「海外」カテゴリーの記事

ファシストとして知られる、第二次大戦時のイタリア首相ムソリーニ。実はその男が過去に英国のスパイだったという事実が、英・ガーディアン紙によって報じられ、ネット上で話題になっている。

ムソリーニが英国のスパイだったのは、第一次大戦末期の1917年。当時、英国情報当局から週に100ポンド(約85万円)の報酬を得ていたという。その件についてネット上には、「雇ってた側は、その後敵になるとは思ってなかっただろうな」「結果的にトクしたのか、損したのか言えないのが歴史の複雑なところ」「歴史って面白いね」など、多くのブロガーが感想を書き込んでいる。 続きを全部読む

19日、グレゴリー・スミス(23)は米国インディアナ州にある現金両替所に銃を持ち込み、金を出せと女性店員を脅迫した。怯えたこの女性店員は泣きながら「そんなことはしてはいけない」と彼を説得し始めた。

すると、スミスは女性店員の説得に心が揺れ、「私には2才の子供がいる。大変な生活を勝ち抜くように祈ってください」と女性店員に話をしたのだ。10分間程度、女性と泣いて神に祈りを捧げたスミスはさらに、女性店員と抱き合った。(上記の画像キャプチャーはお互いが抱き合っているところ) 続きを全部読む

死刑執行現場を300回以上目撃した米国のある通信記者が話題だ。

米国、ヒューストンに駐在するAP通信のMichael Graczyk 氏(59)は1980年以降、死刑執行が最も多い州であるテキサスで、ほとんどすべての死刑執行現場を目撃し、凶悪な殺人犯、犠牲者家族などをインタビューしてきた。

ニューヨークタイムズ(NYT)は21日、「ここまで死刑執行現場をたくさん見た人はいない」としながら、おそらく彼は米国で死刑現場を最も多く見た人だろうと伝えた。 続きを全部読む

あるネットユーザーが驚くべき発見をした。 南アメリカ大陸とアフリカ大陸を重ねて回転させるとティラノサウルスの横顔になってしまうということだ。

この思いがけない発見に対して、ユーザーの反応は、 続きを全部読む

冷凍ギョウザ事件などで一躍話題となってしまった農薬ジクロルボス。人体に有害なのは明らかだが、ある中国の男性が頭の痒みを止めるためにジクロルボスを塗り、中毒状態で死にかけるという事故を起こした。

山東省青島市に住むこの男性は、半年前に床屋で散髪をしてもらってから頭が痒くなり始めたという。はじめは大したことなかったのだが痒みは日増しにエスカレート。しまいには夜眠れなくなるまでになってしまった。そこで病院で診察してもらったが一向に良くならない。どこの病院でも効果が出ず悩んでいたところ、友人から「それはダニのせいだから、ジクロルボスをかければ治るさ」と言われ半信半疑で頭に塗ってみた。 続きを全部読む

なぜ、自宅で洗濯するために仕事を早く切り上げるのか? -スイス-

持家数がかなり低いスイス(30%前後)。アパートに住んでる人がかなりの割合を占めるスイスです。

アパートには冷蔵庫、電気調理器またはガスコンロ、場合によっては食器洗い機がついています。高級アパートの場合は、自室に洗濯機が付いている場合もありますが、大抵の場合は共同利用ということで地下に設置されています。こう書くとなかなか便利なように聞えますが、洗濯機の共同利用というのは不便です。 続きを全部読む

日本のグーグル・ストリートビューカーがトヨタのプリウスであることは有名な話であるが、韓国のストリートビューカーは一体何なのか? 続きを全部読む

あるコンサルタント会社が世界40ヶ国を対象に行った調査によると、日本は年間の祭日が16日で40ヶ国中トップのようです。キプロスとスロバキアが、それぞれ15日で第2位と、10月14日付けのスイスの新聞『ターゲスアンザイガー』が報告しました。

祭日が多い国は?

1位 日本(16日)
2位 キプロス(15日)
2位 スロバキア(15日)

また、法律で保障されている年次有給休暇(年休)ではフランス、フィンランド、ブラジルが30日でトップ。大概の国は20日のようです。休暇が取れるか取れないかは別にして、日本も20日です。40ヶ国中、年休に関する法律がないのはアメリカだけとのこと。法律による保障は無くても、大概のアメリカ人は年間15日程度の休暇を取るそうです。 続きを全部読む

日本にいては想像もつかないようなビジネスやビジネスモデルが世界では生まれ、多くの人を魅了している。

例えば、お隣中国では、「お試し離婚」サービスなるものが生まれたり、ネットサービスにおいては、ネットからFAXを送信できる便利なサービスが開始されたり、それはそれは目を引くものばかりだ。そして、これらのビックリするようなビジネスやサービスは時として、私たちに何らかの『気づき』を与えてくれるかもしれない。つまり、「何かビジネスをやりたい!」「面白いプロモーション方法が思いつかない」「何かアイデアが欲しい!」など困った時に、もしかしたら役に立つかもしれないということ。

今回は、以前ロケットニュース24でお伝えたものをまとめて公開したいと思う。

●動物編(5件)

動物園の売上を大幅UPさせた『象』のパフォーマンスとは?

