Nekolas

ライター

シドニーやLAに在住し、海外生活が長くバックパック旅行の経験豊富なノマド女子。おいしい料理にお酒、旅行と海外ドラマが大好き。人生のモットーは「バランス」と「知識」。

「Nekolas」担当の記事

警官がドライバーに停車を指示 → 希望のプレゼントを聞き出しチームと連携プレイ → その場でサプライズとしてプレゼント!!

車を運転中のドライバーにとって、背後でパトカーにサイレンを鳴らされるぐらい嫌なことはない。特に出費がかさむこの時期、警官に車を止められたら「罰金いくらになるんだ~!?」と、心の中で悲鳴を上げてしまうだろう。

しかし、ある警察が行ったクリスマスキャンペーンは、ちょっと話が違う。というのも、警官が交通違反で止めたドライバーから欲しいプレゼントを聞き出し、その場でプレゼントしてしまうからだ。警官とチームの連携プレイも素晴らしく、寒~い真冬に心温まるストーリーをお届けしたい。

続きを全部読む

【裸族に朗報】「大事な所を守るクッキング用プロテクター」が何だかヤバいぞ! ネットの声「オシャレな下着にもなりそう!?」など

毎日裸で過ごして快適な裸族ライフを送っている人も、裸であるがゆえに困ってしまう時がある。そう! 一人焼肉や調理中に、パチパチと局部に目掛けて飛び散って来る油である。それこそ、アチ~!! と一人で大騒ぎになった挙句に、フライパンを引っくり返しでもしたら目も当てられない。

そんな裸族人が安全に調理できるようにと、クッキング用プロテクターが製造されたというので紹介したい。これで火傷を心配することなく、存分に肉が調理できそうだぞ!?

続きを全部読む

Facebookで「いいね!」以外の感情表現は可能になるのか!? ザッカーバーグ氏が「いやだね!」について言及

全世界のユーザー数が、13億人を突破したと言われるFacebook。日本でも多くの人によって利用されているが、人の投稿に対する感情表現が「いいね!」しかないことに、不満を覚えた人はいるだろうか? 

友人の “風邪を引いた” とか “ペットが死んだ” といった投稿に共感の気持ちを伝えたくても、「いいね!」は何だか違う気がして押しづらいものである。そこで、FacebookのCEO(最高経営責任者)マーク・ザッカーバーグ氏が、「いいね!」以外の感情表現について検討中であると言及している。しかし「いやだね!」については、彼なりの考えがあるようなのだ。

続きを全部読む

ナチスのシンボル「かぎ十字」がクリスマス用包装紙のデザインに使われた!? ユダヤ人女性がクレームをつけて回収騒動の事態に!

クリスマスまで2週間を切り、プレゼント選びやクリスマスツリーの飾りつけなど、準備に忙しくなる時期である。

そんななか、クリスマス用の包装紙に使われたデザインが、ナチスのシンボル「鉤(かぎ)十字」に見えるとして、ユダヤ人女性がクレームをつける騒動が起きたというのだ。その結果、包装紙を製造していた企業が、商品を回収する事態に陥っていたことが明らかとなった。

続きを全部読む

92歳のベテラン悪役俳優が「へビメタ調で歌うクリスマスソング」が超ロックでカッコイイぞ!! ロックなクリスマスを過ごしたい人におススメ!

クリスマスが目前に迫るなか、プレゼントやパーティーの準備に取り掛かっている人もいるのではないだろうか。そこで、「パーティーで流すクリスマスソングが、定番すぎてオモシロくない……」と思っている人に、おススメしたい曲がある。

92歳のベテラン悪役俳優が “へビメタ調で歌うクリスマスソング” が超~ロックでカッコイイ! と話題になっているのだ。今年のクリスマスはロックにキメたいという人や、メタラーは要チェックだ!! サンプル音源は動画「Christopher Lee. ‘Darkest Carols, Faithful Sing’」で聞くことができるぞ!

続きを全部読む

「箱詰めにされてハワイへ船便で送られたニャンコ」が36日間も飲まず食わずで生き延びていた!! 飼い主家族と感動の再会を果たす

毎日生活を共にしているペットは家族同然だ。そんな家族の一員が突然姿を消してしまったら、安否を気遣って夜も眠れなくなってしまうだろう。

そんななか、行方不明になったと思っていた飼い猫と、感動の再会を果たした一家がいる。なんとネコちゃんは箱詰めにされて、ハワイへ船便で送られていたというのだ! しかも、36日間も飲まず食わずで生き延びていたのだから、奇跡としか言いようがない。しかし一体どうして、猫が箱詰めにされてハワイへ送られてしまったのだろうか!?

続きを全部読む

「あの手この手でママを眠らせない赤ちゃん」がツワモノ! ママの鼻に指を突っ込んだりオナラまでカマしちゃうお転婆ぶりが超キュート!!

