「恋愛」カテゴリーの記事

普段からまわりをよく見て時代の流れを把握しつつ、自分に似合うファッションを追求する世界中の女性たち。知り合いから「それ、いいね」なんて言われた日には、してやったり! と心のなかでガッツポーズ。特に安物の小物アイテムが褒められたりすると、「こんな小技に翻弄されおって」と、しめしめ感情まで芽生えます。

ところが、女性が思う「イイ感じ」と、男性が思う「イイ感じ」には、若干のギャップがあるようです。そこで今回は、年齢や職業も違う男性複数名から事情徴収。彼ら思う、女性の「残念ファッション」と「いいかもファッション」をまとめてみました。

続きを全部読む

バレンタインデーにチョコを贈るのは日本独自の文化であるが、今後もしかすると世界のスタンダードになるのかも?

科学情報サイト「Chemistry Central Journal」に掲載された研究結果によると、チョコレートには果物よりも多くの栄養素(ポリフェノールやフラバノールなど)が含まれていることが判明した。

そして研究員らは、チョコレートの原材料であるカカオ豆を「スーパーフルーツ」と位置づけている。

続きを全部読む

晩婚化の理由はいろいろあるが、結婚しないという人の意見としては、「自由や気楽さを失いたくない」や「そもそも必要性を感じない」などが多いよう。だが、結婚が心身共に良い効果をもたらすとしたらどうだろうか。

イギリスにあるカーディフ大学のデビッド氏とジョン・ガラシェール氏は、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルの論説で、結婚は精神的にも肉体的にも健康に良い影響を及ぼし、結婚期間が長いほどその効果は高まると発表した。

続きを全部読む

先日、ロケットニュース24で、中国一の「非モテ男」、繁華街で花嫁募集パフォーマンスをお伝えしたが、そんな非モテ男たちに朗報が飛び込んできた。美人女性が期間限定彼氏を募集しているというのだ。しかも、この女性の彼氏を務めてくれる人には、5日間で10000元(約12万5000円)、つまり日当2万5000円が支払われるのである。美人と付き合えて、お金までゲット! これは願ったり叶ったりのチャンス到来だ。

続きを全部読む

きらびやかにライトアップされるクリスマス前の街の景色。いつもとは違った景色に、子どもたちは目を輝かせ、カップルたちはロマンチックな気持ちにひたり、それ以外の人も、心温まる幸せな気持ちになっていることだろう。

そんなクリスマス気分を盛り上げる、斬新なイルミネーションを施したビルが新宿東口の駅前に登場した。その名も「ミラザ(MIRRAZA)新宿」。なんとビル全体が「リボンの付いたプレゼントボックス」になっているのである!

続きを全部読む

クリスマスまで、あと1ヶ月弱。街はイルミネーション一色になり、人恋しい季節突入となるが、皆さん当日の予定はお決まりだろうか。記者は彼女がいないので、DVDを借りて家で見ることになりそうだが、直前まで粘ってでも彼女を作りたい!と思っている読者も多いことだろう。今回はそんな人のために、クリスマスまでに彼女を作る方法をまとめてみた。5つのステップに分けて紹介しているので、自分に必要な項目だけ見ても良いし、最初から順番に見てもよし!残り日数は23日。ラストスパートかけちゃう?

■STEP1:口説く前の心構えとは?

女性を口説く際に捨てた方がよい7つのこと~心構え編~ | nanapi[ナナピ]

「なかなか女性を口説けない」、「意中の女性はいるけど遠くから眺めているだけ」、そんな男性はこの世にたくさんいるでしょう。まずは口説く前の心構えを知ろう!

続きを全部読む

「潤肌粋(じゅんきすい) うるおいリフト BBクリーム」の発売に伴い、同商品を共同企画した株式会社コーセーと株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、「女性と化粧」の関係性を知るための一環として「合コン」をテーマにアンケートを実施した。対象者は25~39歳未婚女性301人と、彼女たちの合コン相手としてのメイン層である25~39才未婚男性214人。

その結果、半数以上の男女が合コンに行かないということが判明。さらに「何歳まで参加してOKですか?」の問いには、平均35.4歳という結果に!