砂漠で役立つ?『未来型ラクダ救急車』が公開!

ブレイクの予感…恐怖の「イヌ洗濯機」登場

乗客は動物だけ! 世界初のペット航空スタート

ワンちゃんの性欲をコントロール!? 『ホットドール』とは一体・・・ 続きを全部読む

中国は10月1日~8日まで建国記念日の大型連休となり、この連休中に結婚式を挙げたカップルが多かったようだ。そんなめでたい雰囲気の中、4日連続で結婚式に招待された男性に悲劇が待っていた。

南京市に住む男性の張さん(28)はムードメーカー的な性格で友達が多かった。連休中は家で家族とゆっくりしようと思ったところ、2日~5日の4日間に立て続けて結婚式のオファーが。断るのは友達としてまずいだろうということですべて参加することにした。 続きを全部読む

米国人らが最も不快に感じる英語表現で『Whatever』が挙げられたとAP通信が報道した。

マリスト大学は7日、対話中最も不快な言葉を確認する調査を実施した結果、回答者の47%がこの表現を挙げ、これは対話中相手から無視される感じを与えるためだと明らかにした。『Whatever』は主に言い争い中、話す言葉がなかったり、相手の話を無視する時にしばしば使われ、大部分の対話がこの表現で中断される時が多いという。 続きを全部読む

FIFA(国際サッカー連盟)公認のライセンス商品として、2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の公式日本酒が、10月中旬より世界同時発売されるという。

続きを全部読む

米国で最も老舗料理雑誌だった「グルメ」(Gourmet)が創刊68年ぶりに門を閉めることになる。 深刻な広告市場の悪化でグルメの他にもモダンブライド(Modern Bride)、エレグラントブライド(Elegant Bride)、クッキー(Cookie)の計4誌の廃刊が決まった。

これらの雑誌は女性ファッション誌「ヴォーグ」(VOGUE)等で知られる米出版大手コンデナスト・パブリケーションズが出版していた。 続きを全部読む

米国、マサチューセッツ州であるホームレスが奇抜な方法で人々の関心を集めていて話題になっている。一体、どんなことで話題になっているのか・・・

そう、このホームレスは「自分が透明人間の病気にかかった」とし治療費をもの乞いしているのだ。マサチューセッツ州ニュートン市で座っているこの透明人間ホームレスは1つの手には看板をもう1つの手には市民らが投げ入れる金を受け取るカップを持っている。 続きを全部読む

フランス人は恋愛に目がない。なんて感じさせる海外ニュースが入ってきた。フランスの元大統領ジスカール・デスタン氏(83)が、フランス大統領と英王室のプリンセスを主人公にした、恋愛小説を執筆しているとのこと。そしてこの小説の内容が、元大統領自身とダイアナ元英皇太子妃の実際の恋愛関係をモデルにして書かれているのではと、憶測を呼んでいる。

続きを全部読む

ノルウェーの自称「バランスパフォーマー」の男性が6日、ノルウェー国内にある高さ304メートルの崖の上に備え付けられたはしごの上でバランスパフォーマンスを披露した。

この男性はEskil Ronningsbakkenさん(29)で、サーカス団の一員として世界各地で綱渡りなどの曲芸を披露するパフォーマーである。山の中腹に突き出た崖の先端に少し反り返ったはしごを固定し、その頂点に登り右手一本で体を支えて静止…。写真ならともかく、その場にいたら怖くてまず見ていられない代物だ。 続きを全部読む

今の時期、スズメバチの活動が活発になっている。テレビなどでも「スズメバチハンター」の特集がしばしば組まれ、凶暴な蜂と戦う駆除業者のテクニックが紹介されているが、中国でもしばしば巨大スズメバチの巣が発見されてニュースとなる。

続きを全部読む

中国・湖南省長沙市内にある某ビルで、500枚の「幸せの黄色いブリーフ」が掲げられ通行人を驚かせている。

これは、ビル内の男性科専門病院が掲げたもので、長さ4m・幅3mの巨大ブリーフ1枚と、500枚の普通サイズのブリーフが5段にわたって窓の外に掲げられている。その光景は名作映画「幸せの黄色いハンカチ」のワンシーンを彷彿とさせる。ただし、ブリーフ。 続きを全部読む

1週間限定で、スイス国営放送(SF)の6時のニュースが12才の子供たちによって放映されました。レポーターもアナウンサーも子供たち。いつもは大人のプロの人たちがやることを子供たちがやるわけです。プロのジャーナリストが指導し、また深刻な事態が起きれば、編集者が直接介入するというサポート付です。 続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 770
  4. 771
  5. 772
  6. 773
  7. 774
  8. 775
  9. 776
  10. ...
  11. 781