“赤ちゃんのように眠る” という表現があるが、実際は赤ちゃんのように寝てくれないのが赤ちゃんである。夜も1時間ごとに泣いて起きたり、ママは睡眠時間をキープするのが大変だ。

ちょっとした隙に目を閉じて睡眠を確保しようするママを、あの手この手で眠らせないように奮闘する赤ちゃんの動画「Why Co-Sleeping is No-Sleeping」が、大ヒットとなっているので紹介したい。ママの鼻に指を突っ込んだり、最後はオナラまでカマしちゃうお転婆ぶりが、メチャクチャ可愛いのだ!!

続きを全部読む

【バンドマンに朗報】センサー内蔵クリップを挟むだけで何でもドラムに大変身! いつでもどこでもドラムを練習できるキットがスゴいぞ!!

バンドマンの中でも、特に苦労が多いのはドラマーではないだろうか。ギターやベースと違って、とにかくドラムセットは場所を取ってしまうので、ナカナカ購入できる物ではない。それに、ドラムセットを自宅に置けるスペースがあったとしても、騒音が近所迷惑になることを考えると、本格的に練習できるのはスタジオだけである。

そんな悩みを抱えるドラマー達に、ぜひゲットしてほしい商品がある。センサーが内蔵されたクリップを挟むだけで、そこら辺の物がアっという間にドラムに変身してしまうキットが登場したのだ!!

続きを全部読む

米マクドナルドがチキンナゲットの製造工程を動画で公開!! 「ピンクスライム肉は一切使用していない」と断言!

世界に衝撃を与えたピンクスライム肉が、ネット上に登場して物議を醸したのが2012年。ピンクスライムとは、家畜のエサに使われるはずのクズ同然の肉を、アンモニアで殺菌してミンチにしたものだ。そして、そんな恐ろし気な肉を使用していたとされるのが、米マクドナルド社だ。

それ以来、ピンクスラムのイメージが定着してしまったためか、悪いイメージを払しょくするべく、同社がチキンナゲットを製造する過程を動画で公開。大きな話題となっている動画は、「Our food. Your questions. What are McDonald’s Chicken McNuggets made of?」で確認できるぞ!

続きを全部読む

警察とカーチェイスしていた男が車をクラッシュ!! → スケボーに乗って逃走を図るもヘタクソすぎて御用になった男がカッコ悪すぎる件

アクション映画ばりのカーチェイスは、ナカナカ日本ではお目にかからない光景だが、アメリカは別である。ニュース番組をつけると、たいがい全米のどこかで警察と犯人の壮絶なカーチェイスが繰り広げられいて、ヘリ中継されているのだ。

そんななか、ある男が警察とカーチェイスをした挙句に車をクラッシュ! その後スケボーで逃走を図るも、あまりにヘタクソすぎて御用となってしまったというオマヌケな事件を紹介したい。そして逮捕には、ちょっとした有名人がお助けマンとして登場したというのだ。この事件は、動画「Man tries to flee from a car chase on a longboard」で確認できるぞ!

続きを全部読む

イギリスにビッグフットが出現か!? ビッグフットらしき姿が映った写真や音声動画がとらえられる! 足跡らしき物も発見

とにかく人間は、未知の物に心惹かれてしまうものだ。UFOにエイリアン、ネッシーといった未確認飛行物体や生物など、正体が分からないからこそ興味をそそられてしまう。

そんななか、未確認生物(UMA)のなかでも3本の指に入るほど有名な、ビッグフットの写真がイギリスで撮影されたというのだ!! さらに、ビッグフットのものらしき足跡や鳴き声の音声まで録音されたのだが、本当に伝説のUMA 、ビッグフットなのだろうか!?

続きを全部読む

『アナと雪の女王』の主題歌に合わせた家のライトアップが超感動的!! なんと電気代はたったの700円!

日本では、クリスマス仕様で家ごとライトアップする習慣はあまりないが、海外では、クリスマス用のイルミネーションに命を賭けている一家もある。まるで光の祭典ようなライティングは、プロの手によるものではなく、何千ものライトを使って素人がデザインして演出するのである。

そんなクリスマス・イルミネーションで、映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let it Go~ありのままで~」をテーマとした、ある一家のライティングがスゴすぎる!! と大きな話題となっているので紹介したい。

クリスマス感をたっぷり味わえるライトアップ動画「Frozen Christmas Lights (Let It Go) 2014」は、一見の価値アリだぞ!

続きを全部読む

ヤクの売買で逮捕された18歳女子が「私の逮捕写真はカワイイ!」とツイート / 本気で彼女がキュートだったのでネット上で男子が騒然!!

メチャクチャ美人なのに「私ってブサイクだし~」と、確信的に謙遜する女性よりは、カワイイならカワイイとハッキリ認める女性の方が好印象な場合だってある。

そんな自分のルックスに自信満々な18歳女子が、ヤクの売買で逮捕されながらも「私の逮捕写真はカワイイ!」と豪語して、注目の的になっているのだ。だが、実際に彼女が本気でキュートだったため、ネット上で男子が大いに盛り上がっているのである!