続きを全部読む

満月の夜には、神秘的なオーラを放つ女性が多くなるといいます。それはもしかしたら、あながち嘘ではないのかもしれません。満月の夜にウミガメが一斉に産卵するように、月の引力と生態系には特別な因果関係がある可能性は十分にあるはず。ということは、満月のチカラを正しく活用すれば、誰もが美しくなれるのかも! そこで、カピバラに激似と言われ続けて三十ウン年の、もう後がない干物女代表の記者が、この世に存在する“満月イベント”なるものを全身全霊をかけて実体験。その効果のほどをお伝えします。 続きを全部読む

長年彼女のいない記者(佐藤)は最近、女性の好感度を上げるための秘策をある知り合いから聞いた。知り合いによると、「女性は男性の手を無意識に見ている」という。なぜなら、その手と手をつなぐことになるかもしれないからである。

もしも汚い手をしていたら、どんなに身なりが整っていても、評価が下がってしまうそうだ。ということは、手をきれいにしていれば好感度があがるかも! 手をきれいにするにはどうすればいいか?

早速調べたところ、最近上野に男性向けのネイルサロンができたようだ。男性向けのネイルサロン? いったいどんなお店なのだろうか。爪の手入れなど今まで一度もしたことがないのだが、好感度を上げたい一心で行ってみた。

続きを全部読む

「マイ・プリンセス!(僕のお姫様)」なんて、イケメンくんに言われたらどうしますか? ちょっと違和感があるかもしれませんが、女性ならやっぱりうれしいですよね。残業続きで疲れているときや、落ち込んでいるときにこんな言葉をかけられたら、元気がでてきそうではありませんか!

男性並みに働く女性が増えてきたこともあり、イケメンを取り揃えた癒し系スポットがメディアで注目されています。「イケメンに出会える場所=ホストクラブ」というのは過去の話。現在は、イケメンに出会える様々なスポットがあるのです。 続きを全部読む

モテない男はなぜモテないのだろうか? 理由があるのならぜひとも知りたい。というのは、私(佐藤記者)はまったくモテない男だからだ。モテないどころか、女性と接する機会がほとんどない。いや、皆無と言っていい。1日中部屋にこもっている。外の出かけるときといえば、日用品の買い物のときだけだ。

続きを全部読む

こんにちは。『iPhone 4』を購入するために『ソフトバンク表参道店』前に3泊4日で行列に並んだ佐藤です。結局、3泊4日もかけて並んだのにドコモの料金を支払っていなかったために『iPhone 4』を購入できなかった……。実は「ドコモからの乗り換えがダメなら新規で購入だ!」と思って申し込もうと思ったのだが、ここには書けない色々な理由で拒否され、手に入らなかったのだ(悲しくなるので詳しくは聞かないで欲しい)。

そんな私に、信じられないプレゼントが届いたので報告したい。そのプレゼントとは、『iPhone4』ソックリの手作り弁当だ。弁当を作ってくれたのは検索サイト『NAVER(ネイバー)』の美人広報担当として有名な金子智美さん

彼女は弁当を手作りで作ってくださったうえ、わざわざ私の自宅まで届けてくれたのである! ちょっと信じられない。これは何かのドッキリか? もしかするとこれは夢かもしれない。そう思って自分の顔面をパンチしてみたが、鼻の骨が折れたと思えるほど痛かった。これは現実なのだ!

続きを全部読む

中国・遼寧省で、ワールドカップの試合に夢中になった夫の振る舞いに腹を立て、農薬を飲んで自殺を図った女性が病院に運ばれ救助されるという事件が起こった。

続きを全部読む

イマドキ婚活女子は、誰よりも良縁を求めて、全国の縁結びにご利益のある神社やお寺にせっせと通っている。縁結びならまだ微笑ましい。だがその逆、「縁切り」にご利益がある神社やお寺に足しげく通う女性たちもいるのだ。

京都・祇園にほど近い安井金毘羅宮は、縁切り縁結びにご利益があるとされる。だが、いつも縁切りのほうがクローズアップされがち。そして実際に足を運んでみると、平日なのに女性がたくさん、しかもドロドロの愛憎劇が繰り広げられる、まさにパワースポットだった。 続きを全部読む

付き合っている彼氏に浮気の疑いがある時に、女性はどうやってそのことに気付くだろうか。普段は掛けて来ないはずの時間に、彼から急に電話が掛って来たり、部屋に長い髪の毛が落ちていたり、「怪しい」と思わせる手掛かりはいろいろあるのではないだろうか。その手掛かりの中に、『じゃがりこ』を加えて頂きたい。じゃがりこは彼氏の浮気発覚の重大な手掛かりになる。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 56
  4. 57
  5. 58
  6. 59
  7. 60
  8. 61
  9. 62
  10. 63