提供:青森県りんご対策協議会

【新食感】りんごのまったく新しい食べ方「スターカット」が斬新すぎる! そのやり方はコレだッ!!

日本人にとって、もっとも馴染みの深い果物は「りんご」ではないだろうか? 昔から食卓に上る果物として、親しまれていたし、日本でトップシェアを誇るスマホ「iPhone」も、ご存じ “アップル” の製品である。

そこでぜひオススメしたい食べ方を紹介したいと思う。きっと「皮をむくのが面倒…」とか、「上手に切れない…」とか思われるかもしれないが、ご安心を! 『スターカット』という切り方で手軽に美味しくりんごを食べられるぞ!!

続きを全部読む

たんぽぽハウスで1000円コーディネート対決! センスがあるのはどっちだ!! / あるいはハットとニットキャップがもたらした奇跡

ファッション業界は、ユニクロの快進撃が続いている。「安くてダサい」はすでに過去の話。今は安くても良いものが揃うファストファッションとして、以前にも増して高い人気を誇っている。

安くて良いモノなら、中古でもいいじゃないか! そう考える私(佐藤)は、ファッションリサイクルの「たんぽぽハウス」を訪ねた。さらに自らのセンスを試すために、当編集部のあひるねこに1000円以下のコーディネート対決を挑んだ。はたしてセンスがあるのは私とあひるねこ、どっちだ!?

続きを全部読む

37年間 “食わず嫌い” していた『イカスミのパスタ』を生まれて初めて食べた感想 → 「匂いを嗅いだ時点で混乱」

誰にだって、苦手なものはある。しかし、はっきりとした根拠をもって「苦手」と判断していることは意外と少ない。というか、実際のところフワフワした曖昧な理由で「嫌い」と主張しているケースがほとんど……と思うのだがどうだろう。

食べ物の好き嫌いひとつ取ってもそうだ。たとえば、私は長年『イカスミのパスタ』が苦手だった。正確には、苦手だと思っていた。その主な理由は「いくら何でも黒すぎる」というものだったが、今から思えばこれほど意味の分からない言い分はない。

なぜ私は、あんな馬鹿げた理由で、『イカスミのパスタ』を食わず嫌いしていたのか……。この心地よい後悔について以下で紹介したい。

続きを全部読む

【速暖ベッド】ニトリの「Nウォーム寝具」が最高すぎて感動! ぽかぽかスベスベ気持ちよすぎて毎晩しあわせを噛み締めている

実は前から気になっていたんだ。ニトリの「Nウォーム寝具」ってシリーズのことを。ニトリの店舗に足を運んでは、現物をスリスリ触って「こりゃ絶対に最高だろ……」と直立不動で夢心地。そして今季……ついに!!

買った……!! それも一式……!!

具体的には、Nウォームのセミダブル掛け布団カバーとボックスシーツ(ともに2306円)、そして枕カバー(555円)を2つ購入。しめて税込8830円の出費だったが、心の底から「買ってよかった!」と思っている。あまりの気持ちよさに毎晩しあわせを噛み締めている! 最高だ!!

続きを全部読む

【癖】こだわれ睡眠の質!寝苦しい原因はコレ! 四コマサボタージュ第54回「みにくき姿」

続きを全部読む

【ロト6予想】キャリーオーバーなくても1等ひとりじめなら2億円! 大吉くんのロト6シンクロ予想 / 第1433回は「03」「07」「09」「12」「23」「43」

アイヤーッ! 「大吉くんのロト6シンクロ予想」の時間がやってきたアルヨ♪ 内容は超シンプル。最高6億円が当たるロト6の抽選マシン、通称「夢ロトくん」と抽選方法がよく似ている中国感丸出しロトマシーン『大吉くん』に、当選結果を予知してもらうというもの。

大吉くんが今回予想するのは、2019年11月18日(月曜日)に抽選される第1433回ロト6の当選予想。出たとこ勝負の1発予想だ。それでは大吉くんの予想を御覧ください。