続きを全部読む

母親から子宮移植を受けた娘が男児を出産! 子宮摘出や先天的に子宮がない女性の希望の光に

この世に自分を送り出して “人生” という最高のプレゼントを贈ってくれた母親は、絶対的な存在である。そんな母親から子宮移植を受けた娘が、新たな生命を生み出すという感動的なニュースが報じられた。

人生という贈り物だけでも十分すぎるぐらいなのに、自分が生まれてきた子宮から、自分の子供を産むチャンスを母親から与えられたのだ。母娘間で移植された子宮で出産が成功した初のケースだけに、大きな話題となっているので紹介したい。

続きを全部読む

「書類からトイレットペーパーに至るまで紙を使用しないエコな会社」がスゴいぞ! オフィスビルの建築デザインは『スターウォーズ』がモデルに

日本でも、夏の間は軽装で仕事をして、冷房の温度を高めに設定する「クールビズ」といったエコ対策が行われるようになって久しい。オフィスでも、環境について真剣に考えていく動きは画期的なことである。

そんななか「これでもか!」というほど、筋金入りにエコ・フレンドリーな会社が現れて話題となっている。オフィスビルの建築デザインがSF映画に登場しそうなほど斬新なその会社は、なんと書類からトイレットペーパーに至るまで紙を全て廃止し、風力発電のみで電力をまかなっているというのである!

続きを全部読む

大学が保存してた「100個もの脳が行方不明」に!! 大量殺人を犯した犯人の脳も消えたと騒動に

いくら大学が保存していた標本とはいえ、100個もの脳が忽然と消えてしまったら、ゾゾゾ~! としてしまう。そんな、まるでホラー映画のような事件が起きて大きな話題となっている。しかも消えた脳のなかには、大量殺人を犯した悪名高い犯人の脳まであったというのだ!

一体何がどうなっているのか、騒動の全貌をお伝えしたい。

続きを全部読む

ホームレスの親父が救急車を盗んで御用に! 「ストリップクラブへ行きたかったから」と理由が実に大胆だった件

色気がからむと男性は必死になってしまうものかもしれないが、それはホームレスになっても変わらないようだ。というのも、あるホームレスが救急車を盗んで逮捕されてしまったのだが、「ストリップクラブへ行きたかったから」と、その理由が実に大胆かつ率直だったのだ。

なんだか正直すぎて、「そうか。それなら楽しんでこい!」と警官に大目に見てもらえたのでは……!? とハッピーエンド的なオチを期待してしまったが、どうやら結末は違ったようである。

続きを全部読む

ピザハットが「視線を追跡してメニューを選ぶシステム」を導入! 客の潜在意識を読み取ってしまう装置がスゴいぞ!!

レストランメニューのデジタル化が進み、昔のように店員を大声で呼ばなくても、タッチパネルの操作で欲しい物を簡単に注文できるようになった。

しかし、“それだけではまだ物足りない” とピザハットが、客の視線を追跡してメニューを選び出すシステムを導入するというのだ。まさに “目は口ほどに物を言う” とのことわざ通り、目の動きで食べたい物を伝えてしまうのである。

続きを全部読む

【海外ドラマ】『ブレイキング・バッド』のゾンビちっくな “ウェンディ” の素顔に迫る! 撮影メイクのビフォー&アフターがハンパなくスゴい!!

世界に衝撃を与えた海外ドラマの最高傑作『ブレイキング・バッド』。そんなブレイキング・バッドに登場するキャラの素顔に迫っていた本シリーズも、「そろそろインパクトあるキャラのネタは尽きたか!?」と思っていたが、とっておきの人が残っていた!

そう、一見ゾンビ風なジャンキーの娼婦ウェンディである!! 登場回数こそ少ないものの、ストーリーの鍵となる重要な役を演じていたウェンディ。そこで今回は、ウェンディに扮した女優ジュリア・ミネシの素顔に迫ってみたいと思う。

続きを全部読む

【要注意】シンガポール航空機内で Wi-Fi を使ったら「14万円近くの請求が来た!!」という男性が悲劇的すぎる件

海外旅行中、いつでもどこでもネットが使えるように、海外パケットし放題のプランに加入したり、モバイルルーターをレンタルする人は多いだろう。しかし、設定間違いでスマホが渡航先のネットワークに自動的に接続してしまったり、思わず容量を超過しすぎて、後でメチャクチャな金額を請求されることもある。

まさに、そんな目に遭ってしまった人がいるので紹介したい。ある男性がシンガポール航空機内で Wi-Fi を使用したら、なんと14万円近くの請求が来たというのである!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 96
  4. 97
  5. 98
  6. 99
  7. 100
  8. 101
  9. 102
  10. ...
  11. 124