和才雄一郎 (Yuuichiro Wasai)

副編集長

京都府出身。2014年1月よりロケットニュース24に本格参戦。好きな言葉は「経費で買っていいぞ」で、嫌いな言葉は「根性出せ」です。

「和才雄一郎」担当の記事

【そう来たか】花の都フィレンツェの回転寿司で食べた「おにぎり」がスシローの “飛び道具的な寿司” を越える衝撃だった

日本の飲食店チェーンが “飛び道具的メニュー” を出すことは、今や珍しくも何ともない。そしてその飛び道具は、時として人々からの注目を一瞬で浴びる。回転寿司業界を例に取ると、数年前に出たスシローの『ブルーベリー寿司』『オムライス寿司』、くら寿司の『なんだこれは!? 巻』などは、その好例と言っていいのではないだろうか。

しかしながら、私はこれらのメニューにほとんど衝撃を感じなかった。もちろん、予想を裏切る角度から飛んでくる飛び道具を考え続ける企業努力や、どんなものでも大抵は美味しく仕上げてしまう手腕には頭が下がるものの、正直に言って衝撃を受けた商品は1つもない。なぜなら……

続きを全部読む

「府中刑務所」の文化祭で心理専門官による性格検査を受けてきた

刑務所で文化祭と聞くと、受刑者がたこ焼きやフランクフルトを屋台で焼いている様子を想像する人だっているかもしれない。しかしながら、今回紹介する「府中刑務所」の文化祭は、そのようなものではない。たこ焼きやフランクフルトを焼いているのは一般人であり、それを食べているのも一般人だ。

したがって……と言うべきかどうか分からないが、府中刑務所の文化祭に怖い要素は皆無。メイン会場の雰囲気としては、町内会のお祭りをイメージすればいいかと思う。ただし、この文化祭には町内会のお祭りとは明らかに違うポイントが主に2つあり……。

続きを全部読む

「なぜ俺はあんなミスを…」 出川哲朗さんが激推しする『イタリアの美しい島』に行って味わった後悔について / ベネチア・ブラーノ島

これから海外へ行こうとしている人にとって、失敗談はもっとも有益な情報の1つではなかろうか。誰かの失敗例を事前に知っていたら、その人が同じ過ちを犯す確率は低くなるのだから。悔しがる必要なんて、どこにもないんだ。

──と、自分に言い聞かせて紹介するのは、私が先日イタリア・ベネチアにある「ブラーノ島」を訪れたときの失敗談である。ブラーノ島……その名を初めて聞いたという人だって多いかと思うので、まずは島について簡単に説明したい。

続きを全部読む

【4度目の挑戦】胃がんの原因「ピロリ菌」の除菌に失敗し続けてついに…

胃がんの原因とも言われているピロリ菌。その除菌に失敗し続けた私の個人的体験を、当サイトではこれまで何度かお伝えしてきた。成功確率が9割を超える(※)とされる1回目の除菌(1次除菌)に失敗し、2回目の除菌(2次除菌)にも失敗し、3回目の除菌にも失敗し……。

ついに、大学病院の研究対象にまでなってしまった話を紹介したのだが、覚えておられるだろうか? 知らない人は過去の記事を見ていただくとして、今回は4度目の挑戦の結果をお伝えしたい。

続きを全部読む

【今日は祭り】やよい軒が11月1日から鍋を販売開始! サブウェイでは2個目が100円になり、ケンタッキーでは500円ランチが始まり、スタバでは…

ハロウィンとラグビーW杯の影に隠れがちだから言うけど、本日11月1日から「やよい軒」が期間限定で『鍋』を販売開始するよ。しょうが鍋定食、チゲ定食、すき焼き定食、特すき焼き定食と、商品ラインアップは基本的に去年と同じ。消費税が上がったにもかかわらず、値段も去年と同じだ。

ちなみに、個人的に去年から鍋を食いまくっているんだけど、やよい軒の『しょうが鍋定食』は一番オススメだね。うちの編集部にもファンが多いよ。それからそれから……

続きを全部読む

イタリアの日本料理店で『緑色の寿司』を食べながら感じた「猛烈な中華の風」について

最初に言っておきたいが、その日本料理店で食べた寿司は決して悪くなかった。めちゃくちゃ美味かった……といえば嘘になってしまうが、マズくはない。味は日本の寿司に及ばないものの、外国で食うものとしてはアリ。何より大らかな雰囲気がいい!