続きを全部読む

いくらにソックリな『ラー油ビーズ』で軍艦巻きを作ってみた → ガチでいくらと区別がつかない事態に

赤くて丸くて、プチプチした食感のいくら。寿司や丼ぶり、おせちなんかにも使われるが、いくらにソックリなのに別の味がする物体を見つけてしまった。

その名も『ラー油ビーズ』。名前の通り、ビーズ状になったラー油だが、驚くほどいくらに似ている。これ、パッと見では見分けがつかないし、軍艦巻きを作ったらどうなるんだろう……。

続きを全部読む

「究極のモチモチうどん」と豪語する “ウルトラもち麺” を食べてみたら、異次元の体験をしてしまった / 埼玉・所沢『うどきち』

流行りのタピオカ然り、餅やピザなども然り、モチモチした食感の食べ物というのは古来より人気が高い。人間は遺伝子レベルでそうしたジャンルを好むように出来ているのだろうかと思うほどだ。もはやホモ・モチモチンスと呼称しても過言ではないかもしれない。

例に漏れず、筆者も大概モチモチしたものが好きである。そこで今回ご紹介したいのは、とあるうどん屋が「究極のモチモチ」とまで豪語する麺、その名も「ウルトラもち麺」だ。世の中滅多なことがない限り「ウルトラ」はつかないため、さっそく現地に急行した。

続きを全部読む

【映えの裏側】「トレビの泉」ってこんなところだったのか! コイン投げてる場合じゃねえだろ!! と思った話

海外旅行にまったく興味がない人でも、『トレビの泉』は聞いたことがあるのではないだろうか。噴水に背を向けた人が、バックスローでコインを投げまくっているアレだ。もしくは、映画『ローマの休日』や『甘い生活』で有名な泉と言った方がピンと来る人だっているかもしれない。

その場所に、つい先日私は行ってきた。これまでテレビや雑誌で何度も見たことはあるが、生で見たことはない。というより、生まれて初めてのローマ。したがって、生まれて初めての「生(なま)トレビ」である。

続きを全部読む

【4コマ】第63回「新卒ゾンビ4『偏見』」脳内ポートフォリオ

続きを全部読む

【悲報】富士そばしのばず店、もはやそば屋ではない / 立ち食いそば放浪記:第187回

突然だが、皆さんは朝食を家で食べる派だろうか? 出勤の準備などで忙しい朝、ギリギリまで寝てしまう私(中澤)は、出勤中に目についたそば屋などに駆け込んでササッと済ませてしまうことが多い。

そんなわけで今朝、自転車をこいでたら富士そばを見つけたので入ってみた。の・だ・が! な、なんじゃこりゃァァァアアア!!

続きを全部読む

【コスパいいコンビニ】最もお買い得な「サラダチキン」はどれ? ローソン、セブン、ファミマで比較した結果 → 予想外の混戦状態に! この2社でめちゃくちゃ迷う…

2013年にコンビニに登場したサラダチキンは、いまや完全に定番商品。サラダチキンを置いていないコンビニの方が少数派なくらいだ!

サラダチキンの原材料は鶏の胸肉と調味料と大変シンプルだ。そんなシンプルなサラダチキンでも店やブランドによってコストパフォーマンスが異なるのだろうか。気になったのでローソン、セブン、ファミマ3社のサラダチキンの「価格×量」のコスパを比較してみた!

続きを全部読む

【悪夢】将棋のルールを「知ってるヤツ」と「知らないヤツ」が対局したら地獄絵図になった / 本日11月17日は『将棋の日』

本日11月17日は「将棋の日」らしい。そんな記念すべきハレの日に、このような悪夢の如き記事をお届けするのは大変心苦しいのだが、私(あひるねこ)の胸の内に留めておくのも限界なのでどうかお付き合い願いたい。

今から約2年前、将棋のルールを知っている人と知らない人が対局したらどうなるのか? という趣旨の記事が公開された。詳細は該当の記事をご覧いただくまでもなくゴミなので別に読まなくて結構だが、まことに残念なことに、あの悪夢が再び繰り返されようとしているのだ。

当然ながら本稿もアルティメットゴミのため、以下は暇すぎて死にそうな人だけ読んでくれ。約束だぞ。

続きを全部読む

見せつけろ修行の成果!極めろ口撃の神髄! 四コマサボタージュ第53回「戦士」

続きを全部読む

【ポケモンGO】EXレイドに「レジギガス」登場! 対策ポケモンはコレだ!!

