「うに」にまつわる記事

新発売された「ウニのような豆腐」を食べてみたら、あまりにウニすぎた / しかし同時に豆腐でもあった

最近、暗いニュースが多い。気分が落ち込みがちである。何か明るい話題はないものかと思い、ネットを徘徊していたところ、こんな情報を見つけた。さる2022年3月9日に、「ウニのような豆腐」が発売されたというのだ。

この豆腐は文字通り、食べるとウニのような味わいがするらしい。明るい。あまりに明るすぎる。本当にそんな豆腐作りが実現されたのだとしたら、まばゆいばかりの光明が差してきたと言うほかない。実際にその味を確かめるべく、実物を入手したのでレビューしたい。

続きを全部読む

【舐めてた】スシロー「東北三陸うまいもん市」を全部食べてみた結果 → 高コスパなメニューのオンパレード! ただし……

新年が始まって以来スシローは異常だった。鰻、フグ、トロとこれでもかと豪華ネタを繰り出していたのである。その様相は、まさに祭り。だが、1年に1度の地車祭りだけしかエンタメがない町で育った私(中澤)は知っている。日常があるからこそ祭りは尊いものだということを。

2022年2月9日からスシローで開始された『東北三陸うまいもん市』は、そんな新年の狂乱から正気に戻ったようなキャンペーン。「これぞいつものスシロー」と安心感すら覚える内容だが、はたしてコスパ的にはどうなのか? 全部食べてみた結果……。

続きを全部読む

【速報】スシローに「新物うに」が100円で登場 / うにが定番メニューから消えた理由

速報! 2021年9月8日からスシローに「新物うに」が登場するぞ!! しかも税抜き100円(都市型店舗は120円)だァァァアアア! 公式サイトでも発表されていないこの情報を私(中澤)がなぜ知っているかと言うと、店舗のレーンを流れるポップに書かれていたからである。

スシローが時々こうやって次回キャンペーンの告知をしていることは以前の記事でお伝えした通り。久しぶりにスシローのうにが食える! そう、スシローでは うには定番メニューじゃないのだ。厳密に言うと、かつては定番メニューだったのだが消えたのである

続きを全部読む

【缶詰マニア】7500円の「ウニ缶」を食べてみた結果 → もはやウニじゃなかった / K&K『缶つま極 エゾバフンウニ』

苦みのある味に「大人」を感じるウニ。私(中澤)は、子供の頃あの独特の味が好きではなかったが今では大好物の1つだ。寿司屋に行ったら必ず頼む。寿司ネタで打線を組むなら、スタメン入りは確実な人もいるのではないだろうか。

とは言え、高い店には行かない私。ウニはほとんど回転寿司でしか食べたことがない。そこで、7500円のウニを食べてみることにした!

続きを全部読む

うに好きに至福が訪れる「関門うにまん極(1個864円)」を食べてみた → 口の中に入るか入らないかで昇天したでござる

九州で唯一24時間利用可能な空港といえば、福岡県の「北九州空港」である。連絡橋で陸地と結ばれた海上空港であるため、騒音被害が少なく、早朝・深夜便も運航しているらしい。ちなみに3階の展望デッキは、大人1回100円で「足湯」が利用できる人気スポットだ。

そんなわけで同空港を利用する際にはチョイ時間に余裕を持って手続きを済まし、足湯で癒されてから飛行機に搭乗するのがオススメ。そして! もし売店でお土産選びをするのであれば、今回ご紹介する『関門うにまん極(きわみ)』を推薦したい。

続きを全部読む

北海道の回転寿司屋『とっぴ~』が最強すぎる! 新鮮さに加えて邪道メニューも追求する「北海道のスシロー」

グルメ王国・北海道。中でも魚介類のウマさでは他の追随を許さない。北海道に来たからには、寿司の1つもつまみたいと思うのが人情だ。

これまで本サイトでも、北海道の回転寿司は多くご紹介しているが、今回の店は「最後の砦」と言っても過言ではないだろう。ネタの新鮮さは元より、攻めた発想のメニューの数々は激ウマ! まさに北海道のスシローや!!

続きを全部読む

43.759029142.37456

【北海道グルメ】漁師直営の「至高のウニ丼」は100人待ちでも絶対に食べるべき! 積丹町『みさき』

北海道の名物が海の幸であることは言うまでもないが、その中でも特別な食材のひとつに「ウニ」がある。北海道で採れるウニの品質は国内トップクラス。さらに新鮮なものであればあるほど、その美味しさは増していく。

そんなウニの名産地である北海道に、夏になると全国各地から客が押し寄せるウニ丼の名店がある。店主自身がウニの漁師だというその店は、現地でしか味わえない至高のウニが味わえると評判だ。今回はその北海道最高峰のウニ丼が食べられる店『みさき』をご紹介しよう。

続きを全部読む

43.355582140.464644

【超グルメ】断言できる! この世で一番ウマい雑炊は「うにのしゃぶしゃぶ」の締めで食べる絶品うに雑炊であるとッ!

以前の記事で、景品がたまねぎの「たまねぎキャッチャー」についてお伝えした。この機器のある うずの丘大鳴門橋記念館には、さらなる魅力が隠されていたのだ!

・うにしゃぶだと!?

それは同施設の「絶景レストラン うずの丘」で提供される美味しいメニューである。絶品の品々を多数取り揃えており、なかでも淡路のうにを使ったうにしゃぶは、身震いしてしまうほどウマい! ただでさえ美味しいうにを、しゃぶしゃぶにしてしまうとはマジでぜい沢すぎるだろッ!!

続きを全部読む

【北海道グルメ】究極うに丼! 日本唯一の「うに加工会社直営店のうに丼」を食べてみた / 函館市『うにむらかみ』

何を食っても美味いのが、北海道は函館である。ふるさとを離れて都会に生きる道産子たちが、かなりの確率で口にする「本当に美味い海幸(うみさち)が当たり前だから、そんじょそこらの美味さじゃ満足できない」という言葉にウソはなかった。

ホテルの朝食回転寿司も美味かったし、庶民派の店で食べた海鮮丼もゲキウマだった。特にウニが美味かった。函館ヤバイ。究極(アルティメット)だ。そんな函館の中でも、究極中の究極、“究極のうに丼” と言っても過言ではないのが……日本唯一の「うに加工会社直営店のうに丼」を出す店、函館市の『うにむらかみ』であろう。

続きを全部読む

【オバマも失神するレベル】網走イチのデカ盛りレストラン「ホワイトハウス」はウニイクラ丼にステーキが付いて1250円という超コスパ

ホタテにカニ、チーズなど、北海道には美味しい海の幸や山の幸がたくさんある。だが、ウニやイクラ、ステーキを一度に味わえて1250円という超コスパを誇る店は、網走の「ホワイトハウス」以外に存在しないだろう。

ここは網走市民なら知らない人はいないと言われるぐらい地元では有名な店で、盛りも味も良いことから若い人からファミリーまで、幅広く愛されているのである。

続きを全部読む

ノラ・ジョーンズさんが築地でウニたっぷりの海鮮丼を食べたようです

ピアノ弾き語りジャズ歌手として世界的に有名なノラ・ジョーンズさん(32歳)。今年はデビュー10周年。つい先日にはアルバム『ノラ・ジョーンズの自由時間(featuring Norah Jones)』が日本ゴールドディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞したばかりである。

そんなノラ・ジョーンズさんが、日本は東京の築地にて、美味そうに丼ぶりを食べていると話題になっている。

続きを全部読む