GO羽鳥 (Go Hatori)

編集長

東京都出身。漫画もイラスト記事もコラムも書けるオールマイティー型。見た目は完全にアジア人だが、多少のマー語(マサイ語)を操る日本人。趣味は料理で、調理師免許も所持。迷惑メール評論家でありつつ、100均評論家でもありつつ、アイドル「レイちゃん」でもありつつ、世を忍ぶ仮の名前はマミヤ狂四郎

「GO羽鳥」担当の記事

【カーチャンまんが】現役漫画家(32)の母(59)が幼年期に描いた未完のスパイ漫画、約半世紀ぶりに完結!

上手い下手、面白いか面白くないかはともかくとして、一部の読者には強烈な印象を与えたマンガといえば、現役漫画家(32)の母(59)が約半世紀前に描いた渾身のスパイ漫画『アクションガールズ』である。

作者は漫画家マミヤ狂四郎氏の母親「満利林(マリリン)」先生。現在の年齢は59歳。還暦まじかのフォーク世代であり、5人の孫がいるおばあちゃんでもある。そんな彼女が幼年期に描いた『アクションガールズ』は、「これが幼年期の少女の作品とは!」と各方面で大絶賛。しかし、途中で飽きてしまったのか、物語は未完に終わっていた。

ところがどっこい! 満利林(マリリン)先生は、誰に頼まれたわけでもなく、未完部分を黙々と執筆。ついに完成したとのことなので、ここに掲載したい。

続きを全部読む

漫画家さんが教えてくれた「絵がうまくなる9の方法」

絵でメシを食っている人でない限り、絵がヘタでも全く問題ないのですが、絵心ある人って羨ましい。かなり尊敬しちゃいます。なんでスラスラ描けるの? ということで、とあるプロの漫画家さんに絵を描くコツ、題して「絵がうまくなる9の方法」を教えてもらいました。

その1:よーく考えながら描く
何も考えずに筆を動かすのではなく、「ここに目があって、ここが腕で……」と、考えに考えながら描くのが大切だといいます。家を描く時も、「ここが屋根で、瓦があって~」と、常に考え、「あ、雨どいってこう設置されているんだ!」と発見しながら描くと楽しいそうです。楽しい=うまくなるのだとか。

続きを全部読む

何もつけなくても美味いカツ! 高田馬場の名店「とん太」のとんかつは文句なしの至高レベル

今まで私(記者)が食べてきたとんかつは、一体なんだったのだろうか。とんかつであることには間違いないが、あまりにも、あまりにも、今回食べたとんかつは美味すぎた。レベルが違いすぎた。人生までも考えた。

何のことかといえば、とんかつ激戦区・高田馬場にあるとんかつの名店「とん太」のとんかつである。かなりの有名店なのでご存じの方も多いだろう。スゴイというウワサは聞いていたが、まさかこれほどまでとは……。口の中にうっすら残る、「とん太」のとんかつの記憶を思い出しながらレポートしてみたい。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】自殺点10連発! 「サッカー オウンゴール TOP10動画」

とても悲しい自殺点。相手にとってはラッキーだが、味方にとっては「な、なんで……」と実にやるせないゴールとなる。

自殺点にもいろいろあるが、そのほとんどが、プレイとしては美しい。まさかの挙動でボールが弾かれ、誰も反応できないほどの展開になり、吸い込まれるようにゴールが決まる。

唯一の間違いは、自軍のゴールか敵軍のゴールかということだけである。そんな「自殺点のトップ10動画」がアップされているのでご紹介したい。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】すさまじく芸術的な自殺点が話題に

先日まで開催されていたFIFAクラブワールドカップも、ヨーロッパ王者のバルセロナ(スペイン)が世界一となり、盛大に幕を閉じた。今年のサッカーの話題はこれまでか……と思った矢先! 壮絶なサッカープレイ動画が大きな話題になっている。

題して「すさまじく芸術的な自殺点」。YouTubeには様々なタイトルで動画がアップされているが、多くの動画に「BEST OWN GOAL EVER」などのタイトルが付けられている。

続きを全部読む

これは尊敬した! 亀田興毅さんが書いた「ダイエットと減量」の説明が分かりやすくて参考になるぞ

亀田興毅さんといえば、日本を代表するボクサーである。と同時に、「好き」「嫌い」がハッキリと二分される、評価のわかれる人物とも言える。もしも亀田興毅さんを大嫌いだという人がいたら、是非とも今回ご紹介するブログの投稿をご覧になっていただきたい。

彼が2009年に書いた、「減量・ダイエット」をテーマとした投稿である。この内容が非常に分かりやすく、当時から「参考になる!」と大評判。もれなく尊敬してしまう魅力に満ちあふれているのである。

「ボクサーの減量と、みんながやろうとしてる減量は違う。」から始まるエントリーには、「カロリー消費のしくみ」などのが最強レベルに分かりやすく書かれている。さらに目からウロコの内容なのである。例えば……

続きを全部読む

【寸止め】パキスタンが誇るセクシー歌姫の踊りが妖艶すぎてスゴイ!

