「えん罪」にまつわる記事

【決定的瞬間】警察官が容疑者の財布にコカインを忍ばせ、逮捕……ボディカメラが捉えた映像が問題に

2015年に白人警察官が武器を持っていない黒人男性を射殺した事件が起こって以来、アメリカでは警察官のボディカメラ装着の声が高まっているという。

証拠の適切な収集に、警察官の偽証の回避など、ボディカメラ装着の有用性は実証されているもよう。この度も、ボディカメラはある決定的瞬間を捉えていた。なんと警察官が容疑者の財布にコカインを忍ばせる場面が映っていたのだ。

続きを全部読む

【激似】えん罪で17年間も投獄されていた男性が「ドッペルゲンガー」の出現で釈放される

世の中には自分のソックリさんが3人いるというのは、誰しも一度は聞いたことがあるだろう。俗にいう「ドッペルゲンガー」というやつだが、実際に自分のソックリさんを見た者は死期が近いとも言われている。それを信じるなら、できれば出会いたくない存在だ。

ところが! 中にはドッペルゲンガーの発見を待ち望んでいた人もいるようで、17年間えん罪で投獄されていた男性が「ドッペルゲンガー」の出現で釈放というニュースが報道され、もはや死期うんぬんの定説は覆されようとしている。

続きを全部読む

【本人降臨】えん罪で18年間服役していた男性が「何でも聞いて下さい」と質問を受け付け! 質疑応答40選がコレだ!!

今回ご紹介するのは、無実の罪で逮捕され、18年間服役していた1人の男性のお話だ。それが、1995年に米ニューヨークで起こった強盗殺人事件で、他の5名と共に懲役25年の判決を受けたエリック・グリッソンさんである。しかし彼はあきらめず、刑務所に入れられた後も無実の罪を訴え続け、2012年に無罪を証明したのだった。

そんなグリッソンさんが海外サイト Reddit に登場し、「なんでも答えます」と広く質問を受け付けた。えん罪被害者である彼は、刑務所で何を考え、どんな思いを抱えていたのだろうか? 質疑応答40選として、彼の声をお伝えしたい。

続きを全部読む