つおばあちゃん」を雇用するレストランが登場! ‟おふくろの味” の上を行く味が話題に

「おふくろの味には勝てない」とはよく言われることだが、美味しい料理を味わうために、いつも超高級レストランに足を運ぶ必要はないだろう。

そして、そんな ‟おふくろの味” の上を行く、‟おばあちゃんの味” をウリにするレストランが登場したというので紹介したい。違う文化背景を持つおばあちゃんを雇用し、様々なタイプの料理を提供して、大好評を得ているというのだ!

続きを全部読む

【実食】タコベル1年越しの新商品「ビーンブリトー」を食べてみた結果

2015年4月、日本に再上陸し大きな話題となったファストフード店といえば「タコベル」である。現在のところ、渋谷店と汐留の日テレプラザ店の2店舗意のみの展開となっているが、2016年夏には3号店となる “青山骨董通り店” のオープンも予定されているから、ますますタコベルは身近な存在になっていくハズだ。

それはさておき、タコベルから日本再上陸1周年を記念して、待望の新メニューが発売されたことをご存じだろうか? 2店舗だけだから新メニューが少ないのはわかるけど……1年って待たせすぎでしょーーー!

続きを全部読む

【食品偽装表示】中年男性コックが作って「おふくろの味」は許されない? では「気まぐれサラダ」が気まぐれじゃなかったらどうなるの?

食品表示を偽装する問題があとを絶たない。使用していない食材をメニューに表示して、消費者に誤解を与えるケースが次々と明るみになっている。

そんななか、2013年11月2日東京新聞朝刊がインターネット上で話題になっている。紙面には、メニュー・食品表示が法に触れる場合と触れない場合を紹介しているのだが、挙げられた例が考えさせられるものだからだ。以下はその例の一部である。

続きを全部読む