エネルギッシュな未知なる国、パキスタン。隣国インドのカルチャー情報はわんさか入ってくるが、パキスタンの明るいカルチャー情報は、そこまで広く知られてはいない。

ということで今回ご紹介するのは、パキスタンが誇るセクシー歌姫「Nida Chaudhry」さんのダンス・ミュージック映像である。

続きを全部読む

タフで無骨なバイク好きならヤマハの『XTW250 陵駆(RYOKU)』に注目すべき!

空気抵抗を考慮したレーシーなデザインよりも、無骨でタフでヘビー・デューティーなデザインが好きというバイク乗りは、少ないようで意外と多い……と記者(私)は勝手に思っている。

最高峰はホンダの「モトラ」。その流れをくんだホンダの「PS250」も無骨でナイスだが、スクーターならばヤマハの「B’WS(ビーウィズ)」もカッコイイ。だがしかし、絶対に忘れてはならないのが同ヤマハの「TW200」だ。

そしてそして、今回ご紹介したいのは、TW200のパワーアップ版とも言える『XTW250 陵駆(RYOKU)』なのである!

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】お見事! まさかの「軸足ペナルティーキック」がスゴイ!!

キーパーとキッカーによる1対1のガチンコ勝負、それがサッカーのペナルティーキック(PK)だ。集中力と決断力、そして一瞬の判断力によって勝負が決まる、まさに真剣勝負である。

我らがサッカー日本代表が誇る世界レベルのPKの名手といえば、ヤットさんこと遠藤保仁選手。彼が繰り出す「コロコロPK」は、一度見たら忘れられない独特のタイミングでボールを蹴り出す。

そんなコロコロPKに匹敵する、衝撃的なペナルティーキック動画が話題になっている。通称「軸足PK」だ。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】リアル立花兄弟スカイラブ! ドンピシャのタイミングでダブルオーバーヘッドキック!→失敗

またキャプテン翼の世界に一歩近づいた! ノルウェーのサッカーリーグで胸が熱くなるシーンが炸裂したぞ。話題となっている動画はYouTubeにアップされたサッカー動画「Synchronized Bicycle Kicks」だ。

サイドから絶妙なクロスがあがり、混沌としたゴール前で味方ストライカーが繰り出したのは、迷うことなくオーバーヘッドキック! しかもしかも、2人のストライカーがドンピシャのタイミングで同時にオーバーヘッドキックを敢行したのである。

続きを全部読む

すべてのコマがGIFアニメで一斉に動く伝説のホラー漫画『GIFアニだヨ おたくにいさん ~のろいのハードディスクの巻~』(2006年発表)

GIFアニメ(ジフアニメ)といえば、まるでパラパラマンガのように絵柄が動く画像のことである。古くからネットでは親しまれており、現在もなお使われている。また、ケータイの動く「デコメ」なんかも、実はGIFアニメだったりする。

そんなGIFアニメで、まるで紙芝居のように場面が展開するマンガなどはよくあるが、「すべてのコマがGIFアニメで一斉に動く」というパターンは珍しい。実は、中途半端に古い2006年に、そんな「全コマGIFアニメ漫画」が発表されていたのである!

続きを全部読む

テコンドーの動きを取り入れた韓国のストリートダンス集団がなかなかカッコイイ!

テコンドーといえば蹴り技である。空手の蹴りよりも、キックボクシングの蹴りよりも、ド派手に弧を描き宙を舞い、華麗に美しくバチコーン!と蹴り倒す。それがテコンドーのイメージだ。

そんなテコンドーの動きを取り入れた韓国の若者ダンス集団の動画が、なかなかカッコイイと評判なのである。

続きを全部読む

ロシア軍隊格闘術『システマ』に1日入門してきた / 奥深き「システマ式呼吸法」がマジでスゴい!

以前、「ロシア軍隊格闘術『システマ』の紹介ムービーが達人すぎてヤバい / 気づいたら死んでるレベル」という記事をお伝えした。ロシアに伝わるガチすぎるほどに実戦的な格闘術「システマ」がとんでもなくスゴイといった内容だ。さすがはロシア。おそロシア、である。

だがしかし……実はシステマは日本でも習うことができるという事実をご存知だろうか? 本場ロシアのシステマ本部から公式団体として認可されているのは『システマジャパン』(大阪ではシステマ大阪)。一体どのような練習が行われているのだろうか? システマを紹介したからには体を張って調査するしかないだろう。ということで行ってみた。たのもう!