──というのが率直な感想なので、私がその店にネガティブな印象を抱いているわけではない。むしろ、海外にいながら「ほのかな日本の風」を感じさせてくれたことに感謝している。ただし……! そこでもっとも私の印象に残ったのは、店内に吹き荒れていた「猛烈な中華の風」であった。

続きを全部読む

体重計を見て愕然! ほんの2週間だけ、寝る前に暴飲暴食をした代償がエグいことになった / ダイエット計画ぶち壊し事例

このような記事を公開しなければならなくなったことに、私は多少の心苦しさを感じている。当初は、「体重は順調に減っております」と書くつもりだった。もしくは、「ちょっとくらい寝る前に食べても、昼間に運動していたら問題なし」的な内容になる予定だった。ところが、実際は……。

何の話かというと、ダイエット。タイトルでお察しの通り、「減量がうまくいかなかった」というデブの嘆きなのだが、失敗例は失敗例でどこかのダイエッターの役に立つかもしれない……という気持ちから、以下で紹介したい。

続きを全部読む

【世界一臭い】シュールストレミングの密閉ボックスに顔面を突っ込んだ直後、場の空気に飲まれて後悔した話

「何事も自分で体験しないと分からない」とよく言われるが、それはだ。正しくは、「経験しても分からないことは腐るほどある」であり、もっと言うなら「自分で経験したことでも、周りの空気や誰かの意見が無意識のうちに自分の感想になってしまうことはよくある」だろう。

同意できない人だっているだろうが、それくらいに思って生きていた方がいい──と、私は感じている。というのも……これを書いている今まさに、空気に飲まれたことを後悔しているからだ。何があったのか? それを以下で紹介したい。

続きを全部読む

【衝撃】吉野家で社歴30年以上の社員が最後に行き着く「ツウな牛丼の食べ方」を試してみた / シンプルながらマジうまし!

「つゆぬき」だぁぁぁあぁああああ!

いきなり答えを言ってしまったが、そういうことである。吉野家で社歴30年を越えた社員が最後に行き着く「ツウな牛丼の食べ方」とは……つゆぬき! 大事なことなので繰り返すが、つゆだくでも○○大盛りでもなく、つゆぬきである。

この食べ方、普段から実践している人にとったら衝撃でも何でもないだろうが、「足すのではなく引く」という発想がない人にとっては衝撃的と言っていいだろう。少なくとも、ロケットニュース編集部で何人かに聞いてみたところ、大方の人が驚いていたようだ。

続きを全部読む

【場所は非公開】臭いけど美味い料理を集めた『くさうまレストラン』に行ったら「シェフを呼んでくれ!」と言う展開になった

これから紹介するイベントの開催場所は、一般に公開されていない。参加者にだけ場所が知らされる仕組みで、チケットは大人1枚3500円。これが高いか安いかは……実に難しい。

なぜなら、そこは臭いけど美味いものを食す紳士淑女の集い。その名も『くさうまレストラン』なのだから。

続きを全部読む

【コンビニVS超人気店】どっちのバームクーヘンが美味い? 店名を隠して食べ比べたら…大波乱が起きた / 行列検証第3回

世の中には、行列の絶えない人気店が存在する。そこで売られている商品は人気が高く、基本的に入手するのは楽じゃない。しかし一方で、同じジャンルの商品なのに何の苦労もなく簡単に手に入るものもある。

では……その差は何なのか? 行列に並んでようやく手に入るものと、速攻で買えるものにはどんな違いがあるのか? それを味の面から確かめるのが本企画「行列検証」。今回は、みんな大好きバームクーヘンを取り上げたい。

続きを全部読む

【絶望】旅行直前に原因不明のフライト中止! 航空会社から予想外な代替便を提案されて学んだこと / 旅行予約サイトのテンパった緊急メールから始まったトラブル

落ち着いて行動することはとても大事! 今から紹介するトラブルを通して私が学んだことを端的に言うならば、このひと言に凝縮されるかと思う。もう少し具体的に言うならば、「誰かの主張を鵜呑みにするのではなく、ちゃんと自分で調べろ」ってところだろうか。

そう、「落ち着き」こそがもっとも強力な武器であり、それを手にしている限り大抵のことはなんとかなるのだ。なぜなら、落ち着いていれば「自分で調べる」くらいのことはするだろうから……。

──と言われても、読者の方からすればどういう流れでそう感じたのかが分からないと思うので、以下で私が体験したトラブルの詳細について説明していこう。

続きを全部読む

【ミステリーコラム】薄毛とは…髪の毛の一部が「神隠し」にあってるだけ説 / ストレスとの戦い方の一例について

まず最初に、タイトルにダジャレ的な意図は一切ないことを言っておきたい。「髪」と「神」がかぶったのはただの偶然である。また、言うまでもないかもしれないが、この主張に科学的根拠は一切ない

あくまでも、「私はこのように考えてますよ」というだけの話なのだが、「薄毛に直面したときの気持ちのもっていき方」と考えれば誰かの役に立つかも……との動機で執筆した次第である。なにせ、薄毛との戦いは自分自身との戦い。言い換えれば、ストレスとの戦いなのだから。

続きを全部読む

【DQウォーク】星5つの武器が手に入るまでガチャ課金! チュートリアル直後に “欲” を出したら地獄を見た

ドラクエウォーク(DQウォーク)が面白い。私はまだ始めたばかりなのだが、すでにハマりそうな予感がしている。ただその反面、私が今切実に感じているのが「課金の怖さ」。なぜなら……いきなり “沼” に飲まれたからだ。