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日も色違いポケモンを追いかけまくっているかな? お兄さんは色違い運自体は悪くないんだ。……ただ、持っている色違いしか出ないんだ。特にアーボなんて色違いが7匹いるからね!! わざと出てるとしか思えないよ!

それはさておき、2019年11月19日開催のEXレイドから新ボス「レジギガス」が登場する。迫力満点の見た目通りにステータスもかなり強力だから、万全のパーティを準備しておこう。

続きを全部読む

【100均検証】5980円で買ったばかりの加湿器に、ダイソーの「加湿器用アロマウォーター」を入れてみた

つい最近、加湿器を買った。Amazonで5980円。アイリスオーヤマの加湿器で、木目デザインがゲキシブなうえ、なんとアロマオイル対応ときた。加湿しながらアロマの香りも楽しめるなんて欲張りすぎる加湿器だなァ〜なんてニヤニヤしていたのだが、

アロマの香りがほのかすぎる……

……のである。本体内のアロマオイルを垂らす部分にピュッピュと垂らしても漂う香りはごくわずか。ならばとばかりにフルスイングでドピュドピュやっても、なんだか物足りない感じなのだ。

まあ仕方ない。だってこれ、加湿器だし。アロマディフューザーじゃないし……なんてスネ夫ばりに口をとんがらせていた時、衝撃的な商品をダイソーにて発見した!

続きを全部読む

【知っとーと?】おでんの具といえば『ぎょうざ巻き』やろーもん! さつま揚げにくるまれた餃子がバリうま!!!!

ところ変われば品変わる。土地が違えば、それに従い風俗や習慣、言語なども異なるというものだ。中でも、わかりやすく違いが表れるのが “食” ではなかろうか。例えば「おでんの具」なんてどうだろう。

関東の “ちくわぶ” や関西の “タコ” しかり。その土地自慢の、コレぞという具があるに違いない。福岡出身の記者にとって鉄板の具は、何はさておき “ぎょうざ巻き” だ。ぎょうざ巻きなくして、九州おでんは成り立たんばい! 

続きを全部読む

【4コマ】第62回「新卒ゾンビ3『面接』」脳内ポートフォリオ

続きを全部読む

ファッションハウス「たんぽぽハウス」で買った105円のジャージがすごかった! / あひるねこが行く【高円寺編】

散歩の季節である。藪から棒に何を言ってるんだ? と思われるかもしれないが、今の季節柄、街をぶらぶらするのは最高の季節。朝夕の空気は澄み、日中は陽も暖かく、あてもなく出歩くには最高の時期だ。

当編集部で街歩きといえば、この人。皆さんご存知、あひるねこだ。そんな彼に、街をぶらぶら歩いてもらった。今回は東京都杉並区高円寺駅界隈をあひるねこが行く!

続きを全部読む

【激ウマ簡単】海の男直伝の『カサガイごはん』レシピを大公開するのでメモの準備を!…ってことで海で採ってきたぞ

海辺の岩場や防波堤にくっついている ”タニシっぽい貝” は、『クボガイ』に代表される小型の巻貝だ。触ればポロリと落ちるので、取ってきて塩ゆでにするとおいしい。その横には、逆に岩にビッタリくっついて離れない貝もある。あえて力づくで取ろうとしたことはなかったのだが……。

「すごくおいしいんですよ」と教えてくれたのは、以前の記事で漁業法について教えてくれた “漁協の古田さん” である。傘っぽいビジュアルのあの貝はそのまんま『カサガイ』というらしい。

古田さんイチオシのカサガイメニューは意外にも『炊き込みごはん』とのことだ。お願いすると気前よくレシピを教えてくれた。海の男はケチケチしないのである。その足でさっそく海岸へ直行だ。海区によっては採取禁止なので事前に確認しておこうな!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 1998