続きを全部読む

テクノファン必聴! 1995年に発売されたスーファミ用ソフト『ザ・心理ゲーム2』のマジカルトリップモードがヤバい

テクノ系の音楽ファンならびに、エレクトロニカ系の電子音楽ファン、そしてサイケデリックな世界に興味のある人に是非とも知って頂きたいゲームがある。それは1995年にスーパーファミコン用ソフトとして株式会社ヴィジットから発売された『ザ・心理ゲーム2 ~マジカルトリップ~』である。

一見、普通の心理ゲームソフトのように思えるが、実は副題である「マジカルトリップ」なるモードがスゴかったのである。

続きを全部読む

1秒で皿がカラに! 壮絶すぎる中国のビュッフェ動画

ビュッフェといえば、日本であれば「バイキング」や「食べ放題」という名前でおなじみの食事形式だ。ちょっとイイ感じのホテルに宿泊したとき、朝食のビュッフェを楽しみにしている人も多いだろう。食べたいものを選んで食べる。優雅なひととき、最高だ。

だがしかし。中国のとあるビュッフェでは、優雅どころかバーゲン状態。食うか食われるかの早いもの勝ちなビュッフェ動画が、現在話題になっている。

続きを全部読む

【サッカー動画】史上最強レベルにナメくさった屈辱的ゴール

もしもサッカーの試合中。ゴールがキーパー不在のガラ空きで、何をしても入るであろう的な状況になったとしたら……。ピンチな状況のチームメイト、ならびにゴールキーパーは「いさぎよく一気に決めてくれ!」と思うのではないだろうか。

だがしかし。いさぎよく決めるどころか、究極レベルに相手をナメくさったシュートをしたプレイ動画が、1年ほど前からジワジワジワジワと話題になっている。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】史上最強レベルにダサいゴールキーパーが話題に

サッカーのゴールキーパーは守備の要(かなめ)。どんなことがあろうとも、そうやすやすとゴールを許してはならない。

だがしかし。味方のバックパスを処理しきれずにグダグダとダサくコケて、そのまま自殺点を許してしまったゴールキーパーが「史上最強にダサい」と大きな話題になっている。

YouTubeにアップされた「MOEMISH – Virgil Vries Goalkeeper Blunder vs Amazulu」という動画には、その一部始終がバッチリと収められている。

続きを全部読む

【グルメ漫画】地元民もオススメ! ちょっとディープな名古屋グルメ旅

東京と大阪の間に位置する大都市・名古屋。ミソに手羽先……など、美味いモノが多いというウワサはたびたび耳にするが、一体何がオススメなのかは、名古屋人以外はイマイチよく分かっていなかったりするものだ。

ということで今回は、以前お伝えした西のau総本山、名古屋にある「au NAGOYA」のスタッフさんから聞いた、ディープで激ウマな名古屋のデラうま情報をカラー漫画でお伝えしたい。

続きを全部読む

ブルース・リーが生み出した格闘術『ジークンドー』の達人が速すぎてヤバい / 気づいたら蜂の巣レベル

あのブルース・リーが考案した格闘術『截拳道(ジークンドー)』をご存知だろうか? 空手や柔道、合気道にボクシング……など、様々な格闘術がブルース・リー流にミックスされた格闘術である。型などはなく、あくまでも自然流。考えるな、感じ取れ系の武術であると言っても過言ではないだろう。

そんなジークンドーの達人といえば、トミー・カラザーズ先生が最も有名。彼の持ち味は他の追随を許さないほどの圧倒的スピード。今回は、その驚くべき早業が収められているダイジェストムービーをご紹介したい。

続きを全部読む

ロシア軍隊格闘術『システマ』の紹介ムービーが達人すぎてヤバい / 気づいたら死んでるレベル

ロシアの軍隊格闘術『システマ』をご存知だろうか? ロシアの特殊部隊やロシア連邦保安庁などがとり入れている、「超」が付くほどに実戦的な格闘術である。

動きは日本の合気道にも似ており、脱力・リラックス状態からのスピーディーな動作で、「気づいたら相手が倒れている……」といった具合。シチュエーションによっては死んでいるかもしれない。そんなシステマがいかなるものか、ダイジェストで紹介したムービーをご紹介したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 97
  4. 98
  5. 99
  6. 100
  7. 101
  8. 102
  9. 103
  10. 104
  11. 105
  12. 106