おそらく、ガチャ系のゲームに慣れた人ならば何でも無い “沼” なのだろうが、私と同じようなガチャ課金ゲームの素人は似たような後悔をするかも……という気持ちから、注意喚起の意味を込めて紹介しよう。

続きを全部読む

ユニクロが始めた『自動採寸サービス』はどこまで正確なのか? 検証したら「サービス精神が過剰」だと判明

ユニクロが始めた自動採寸サービス「MySize CAMERA」(マイサイズカメラ)。その機能をひとことで言うと、スマホのカメラで全身写真をパッと撮って数十秒待てば自分のサイズがドン! ……って感じだと以前の記事でお伝えしたのだが、覚えているだろうか。

その記事では、「ユニクロは超巨大なぬいぐるみの服が欲しい人のニーズにも応えてくれるのか」という点について確かめたのだが、それより何より「自動採寸サービスは正確なの?」ってことが気になった人は多いに違いない。今回、その “正確性” についても確かめたので以下で報告しよう。

続きを全部読む

【肉まつり】1人で限界まで食ってインスタ映えを狙う選手権 @東京和牛ショー2019

「東京和牛ショー2019」なるイベントが、東京・日比谷公園で行われている。一体どんなものが食べられるのかと思って公式ホームページを見たら、神戸ビーフの握り(3缶1500円)、A5ランク仙台牛トリュフステーキ(2100円)、石垣牛リブロースステーキ(Sサイズ3000円)……などなど。

これらはまだ一部だが、どれも見るからに美味そう。実に美味そう。……その思いに耐えきれなかった私が現地に行ったら、「1人で限界まで食ってインスタ映えを狙う選手権 」が開幕したので、そちらも併せてお伝えしたい。

続きを全部読む

ユニクロが始めた『自動採寸サービス』で超巨大なパンダのぬいぐるみを計測しようとしたら…「なんかスゲぇ」となった

ユニクロが、いつの間にか便利そうな自動採寸サービスを始めている。それをひとことで言うと、スマホのカメラで全身写真をパッと撮って数十秒待てば自分のサイズがドン! ……って感じ。名前を「MySize CAMERA」(マイサイズカメラ)という。

2019年9月9日からサービスを開始しており、ユニクロのアプリ内で利用できる。これで問題なく採寸できたら、ネットで買い物をするときにも便利なのだが……! それより何よりも私が気になったのは、ユニクロはどこまでの事態を想定しているのかということ。もっと具体的に言うならば……

続きを全部読む

【粋】銀座にある寿司屋の店主から「マズい店と書いてくれ」 と言われたことが忘れられない

「勘弁してくださいよぉ〜。え〜記事にするの? 参ったなぁ……。うちは「来たい」と思った人がすぐに来られる店でありたいんですよね。記事で「美味しい」とか書かれたら有名になっちゃうし……それはちょっとなぁ。

世間には予約が何カ月待ちのお店とかありますが、うちの店はあのような状態にならないようにしたいんですよ……。常連さんが気軽に来られなくなったら困るので……。そうですねぇ、だからまぁ「まずい店」って書いてくれるなら、記事にしてもらっても大丈夫ですよ。ハハハハハ」

──銀座にある某寿司屋の店主から上のように言われたとき、私は正直「負けた」と思った。負けたというのは、「記事にできなくて残念」とか「交渉で負けた」といったような意味ではない。

そんな次元の話ではなく、もっと人間的なところで打ちのめされたように感じた。認めたくはないが……完敗。ただそれは、めちゃくちゃ心地いい敗北感だった。

続きを全部読む

【混乱】1カ月で5キロの減量に成功したあと体重が落ちない…! ダイエットがアホらしくなり、ヤケクソで食いまくったらこうなった

ダイエットにおいて、ヤケクソは禁物である。理由は説明するまでもなく、今までの積み重ねを一瞬にして“無” にしてしまう行為だからだ。しかし一方で、ダイエット中はストレスがたまりがちであり、時にはヤケクソな気分になるもの。

何が言いたいかというと、私自身がダイエット中にヤケクソで食いまくったということだ。だって……体重が落ちなくて……どうしていいか分からなくて……「もうええわ」という気持ちになって……だから……

続きを全部読む

【大接戦】いつも混んでいる大人気洋菓子店のマドレーヌは「コンビニで買ったもの」と全然違うのか? 何も知らない人に食べ比べてもらった / 行列検証第2回

「いつも混んでいる店 = 絶対に美味い」 ──そのように思い込んでいる人は、どれだけいるのだろうか。おそらく、大多数がそうだろう。行列を見ると、脳が自動で「美味い店認定」を出してしまっている人がほとんどに違いない。

かく言う私自身、人のことを言えないのだが、それではイカン。食べたことなかったら、何も言ったらイカン。という気持ちからはじまったのが、本企画「行列検証」である。第二回となる今回、私が向かったお店は……

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 59